グレート・ウェスタン (蒸気船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレート・ウェスタン (蒸気船)
グレート・ウェスタン
基本情報
経歴
進水 1837年7月19日
就航 1838年4月8日
その後 1856年に解体
要目
総トン数 2,340トン(1,320トン)
全長 65m
全幅 17.59m
速力 8.66ノット
旅客定員 148名
テンプレートを表示

グレート・ウェスタン (SS Great Western) (名前の由来はグレート・ウェスタン鉄道)は大西洋航路のために造られたものとしては初の蒸気船である (補助用の帆も備え付けられており、四本マスト)。姉妹船にグレート・イースタンとグレート・ブリテンが存在する。

概要[編集]

設計は鉄道エンジニアのイザムバード・キングダム・ブルネルであった[1]。彼は、1818年以来帆船で運営されてきた大西洋横断定期船はやがて蒸気船に置き換わると考え、グレート・ウェスタン鉄道の幹部を説得し建造を決行したのである。

1837年7月19日、グレート・ウェスタンはブリストルにおいて進水した。巨大なボイラーはグレート・ウェスタンの船体の約半分を占めたが、それでも乗客数148名、船客サロンは奥行き75フィート最大幅34フィートあった。総トン数は2,340トン(ブリタニカ百科事典15版によれば1,320トン)、全長65メートル(212フィート)で、当時最大の蒸気船であった。

処女航海[編集]

大西洋を横断する処女航海では、24名の1等船室乗客を乗せた。運賃は35ギニーで、これは当時の労働階級の年収を上回る。この処女航海には、イギリスからアメリカ・ニューヨークという航路における、客船シリウスとの競走という側面もあった。シリウスはグレート・ウェスタンの出航4日前にアイルランドコークを出航していた。グレート・ウェスタンは1838年4月8日イングランドのブリストルを出航した。

イギリス・アメリカ汽船会社は、大西洋航路の定期船化を計画していた。当初この定期船には、建造中の客船ブリティッシュ・クイーンを充てる予定だったが、先に完成するグレート・ウェスタンが同航路を走ることが明らかとなり、ロンドンとコークを結ぶアイリッシュ海定期船だったシリウスをチャーターしてサービス開始時期を早めることとした。

ブルーリボン賞受賞[編集]

同年4月22日、シリウスはグレート・ウェスタンに先んじて、40名の乗客を乗せて、ニューヨークに到着した。しかしシリウスはグレート・ウェスタンに抜かれないために、軽量化による速度向上を実現するため、重い家具や予備の帆桁を処分していた。(これのパロディとして、小説「八十日間世界一周」に似たような場面がある。) グレート・ウェスタンは翌日に到着したが、それでも航海は15日しかかかっておらず、到着した際もまだ200トンの石炭を残していた。さらには最高速力8.66ノットを記録しており、シリウスの8.03ノットを抜いてブルーリボン賞を受賞した。

その後[編集]

グレート・ウェスタンは大西洋横断の定期船として1846年まで運航され、クリミア戦争では兵員輸送船として徴用された。戦後1856年にロンドンで解体された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イアン・グラハム 『図説 世界史を変えた50の船』 原書房2016年、82頁。ISBN 978-4-562-05333-9

関連項目[編集]

記録
先代:
ロイヤル・ウィリアム
世界最大の客船
1838年~1839年
次代:
ブリティッシュ・クイーン
先代:
シリウス
ブルーリボン賞 (船舶) (西回り航路)保持船舶
1838年~1841年
次代:
コロンビア
ブルーリボン賞 (船舶) (東回り航路)保持船舶
1838年~1840年
次代:
ブリタニア
先代:
ブリタニア
ブルーリボン賞 (船舶) (東回り航路)保持船舶
1842年~1843年
次代:
コロンビア
先代:
コロンビア
ブルーリボン賞 (船舶) (西回り航路)保持船舶
1843年~1845年
次代:
カンブリア