グレーテスト18クラブ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グレーテスト18クラブ王座は、日本プロレス団体である新日本プロレスが過去に管理していた王座。

概要[編集]

1990年9月29日に行われたアントニオ猪木のレスラー生活30周年記念パーティーの席上で、ルー・テーズを発起人とした「過去に猪木と闘った」、プロレスラー及び格闘家によって構成された「グレーテスト18クラブ」が認定するタイトルの制定が発表された。

プロレス、格闘技を問わず優れた選手に贈るという触れ込みで設定された王座だが、選手たちはもとより、殆どのスタッフも事前に、そのような話は聞いていなかったとも言われている(一部のフロントの独断でテーズを説得して作ったとも言われている)。

チャンピオンベルトについては、かつて猪木が保持していたWWF世界マーシャルアーツ王座が再利用された。

形式上はグレーテスト18クラブが対戦相手を指定し、防衛戦を行う形で運営され、その初の「指定試合」は1991年3月21日の東京ドームにて行われ、初代王者として認定された長州力タイガー・ジェット・シンとの間で防衛戦が行われ、長州が防衛する。

その後、中心人物であったはずのテーズはUWFインターナショナルとの関係が強くなり、プロレスリング世界ヘビー級王座の制定に関わるなどしたため、グレーテスト18クラブ王座の存在理由が微妙になってしまう。

この様な背景のなか行われた1992年8月16日の福岡国際センターにおけるIWGPヘビー級王座とグレーテスト18クラブ王座のダブルタイトルマッチで、二冠王者だった長州をグレート・ムタが破って第2代王者となるも、「グレーテスト18クラブは価値なし」として、返上と同時に消滅する。

グレーテスト18クラブのメンバーとされたレスラーの中には、猪木の30周年記念パーティーには出席していないカール・ゴッチボブ・バックランドバーン・ガニアストロング小林ハルク・ホーガンモハメド・アリや、パーティー開催当時は全日本プロレスに参戦して新日本と関わっていないスタン・ハンセンアンドレ・ザ・ジャイアントもいた。

これら18人のメンバーの意見をそろえて対戦相手の選出を行っていたとは考えられず、そもそもグレーテスト18クラブ王座の存在を知っていたすらか疑問だった。その場の勢いで作ってしまった王座という印象が否めず、消えるべくして消えた王座だとも言える。

グレーテスト18クラブのメンバー[編集]

歴代王者[編集]

歴代 レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 長州力 1 3[1] 不明 初代王者に認定(発表は1991年2月25日)。最初の防衛戦(指定試合)は「'91スターケードIN闘強導夢」(1991年3月21日)のタイガー・ジェット・シン戦。
第2代 グレート・ムタ 1 1[2] 1992年8月16日 福岡国際センター、のちに返上と同時に消滅

脚注[編集]

  1. ^ 最初の指定試合含む
  2. ^ 1992年9月23日、対橋本真也戦(横浜アリーナ