グレース・ヴァンダーウォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレース・ヴァンダーウォール
Grace VanderWaal
Grace VanderWaal 07 22 2018 -9 (44221314270).jpg
基本情報
出生名 Grace Avery VanderWaal
生誕 (2004-01-15) 2004年1月15日(17歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
ジャンル Pop
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ウクレレ
ピアノ
サックス
活動期間 2016年 -
レーベル

Sony music Japan

コロンビア レコード
事務所 IMG MODELS
公式サイト 日本

グレース・ヴァンダーウォール(Grace VanderWaal、2004年1月15日 - )は、アメリカ合衆国の女性シンガーソングライターウクレレ奏者である。2016年、12歳で、NBCテレビのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」第11シーズンの優勝を飾った[1]ニューヨーク州サファーン出身。

略歴[編集]

カンザス州カンザスシティで生まれる。その後、家族でニューヨーク州サファーンへ引っ越す。姉のオリビアとは親友という間柄。兄も1人いる。
グレースは3歳のころから、自分で歌を作って歌っていた。ブラジル出身の友だちが家に来てウクレレを弾いたのを聞き、気に入った為、誕生日にリクエストしたが買ってもらえず、自分で購入し、ウクレレ演奏を始める。ウクレレはYoutubeを見て学んだ。本格的に作詞作曲を始めたのは、この2〜3か月後という。
自宅から30分程離れたコーヒーショップ等で歌っていたことはあったが、アメリカズ・ゴット・タレントに出演するまで、学校のほとんどの友達はグレースが歌うことを知らなかった。

アメリカズ・ゴット・タレント[編集]

2016年6月7日、「アメリカズ・ゴット・タレント」第11シーズンの予選に出演したグレースは、自身のオリジナル曲「I don't know my name」を自身のウクレレ伴奏で歌い、ゴールデンブザーを獲得する。ゴールデンブザーは、審査者が1シーズンで1度きりしか使えないボタンで、一気に準々決勝への進出が決定する。ゴールデンブザーを押したホーウィー・マンデルは、グレースが演奏前に「奇跡は起きるもの」と言ったのになぞらえ「君こそが生きる美しき歩く奇跡だ!」と絶賛。また同じく審査員のサイモン・コーウェルも「君は次のテイラー・スウィフトになる」「100%スター、彼女は特別だ」と称えた[2]
2016年8月23日の準々決勝では、オリジナル曲「Beautiful Thing」と題した、自身の姉についての歌を歌う。続く8月30日の準決勝では「Light the Sky」、9月13日の決勝で「Clay」を披露し全て審査員の絶賛を受け、視聴者の投票により優勝を飾った。
フィナーレでは予選で歌った「I don't know my name」を披露。フィナーレにゲスト出演したロックの歌姫スティーヴィー・ニックスは「グレースはトップになる」と称えた[3]
アメリカズ・ゴット・タレント第1シーズンにて、11歳の若さで優勝したビアンカ・ライアンに次ぐ2人目の女性勝者であり、年齢的にもビアンカ・ライアンに次ぐ12歳という若さでの優勝である[2]
優勝賞金100万ドルの一部は自分と姉オリビアのためのツリーハウスを作るのに使いたいという。噂を聞きつけたツリーハウスマスターからの協力の声がかかっている[4]

アメリカズ・ゴット・タレント優勝後の活動[編集]

2016年12月2日、デビューミニアルバム『パーフェクトリー・インパーフェクト』を発表[5]。同アルバムは全米ビルボード・アルバムチャートにて、初登場9位を記録した[6]

2017年6月、初来日しファンを前に浴衣でパフォーマンスを行った[7]。2017年は11月にも来日している[8]

2017年11月3日、ファースト・フルアルバム『ジャスト・ザ・ビギニング』を世界同時発売[9]

2019年12月25日、ミニアルバム『レターズ ヴォリューム1』を発表[10]

2020年3月13日、ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+」で配信されたオリジナル映画『スターガール』にスターガール役で出演し女優デビューを果たした[11][12]

備考[編集]

  • 「I don't know my name」を初めとした彼女の曲は、世界中のファンにカバーされYouTubeに公開されて人気を呼んでいる。
  • 影響を受けたアーティストとしてケイティ・ペリージェイソン・ムラーズトゥエンティ・ワン・パイロッツ等がいる。[13]
  • 彼女のおばが日本に住んでいたことがあり、おばが名付けた彼女の黒いポメラニアンの名前はKUROという。[14]
  • 大阪限定のスターバックスのタンブラーを持っている。また、ツイッターでフォロワーにどの国行きたいか聞かれ、日本と答えている。[15]2017年6月に初来日している[16]
  • 犬派であり猫は好きではないが、猫の格好は大好き。よく猫柄の服や猫耳姿を披露している。
  • ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック2017で、ライジング・スター賞を受賞。また、日本ゴールドディスク大賞2018では、ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーベスト・3・ニュー・アーティストを受賞。[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 'America's Got Talent' Winner Grace VanderWaal Books Vegas Concerts”. Billboard (2016年9月15日). 2016年9月23日閲覧。
  2. ^ a b ‘The next Taylor Swift’: Meet the 12-year-old singer-songwriter who won ‘America’s Got Talent’”. The Washington Post (2016年9月15日). 2016年9月21日閲覧。
  3. ^ Stevie Nicks Praises Grace VanderWaal on 'America's Got Talent': 'She's Got It'”. Billboard (2016年9月14日). 2016年9月21日閲覧。
  4. ^ https://twitter.com/gracevanderwaal
  5. ^ 12歳の少女シンガー・ソングライターのグレース・ヴァンダーウォール、音源が本日緊急リリース | NME Japan”. nme-jp.com (2016年12月2日). 2020年12月20日閲覧。
  6. ^ 12才とは思えない成熟度・完成度の高さ、グレイス・ヴァンダーウォール『パーフェクトリー・インパーフェクト』”. Billboard JAPAN. ビルボードジャパン (2016年12月18日). 2020年12月20日閲覧。
  7. ^ 初来日グレース・ヴァンダーウォール、浴衣姿で抹茶に悶絶! 歌と食レポで、ファンを魅了| グレース・ヴァンダーウォール 初来日”. www.tvgroove.com (2017-06^19). 2020年12月20日閲覧。
  8. ^ グレース・ヴァンダーウォール、来日ミニライブ&握手会を開催 | Daily News”. Billboard JAPAN (2017年11月27日). 2020年12月20日閲覧。
  9. ^ グレース・ヴァンダーウォール、初のフルアルバム完成”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2017年10月10日). 2020年12月20日閲覧。
  10. ^ 15歳の天才シンガーソングライター、グレース・ヴァンダーウォールが待望のミニ・アルバム「レターズ ヴォリューム1」をリリース! 世界が大注目する才能に迫る”. tvgroove (2019年12月25日). 2020年12月20日閲覧。
  11. ^ グレース・ヴァンダーウォール、女優デビュー&初主演映画「スターガール」予告映像公開”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2020年1月20日). 2020年12月20日閲覧。
  12. ^ 映画『スターガール』で注目の16歳、グレース・ヴァンダーウォール”. ORICON NEWS. オリコン (2020年7月24日). 2020年12月20日閲覧。
  13. ^ Grace VanderWaal Reflects on Her Showstopping ‘America’s Got Talent’ Performance”. The Daily Beast (2016年6月10日). 2016年9月21日閲覧。
  14. ^ https://twitter.com/gracevanderwaal
  15. ^ https://twitter.com/gracevanderwaal
  16. ^ 初来日グレース・ヴァンダーウォール、浴衣姿で抹茶に悶絶! 歌と食レポで、ファンを魅了
  17. ^ 第32回日本ゴールドディスク大賞|THE GOLD DISC

外部リンク[編集]