グレッグ・ハウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Greg Howe live in Venosa (2008年)

グレッグ・ハウ(Greg Howe、1963年12月8日 - )は、アメリカ合衆国ハードロック/フュージョンギタリスト

来歴[編集]

マイク・ヴァーニーにデモテープを送りつけて以降、デビューしたシュラプネル系のギタリストである。少年だったグレッグが内気だったことを心配した彼の父親がギター演奏を勧めたのがギターを手にしたきっかけである。初めはアコースティックであり、最初のエレキギターピックアップがたくさん付けられたテスコ・デル・レイ。彼はこのギターを後に手放しているが、持っているべきだったと述懐している。以前は兄をヴォーカルに迎えた"HOWEII"というハードロックバンドでも活動していた。その後は自身の活動の他、各種セッションや、インシンクなどのツアーの参加等、幅広く活動している。2001年には櫻井哲夫のソロアルバム"Gentle Hearts"に参加。2004年のGentle Heartsツアーにも同行した。

奏法[編集]

速弾きスウイープタッピングを高度に演奏できる。またクリーントーンでのカッティングも得意としている。

スケールアウトする場合、基準となるキーに対して、半音さげる。これはジョン・スコフィールドなども得意としている奏法である。

楽曲[編集]

楽曲及びフレージングが難解で、尚かつ複雑なだけではなく音楽的である。

機材[編集]

初期はフェンダーのHMストラトで、後にノーマルなストラトのヴァリエーション、フュージョン期に入った後期あたりからESPのカスタムモデル。最近はGuitar Centerが立ち上げたブランドLaguna GuitarsのLE924を使用している。

ピックアップのレイアウトは主にリア、ノーマルサイズのハムバッカー、フロント、シングルサイズハムバッカーのツーピックアップが彼の標準的なレイアウト。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

コラボレーション・アルバム[編集]

Howe II

Richie Kotzen & Greg Howe

Vitalij Kuprij

Tetsuo Sakurai

その他[編集]

  • Hot Rock Licks (教則)【VHS・DVD】(1989・2009)
  • ConvergenceJames Murphy (1996)
  • Rhythm of TimeJordan Rudess (2004)
  • A Guitar Supreme – various guitarists compilation (2004)
  • The Spirit Lives OnJimi Hendrix tribute (2004)
  • Visions of an Inner Mounting Apocalypse: A Fusion Guitar Tribute – various guitarists compilation (2005)
  • Io CantoLaura Pausini (2006)
  • CollectionJason Becker (2008)

外部リンク[編集]