グレゴール・ブランコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はブランコ第二姓(母方の)はペドラザです。
グレゴール・ブランコ
Gregor Blanco
ニューヨーク・メッツ (マイナー)
Gregor Blanco before the 2016 NL Wild Card Game (cropped).jpg
ジャイアンツ時代(2016年10月5日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 首都地区ミランダ州カラカス
生年月日 (1983-12-24) 1983年12月24日(35歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2000年 アマチュアFA
初出場 2008年3月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ代表
WBC 2009年

グレゴール・ミゲル・ブランコ・ペドラザGregor Miguel Blanco Pedraza, 1983年12月24日 - )は、 ベネズエラカラカス出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBニューヨーク・メッツ傘下所属。愛称はホワイト・シャーク[1]

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

2000年アトランタ・ブレーブスと契約した[2]

2008年3月30日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビューを果たした。1年目から144試合に出場したが、レギュラー定着までは行かず、翌年以降は出場機会は減少した[2]

2009年開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ベネズエラ代表に選出された[3]

ロイヤルズ時代[編集]

2010年7月31日にカイル・ファーンズワースリック・アンキールとのトレードで、ジェシー・チャベスティム・コリンズと共にカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[4]

ナショナルズ傘下時代[編集]

2011年5月に後日発表選手とのトレードで、ナショナルズへ移籍した[5]。この年は傘下のAAA級シラキュース・チーフスに留まり、メジャー昇格はなかった[6]

ジャイアンツ時代[編集]

2011年11月にはサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。オフに参加したベネズエラのウィンターリーグであるリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルではMVPを獲得する活躍を見せた[7]

2012年は開幕ロースターに入り、2年ぶりにメジャーの舞台でプレーした。6月13日のヒューストン・アストロズ戦では、7回表にジョーダン・シェーファーが放った長打性の打球をダイビングして好捕し、マット・ケイン完全試合をアシストした[8]。後半戦は、メルキー・カブレラがドーピング検査でテストステロンに陽性反応を示し50試合の出場停止処分となったため、定位置を獲得して最終的に141試合に出場した[6]

2014年1月17日にジャイアンツと1年契約に合意した[9]

2015年1月18日に球団との年俸調停を回避し、2年契約総額750万ドルで契約を結んだ[10]

2016年シーズン終了後の11月3日にFAとなった[6]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2017年1月18日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[6]。開幕はAAA級リノ・エーシズで迎えたが、5月5日にメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りした[11]。この年は90試合に出場して打率.246、3本塁打、13打点、15盗塁を記録した。オフの11月2日にFAとなった[12]

ジャイアンツ復帰[編集]

2018年2月6日にジャイアンツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。3月28日にメジャー契約を結んで開幕ロースター入りした[13]。6月2日にDFAとなり[14]、5日にマイナー契約で傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツへ配属された。8月29日に再びメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。オフの10月29日にFAとなった[6]

メッツ傘下時代[編集]

2018年12月21日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び、2019年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 ATL 144 519 430 52 108 14 4 1 133 38 13 5 6 3 74 2 6 99 3 .251 .366 .309 .676
2009 24 48 43 5 8 0 1 0 10 1 2 0 1 0 4 0 0 9 1 .186 .255 .233 .488
2010 36 66 58 9 18 1 1 0 21 3 1 2 0 0 8 1 0 15 2 .310 .394 .362 .756
KC 49 203 179 22 49 8 3 1 66 11 10 2 2 1 21 0 0 35 3 .274 .348 .369 .717
'10計 85 269 237 31 67 9 4 1 87 14 11 4 2 1 29 1 0 50 5 .283 .360 .367 .727
2012 SF 141 453 393 56 96 14 5 5 135 34 26 6 5 2 51 2 2 104 0 .244 .333 .344 .676
2013 141 511 452 50 120 17 6 3 158 41 14 9 3 3 52 4 1 95 10 .265 .341 .350 .690
2014 146 444 393 51 102 18 6 5 147 38 16 5 6 1 41 1 3 77 4 .260 .333 .374 .707
2015 115 372 327 59 95 19 3 5 135 26 13 5 0 3 40 7 2 59 3 .291 .368 .413 .781
2016 106 274 241 28 54 10 4 1 75 18 6 3 1 1 29 4 1 51 5 .224 .309 .311 .620
2017 ARI 90 256 224 43 55 10 3 3 80 13 15 1 1 0 31 0 0 59 2 .246 .337 .357 .694
2018 SF 68 203 189 19 41 7 3 2 60 12 6 2 1 1 12 0 0 58 2 .217 .262 .317 .580
MLB:10年 1060 3349 2929 394 746 118 39 26 1020 22335 122 40 26 15 363 21 15 661 35 .255 .338 .348 .687
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)




































2008 ATL 69 128 4 0 0 1.000 77 86 3 2 0 .978 5 8 0 0 0 1.000
2009 9 20 0 0 0 1.000 3 0 1 1 0 .500 2 1 0 0 0 1.000
2010 26 40 1 1 1 .976 7 2 0 0 0 1.000 -
KC 40 95 3 0 1 1.000 1 0 0 0 0 ---- 3 4 0 0 0 1.000
'10計 66 135 4 1 2 .993 8 2 0 0 0 1.000 3 4 0 0 0 1.000
2012 SF 30 51 0 1 0 .981 53 44 2 0 0 1.000 54 86 1 1 0 .989
2013 76 142 2 0 0 1.000 72 90 4 0 1 1.000 1 0 0 0 0 ----
2014 72 140 5 0 0 1.000 64 78 1 1 0 .988 1 1 0 0 0 1.000
2015 44 84 0 1 0 .988 38 63 1 0 0 1.000 22 36 0 2 0 .947
2016 18 26 0 0 0 1.000 29 36 1 0 0 1.000 34 49 1 1 0 .980
2017 ARI 35 54 0 2 0 .964 44 37 0 0 0 1.000 6 6 0 1 0 .857
2018 SF 23 34 0 2 0 .944 34 43 0 1 0 .977 11 16 0 0 0 1.000
MLB 442 814 15 7 2 .992 422 479 13 5 1 .990 139 207 2 5 0 .977
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 18(2008年)
  • 1(2009年 - 2010年途中、2018年)
  • 7(2010年途中 - 同年終了、2012年 - 2016年)
  • 5(2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Danny Knobler (2017年8月24日). “D-backs Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2018年2月7日閲覧。
  2. ^ a b Gregor Blanco Stats” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年6月3日閲覧。
  3. ^ 2009 Tournament Roster” (英語). World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月15日閲覧。
  4. ^ “Royals trade Ankiel, Farnsworth” (英語). Associated Press. ESPN. (2010年8月2日). http://www.espn.com/mlb/news/story?id=5426623 2018年2月7日閲覧。 
  5. ^ Nationals Trade For Speedy Minor Leaguer Gregor Blanco
  6. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2019年4月8日閲覧。
  7. ^ Gregor Blanco named MVP of Venezuelan league
  8. ^ Jay Lee (2017年5月5日). “Blanco positions himself to save perfect game” (英語). MLB.com. 2018年2月7日閲覧。
  9. ^ Chris Haft (2014年1月17日). “Giants avoid arbitration with Blanco, Petit, Abreu” (英語). MLB.com. 2018年2月7日閲覧。
  10. ^ Report: Giants, Gregor Blanco agree on 2-year, $7.5M deal” (英語). FOX Sports (2015年1月18日). 2018年2月7日閲覧。
  11. ^ Steve Gilbert (2017年5月5日). “D-backs call up veteran outfielder Blanco” (英語). MLB.com. 2018年2月7日閲覧。
  12. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2017年12月28日閲覧。
  13. ^ Giants' Gregor Blanco: Secures Opening Day roster spot” (英語). CBS Sports (2018年3月29日). 2018年5月15日閲覧。
  14. ^ Michael Wagaman (2018年6月2日). “Pence's return costs Blanco roster spot” (英語). MLB.com. 2018年6月3日閲覧。
  15. ^ Anthony DiComo (2018年12月22日). “Mets sign vet Blanco to Minors deal as OF depth” (英語). MLB.com. 2019年4月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]