グレイ・テレビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グレイ・テレビジョン株式会社
Gray Television, Inc.
以前の社名
グレイ・コミュニケーションズ・システムズ株式会社(Gray Communications Systems, Inc.
種類
公開
市場情報
業種 放送テレビ
前身 ヘラルド・パブリッシング・カンパニー英語版
設立 1946年 (76年前) (1946)
創業者 ジェームズ・グレイ英語版
本社
事業地域
アメリカ合衆国
39州の113市場
リーチ:36%
主要人物
ヒルトン・H・ハウエル・ジュニア
(代表取締役会長、CEO)
パット・ラプラトニー
(代表取締役社長、共同CEO)
製品 地上波テレビ180局
売上高 増加21億2,200万ドル (2019年)
営業利益
増加4億7,800万ドル (2019年)
利益
減少1億2,700万ドル (2019年)
総資産 増加69億7,200万ドル (2019年)
純資産 増加14億6,400万ドル (2019年)
従業員数
8,018 (2019年)
ウェブサイト gray.tv
Footnotes / references
[1][2]

グレイ・テレビジョン株式会社Gray Television, Inc.)は、アメリカジョージア州アトランタに拠点を置く上場テレビ放送会社。1946年にジェームズ・ハリソン・グレイ英語版によってグレイ・コミュニケーションズ・システムズGray Communications Systems)として設立され、全米113の市場で180の放送局を所有または運営している。その放送局ベースは、アトランタのような大規模なものから、ネブラスカ州ノースプラット英語版の最小の市場まで、あらゆる範囲のメディア市場英語版で構成されている。

歴史[編集]

ジェームズ・H・グレイは、第二次世界大戦から戻った後の1946年に、ヘラルド・パブリッシング・カンパニー英語版(1891年に発行を開始した新聞「オールバニ・ヘラルド」を宣伝するために1897年に設立された会社)を買収して通信事業を開始した。グレイは1954年WALB-TV英語版を開局した。1960年に、フロリダ州パナマシティWJHG-TV英語版を購入し、その後10年間でKTVEがルイジアナ州モンローアーカンソー州南部にサービスを提供するようになった[3][4]

1986年にグレイは亡くなり、彼の50.5%の株式を、一緒に事業を運営するか、お互いに株式を売却するか、一緒に売却することを条件としていた子供達のために信託として残した[4]。3人のうち2人が売却を希望し、3人目が購入できなかったため、問題が発生した。1991年、膠着状態を打破するために、取締役会は会社に株式の25%を購入させた[3][4]

グレイ・コミュニケーションズ・システムズ[編集]

その後、1992年第2四半期にNASDAQの小型株市場に上場した。1株あたりの価格は8ドルに下落した。1992年末までに自社またはその一部を売却しました。取締役会は約40件のオファーを受け取ったが、ブル・ラン・コーポレーション(Bull Run Corporation)はグレイ兄弟の残りの株式を購入し、グレイ兄弟は取引の一環として取締役を辞任した[3][4]

3つのテレビ局全てに新しい管理が導入された。主にJ・マック・ロビンソン英語版が所有するブル・ラン・コーポレーションは、グレイを南東部地域のメディア企業にすることを決定し、その焦点をジョージア州を超えて拡大した[4]。ケンタッキー・セントラル生命保険会社の起業者ガーヴィス・キンケイド(Garvice Kincaid)による売却に対する法廷での異議申し立ての後、1994年9月に政府が押収した失敗に終わったケンタッキー・セントラルから2つのテレビ局(WKYT-TV英語版WYMT)を購入した[3]

1994年1995年に、グレイは「ロックデール・シチズン英語版」(1994年5月31日に買収)と「グウィネット・ポスト・トリビューン」(Gwinnett Post-Tribune、1995年1月に買収、すぐに「グウィネット・デイリー・ポスト」(Gwinnett Daily Post)に改称) の2つの新聞と、7つの広告週刊紙を購入した。1995年、同社は株式上場をニューヨーク証券取引所に移した。この時までに、ロビンソンは、直接またはブル・ランを通じて、会社の株式の44%を所有していた。グレイは、テレビがより多くの収入を生み出し、新聞の収入が減少している間、新聞の保有よりもテレビ局セグメントに焦点を合わせ始めていた。1996年1月には、「デイリー・ポスト」のスタッフが2倍になった僅か数ヶ月後に3分の1が解雇され、「オールバニ・ヘラルド」のスタッフの4分の1が解雇された。1995年後半の企業社長から「シチズンズ」の編集者及び発行者に至るまで、新聞社のリーダーはこの時期に辞職した[3]

会計年度 収益
(百万)
当期純利益(損失)
(百万)[3]
1994年 $36.5 $2.8
1995年 58.6 .9
1996年 79.3 2.5
1997年 103.5 (1.4)[5]
1998年 128.8 41.6[5]
1999年 143.9 (6.3)[5]
2000年 120.6 (6.2)[6]
2001年 106.4 (13.3)[6]
2002年 146.7 (27.8)[6]
2003年 243.0 14.0[7]
2004年 293.2 44.2[7]
2005年 261.5 3.3[7]
2006年 332.1 11.7[8]
2007年 307.2 (23.1)[8]
2008年 327.1 (202.0)[8]
2009年 270.3 (23.0)[8]
2010年 346.0 23.1[8]
2011年 307.1 9.0[9]
2012年 404.8 28.1[9]
2013年 346.2 18.2[9]
2014年 508.1 48.0[9]
2015年 597.3 39.3[9]
2016年 812.4 62.2[10]
2017年 882.7 261.9[10]
2018年 1,084.1 210.8[11]

1996年、グレイはテレビ局を追加すると同時に、通信業界の新たなセグメントに参入した。同年に「フォーチュン」誌によって48%の成長率を持つ81番目に急成長している企業と見なされた。WRDW-TV英語版は1996年1月に購入された。1996年9月にファースト・アメリカン・メディア株式会社(First American Media, Inc.)からのバスケット購入により、グレイは2つのテレビ局(WCTV英語版WVLT-TV英語版)、リンクス・コミュニケーションズ(Lynqx Communications)とPortaPhoneページングビジネスと改名されたサテライト(Satellite)とプロダクション・ビジネス・サービス(Production Business Services)を取得した[3]

1996年8月と9月に、様々な手段で追加の運営資金を調達した。同年8月20日、KTVEは現金と売掛金で売却された。グレイは9月にB種普通株(公募)、優先劣後債、優先株を発行・売却した。また、新しい銀行信用枠が手配された。これにより、会社の利用可能な資金は合計で5億3,450万ドルになり、4億950万ドルが直接利用可能になった[3]

また、1996年9月には、新たに社長兼CEOに就任したラルフ・ギャバード(Ralph Gabbard)が心臓発作で50歳で亡くなった。ブル・ランの会長であるロビンソンが暫定CEO兼社長に就任し、ブル・ランCEOのロバート・プラザー(Robert Prather)が買収担当の暫定エグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任した[3]

追加の資金により、グレイは1997年も購入を続け、1月と2月に2つの発表を行った。同年4月にルイジアナ州バトンルージュに拠点を置く可搬型衛星アップリンクビジネスであるガルフリンク・コミュニケーションズ株式会社(Gulflink Communications, Inc.)を買収し、リンクスと提携した。レイコム・メディア英語版アフラック・ブロードキャスト・グループ株式会社から放送局を買収したため、WITN-TV英語版をグレイに売却せざるを得なくなり、1997年8月1日に最終決定された。「グウィネット・デイリー・ポスト」は、1997年にジェネシス・ケーブル・コミュニケーションズ(Genesis Cable Communications)との契約により発行部数を増やし、ジェネシスの費用でアトランタ都市圏の加入者に新聞を提供した[3]

1998年に、グレイは南東部地域を超えて拡大し始めた。KOLN英語版KGIN-TV英語版WEAU英語版を所有していたブッセ・ブロードキャスティング・コーポレーション(Busse Broadcasting Corporation)の買収に同意したためである。ジョージア州オールバニにある新聞とテレビ局のグレイの所有権は、この潜在的な購入のために、FCCのメディア相互所有権規則の下で調査された[3]。したがって、WALBは1998年8月にリバティ・コーポレーション(Liberty Corp.)のコスモス・ブロードキャスティング(Cosmos Broadcasting英語版に売却された[4][12]

2002年、ロビンソンは会長兼CEOに、副会長・プラサー社長兼COOが義理の息子のヒルトン・ハウエルが、上級副社長にジム・ライアンが就任した。同社が倒産している間、彼らはグレイに14のベネデク・ブロードキャスティング英語版所有局を購入させた[13]

グレイ・テレビジョン[編集]

2020年にグレイ・テレビジョンのピーター・ザンパのインタビューを受ける下院議員のマイク・ロジャーズ英語版

2006年に、同社は5つの日刊紙とワイヤレスメッセージ事業を新たに形成されたトリプル・クラウン・メディア(Triple Crown Media)に分割し[4][14]、後に(2010年に)サザン・コミュニティ・ニュースペーパーズ(Southern Community Newspapers)と改名した[15]。大学の町や首都で放送局を購入するという新しい戦略が実施された[13]

2つの放送局に過大な支払いをしており、大不況に突入した他の多くの放送局グループと同様に過剰に活用されていた。広告収入は激減した。双子の問題により、同社の株価は2008年に最低の16セントで取引されたため、NYSEは上場廃止にする可能性があると示唆した。融資制限条項は、会社を債務不履行に追い込む可能性がありました[13]。ロビンソンは2008年に辞任し、代わりにハウエルが就任した[13]

2009年7月30日、グレイはヤング・ブロードキャスティング英語版が所有する7つの放送局を管理する契約を獲得した。2012年12月31日までに、220万ドルを稼ぎ、特定のパフォーマンス目標を超えた場合、追加の指定インセンティブ料金を獲得する機会を得た[16][17][18]

プラサーは2013年に退職し、ハウエルが社長の肩書きを引き継いだ[13]。同年11月4日、グレイ・テレビジョンはイエローストーン・ホールディングス(Yellowstone Holdings)を2,300万ドルで購入し、KGNS-TV英語版KGWN英語版KCWY英語版KCHY-LP英語版のローカル放送局を追加すると発表した[19]。3週間後の11月20日、グレイはホーク・メディア英語版とパーカー・ブロードキャスティング(Parker Broadcasting)を3億3,500万ドルで買収し、ノースダコタ州のFOX系列局KNDX英語版/KXNDを750万ドルで買収すると発表した。契約の一環として、放送局KAQY英語版KHAS-TV英語版KXJB英語版がエクスカリバー・ブロードキャスティング(Excalibur Broadcasting)に売却され、「ローカルマーケティング契約」に基づいてグレイが運営することが提案された[20]。同年12月19日、放送局KREX-TV英語版WMBB英語版ネクスター・ブロードキャスティング・グループに売却され、KFQX英語版ミッション・ブロードキャスティング英語版に売却されることが発表された[21]2014年3月25日、KNDX/KXNDの所有者であるプライム・シティーズ・ブロードキャスティング(Prime Cities Broadcasting)は、FCCに対して KNDX/KXNDのエクスカリバーへの売却を却下するよう要求した[22]

売却は2014年6月13日に完了した。しかし、共同販売契約英語版に関するFCCの裁定の後、一部の放送局は規制当局の承認を得ることができなかったため、一部の局は放送を中止せざるを得ず、その番組は隣接チャンネルのマルチキャストストリームに移動された。これらの停波放送局は、FCCの承認を待って、少数株主に売却された[23][24]

2014年7月24日SJLブロードキャスティング英語版は、WJRT-TVとWTVGを1億2,800万ドルでグレイに売却すると発表した[25][26]。売却は同年9月15日に完了した[27]

2015年7月、オールバニの会計・人事オフィス(オールバニ・ヘラルドと同じ建物内)を閉鎖し、アトランタの企業事務所と統合した[4]

2015年9月、シュルツ・コミュニケーションズ英語版のテレビ局とラジオ局を4億4,250万ドルで買収すると発表した[28][29]。また、アイオワ州シーダーラピッズにあるKCRG-TV英語版を、1953年の開局から所有していた地元のガゼット・カンパニー英語版から購入した[30][31]

2016年1月、グレイ・テレビジョンは元APTVジャーナリストのジャクリーン・ポリカストロ(Jacqueline Policastro)が率いる全国ニュース支局をワシントンD.C.に開設した。同支局は、グレイの地方放送局の全国的な政治問題の報道を強化するように設計された[32][33]

2016年5月13日ウェストバージニア州クラークスバーグWDTVWVFX英語版ウィザーズ・ブロードキャスティング英語版から2,650万ドルで買収すると発表した[34]。同年6月3日ネクスターメディア・ゼネラル英語版の合併からスピンオフしたアイオワ州ダベンポートKWQC-TV英語版と、ウィスコンシン州グリーンベイWBAY-TV英語版の2つの放送局を2億7,000万ドルを買収することが発表された[35][36]2017年2月16日メイン州バンゴーWABI-TVフロリダ州ゲインズビルWCJB-TV英語版ダイバーシファイド・コミュニケーションズ英語版から8,500万ドルで買収すると発表した[37]。同年5月4日、マウント・マンスフィールド・テレビジョン(Mount Mansfield Television)からバーモント州バーリントンにあるWCAX-TV英語版を2,900万ドルで買収する意向を発表した[38][39]

2017年4月、グレイ・テレビジョンはファウンド・フッテージ・フェスティバル英語版の創設者であるニック プルーハーとジョー ピケットに対して、グレイ所有局の朝の番組に偽のストロングマン英語版アクト「チョップ・アンド・スティール(Chop and Steele)」として出演を予約し、番組中に映像を利用した後、詐欺と著作権侵害で訴訟を起こした。両当事者は後に和解に合意した[40][41]

2018年5月21日レガシー・ブロードキャスティング英語版からKNHL英語版を47万5,000ドルで買収する契約を結んだ。グレイは、KNHLをNBC系列局のKSNB-TV英語版のサテライトにするつもりだった[42]

2018年6月25日、規制当局の承認待ちで、レイコム・メディア英語版を36億5,000万ドルで買収する意向を発表した。合併後の会社は、レイコムの現在の社長兼CEOであるパット・ラプラトニーが率い、現在グレイのCEOであるヒルトン・ハウエルが会長兼共同CEOを務める。同年後半に完了すると予想していたこの買収により、グレイは92の市場英語版で142の放送局を獲得し、アメリカ国内で3番目に大きいテレビ局の所有者となり、総市場シェアは24%になった[43][44][45]

グレイは、買収が規制当局の承認を迅速に受けるだろうと予見していたが、2つの企業間の市場の重複が限定的であり、買収後の総市場範囲がまだ比較的小さいためである。グレイとレイコムが既に所有していた市場で、WTNZ英語版WTOL英語版KXXVWTXL英語版WFXG英語版KWES-TVWPGX英語版WSWG英語版WDFX-TV英語版を含む9つの放送局を売却した[45]。この販売は、2018年12月20日にFCCによって承認された[46][47][48]。取引は2019年1月2日に完了した[49][50]

2019年4月24日に、ザ・ナッシュビル・ネットワーク英語版の元所有者ライマン・ホスピタリティ・プロパティーズの子会社であるグランド・オール・オプリ・エンターテイメント・グループ(Grand Ole Opry Entertainment Group)との合弁事業を発表した。このサービスは、ブロードキャストデジネットとOTTストリーミングプラットフォームで構成される。合弁会社は、ゼネラルマネージャーのドリュー・リーフェンバーガー(Drew Riefenberger)の下、ナッシュビルに拠点を置いている。グレイは、配給及びマーケティング能力、マルチキャストの知識、グレイ所有テレビ局の関連会社に貢献した[51]サークルテレビネットワーク英語版2020年1月1日に開始された[52]

2021年2月1日クインシー・メディア英語版の全ての放送資産を9億2,500万ドルの現金で買収する意向を発表した。連邦規制当局に準拠するために、グレイはツーソンイリノイ州ハリスバーグ英語版アイオワ州ウォータールー/シーダーラピッズ英語版マディソン英語版ラクロス英語版ウィスコンシン州ウォーソーにあるクインシーの放送局をアレン・メディア・グループ英語版に売却した[53]。グレイによるクインシー・メディアの買収は同年8月2日に完了した[54]

2021年3月、ジョージア州アトランタ郊外のドラビル英語版にある閉鎖されたゼネラルモーターズの工場を購入し、その場所を「Assembly」と呼ばれるメディア制作コミュニティに変える計画を明らかにした[55][56]。この「スタジオシティ」には、複数の映画スタジオのほか、アパート、タウンホーム、ホテル、企業のオフィス、レストラン、小売スペースが含まれる予定である。同年9月、ドラヴィルに拠点を置くサード・レール・スタジオ(Third Rail Studios)を2,750万ドルで購入した[57]

2021年5月3日メレディス・コーポレーションのテレビ部門を27億ドルで買収する計画を発表した。承認された場合、WJRT-TVを売却して、メレディスが所有する競合局WNEM-TVを買収する[58]。アレン・メディア・グループがフリントのWJRT-TVを7,000万ドルで購入することが明らかになった[59]。売却は同年12月1日に完了した[60]

資産[編集]

放送局[編集]

ヤング・ブロードキャスティング所有局の運営[編集]

2009年7月22日、ニューヨーク州の破産判事は、ヤング・ブロードキャスティング英語版とその放送局の所有権を会社の担保付きの貸し手に譲渡する計画を承認した。この計画には、2012年12月までの7つの市場でヤングが所有する放送局の運営について助言するために、グレイ・テレビジョンが外部の当事者として参加することが含まれていた。新しいヤング・ブロードキャスティングは、番組編成や人員を含め、放送局全体の運営について最終的な決定権を保持していた[16][18]

グレイ・テレビジョンが管理する元ヤング所有の放送局は次の通り。

ヤング・ブロードキャスティングは、グレイが運営しないカリフォルニア州サンフランシスコKRON-TV英語版テネシー州ノックスビルWATE-TV英語版ミシガン州ランシングWLNS-TV英語版の3つの放送局を含む全ての放送局の所有権を保持し、後者の2つは、グレイがこれらの市場で既に放送局を所有しているためである。グレイは、グループが市場に出た場合、ヤング所有局を購入する可能性を検討した[61]

契約は2012年12月31日に延長されることなく終了し、ヤングは2013年半ばにメディア・ゼネラル英語版との合併に合意した。ネクスター・ブロードキャスティング・グループは既に各市場でWHBF-TVWFRV-TV英語版を所有していたため、2017年にネクスターがメディア・ゼネラルを買収した際、グレイは最終的にKWQCとWBAYを完全に購入することになった[35][36]。当時、グレイは既にスーフォールズのライバル局であるKSFYを買収していた。また、レイコム・メディア英語版との合併に続いて、2019年WWBTを買収した際にリッチモンド市場に再参入し、メレディス・コーポレーションのテレビ資産を取得した後、2021年WSMV-TV英語版でナッシュビル市場に再参入する予定である[45]

ワシントンニュース支局[編集]

2016年1月20日までに、グレイはジャクリーン・ポリカストロによってワシントンニュース支局を設立し、放送局がコミュニティに奉仕するアメリカ議会の上院議員や下院議員にインタビューできるようにした。この支局は、以前にポリカストロによって開始されたリリー・ブロードキャスティング英語版のワシントン支局と協力しており、400 ノース・キャピトル・ストリートのNBCニュースキャピトル・ヒル支局にある[33]。2019年2月、受賞歴のあるジャーナリストのグレタ・ヴァン・サステレン英語版がチーフ全国政治アナリストとして入社したことを発表した。その後、同年4月に、9月に開始された日曜日朝のシンジケート番組『フル・コート・プレス・ウィズ・グレタ・ヴァン・サステレン(Full Court Press with Greta Van Susteren)』のホストとしてグレタ・ヴァン・サステレンを発表した[62]

脚注[編集]

  1. ^ “Gray Television, Atlanta”. TVNewsCheck. https://tvnewscheck.com/article/104638/11-gray-television-atlanta/ 2018年7月10日閲覧。 
  2. ^ Gray Television SEC Filing”. Gray Television. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ a b c d e f g h i j k “Gray Communications Systems, Inc. History”. International Directory of Company Histories. St. James Press. (1999). オリジナルのSeptember 23, 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160923014530/http://www.fundinguniverse.com/company-histories/gray-communications-systems-inc-history/ 2016年9月21日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h Gray Television consolidating offices, leaving Albany”. The Albany Herald. 2018年7月10日閲覧。
  5. ^ a b c SEC Filing 10-K (1999)”. 2018年7月10日閲覧。
  6. ^ a b c SEC Filing 10-K (2002)”. 2018年7月10日閲覧。
  7. ^ a b c SEC Filing 10-K (2005)”. 2018年7月10日閲覧。
  8. ^ a b c d e SEC Filing 10-K (2010)”. 2018年7月10日閲覧。
  9. ^ a b c d e SEC Filing 10-K (2015)”. 2018年7月10日閲覧。
  10. ^ a b SEC Filing 10-K (2017)”. 2018年7月10日閲覧。
  11. ^ SEC Filing 10-K (2018)”. 2019年4月26日閲覧。
  12. ^ “Company Briefs”. New York Times. (1998年8月4日). オリジナルの2017年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170305003511/http://www.nytimes.com/1998/08/04/business/company-briefs-210846.html?_r=0 2016年9月22日閲覧。 
  13. ^ a b c d e Colman, Price (2016年1月19日). “Gray: Strong Stations, Smart Operations”. Executive Outlook (TVNewsCheck): pp. 1–2. オリジナルの2018年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180513193112/http://www.tvnewscheck.com/article/91617/gray-strong-stations-smart-operations/page/1 2016年9月22日閲覧。 
  14. ^ “Atlanta-based TV-station operator to spin off newsletter, wireless units.”. Atlanta Journal-Constitution. (2005年8月4日). オリジナルの2014年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140610220534/http://www.highbeam.com/doc/1G1-134828278.html 2013年8月9日閲覧。 
  15. ^ Daily Post's parent company changes name”. Gwinnett Daily Post (2010年3月5日). 2013年8月9日閲覧。
  16. ^ a b "Banks' Bid on Young Stations Clears Hurdle" Archived 2010-06-23 at the Wayback Machine., from broadcastingcable.com, 7/22/2009
  17. ^ "Gray to manage most Young stations" Archived 2009-07-30 at the Wayback Machine., from rbr.com, 7/22/2009
  18. ^ a b Who's Really Running Young Broadcasting?" from tvnewscheck.com, 2/1/2011
  19. ^ Gray Buying Yellowstone Stations”. TVNewsCheck. 2013年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月4日閲覧。
  20. ^ Gray Buying Hoak, Prime Stations For $342.5M”. TVNewsCheck. 2013年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月20日閲覧。
  21. ^ Gray Sell Grand Junction Duop To Nexstar Archived 2013-12-19 at the Wayback Machine., "TVNewsCheck", 19 December 2013
  22. ^ Paxson (2014年3月25日). “Re: Prime Cities Broadcasting, Inc. Request for Dismissal of Group Application for Assignment of Broadcast Station License(s)… (PDF)”. CDBS Public Access. Federal Communications Commission. 2014年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  23. ^ Gray closes Hoak deal; completes refinancing. Archived 2014-07-29 at the Wayback Machine., rbr.com, Retrieved 13 June 2014.
  24. ^ Press Release Archived 2014-07-14 at the Wayback Machine. from Gray Television, 13 June 2014
  25. ^ “Gray Buys Stations in Flint, Toledo For $128M”. TVNewsCheck. (2014年7月24日). オリジナルの2014年7月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140730030456/http://www.tvnewscheck.com/article/77940/gray-buys-stations-in-flint-toledo-for-128m 2014年7月24日閲覧。 
  26. ^ Baird, Kirk (2014年8月29日). “TV in the news Channels 24, 13 expanding newscasts; CW13 to replace WT05”. The Toledo Blade. オリジナルの2014年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140905060914/http://www.toledoblade.com/KirkBaird/2014/08/29/TV-in-the-news.html 2014年8月31日閲覧。 
  27. ^ Gray Closes on Flint, Toledo Station Buys Archived 2014-09-16 at the Wayback Machine., TVNewsCheck, Retrieved 15 September 2014
  28. ^ “Schurz Communications to sell WSBT and other TV, radio stations”. South Bend Tribune. (2015年9月14日). http://www.southbendtribune.com/news/local/schurz-communications-to-sell-wsbt-and-other-tv-radio-stations/article_e95251d6-5b1d-11e5-b80b-ef330f571e57.html 2015年9月14日閲覧。 
  29. ^ Kuperberg, Jonathan (2015年9月14日). “Gray Acquiring TV, Radio Stations from Schurz for $442.5 Million”. Broadcasting & Cable. オリジナルの2015年9月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150917040306/http://www.broadcastingcable.com/news/local-tv/gray-acquiring-tv-radio-stations-schurz-4425-million/144190 2015年9月14日閲覧。 
  30. ^ Press Releases”. Gray Television. 2016年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  31. ^ “KCRG-TV9 sold to Gray Television”, KCRG.com (Cedar Rapids, Iowa: Gazette Communications), (September 1, 2015), オリジナルのSeptember 3, 2015時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150903235409/http://www.kcrg.com/subject/news/business/kcrg-tv9-sold-to-gray-television-20150901 2015年9月1日閲覧。 
  32. ^ “Gray TV Launches DC News Bureau”. Adweek. https://www.adweek.com/digital/gray-tv-launches-dc-news-bureau/ 2018年6月25日閲覧。 
  33. ^ a b McAdams, Deborah D. (2015年2月2日). “Gray Opens Washington, D.C. News Bureau”. TV Technology (NewBay Media). オリジナルの2016年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160923020256/http://www.tvtechnology.com/news/0086/gray-opens-washington-dc-news-bureau/274355 2016年9月21日閲覧。 
  34. ^ “Gray Buying WDTV-WVFX Clarksburg, WV”. TVNewsCheck. (2016年5月13日). オリジナルの2018年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180513193112/http://www.tvnewscheck.com/article/94755/gray-buying-wdtvwvfx-clarksburg-wv 2016年5月13日閲覧。 
  35. ^ a b Gray Buying Two Nexstar Spinoffs For $270M”. TVNewsCheck. 2017年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月3日閲覧。
  36. ^ a b Marszalek, Diana (2016年6月3日). “Gray Buys Nexstar Stations in Green Bay, Davenport”. Broadcasting & Cable (NewBay Media, LLC). オリジナルの2016年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160605203300/http://www.broadcastingcable.com/news/local-tv/gray-buys-nexstar-stations-green-bay-davenport/157035 2016年6月18日閲覧。 
  37. ^ Diana Marszalek, Gray Buys Diversified's Stations in Bangor, Gainesville[リンク切れ] Broadcasting & Cable, February 16, 2017
  38. ^ Gray Buying CBS Affil WCAX Burlington, Vt”. TVNewsCheck. 2017年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧。
  39. ^ WCAX sold to Gray Television”. WCAX.com. 2017年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧。
  40. ^ Saul, Emily (2017年4月13日). “Pranksters sued by TV company over morning show antics”. オリジナルの2018年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180410071947/https://nypost.com/2017/04/13/pranksters-sued-by-tv-company-over-morning-show-antics/ 2018年4月9日閲覧。 
  41. ^ “Meet the comedy duo who got sued for pranking the news”. VICE News. https://news.vice.com/en_us/article/wj78am/meet-the-comedy-duo-who-got-sued-for-pranking-the-news 2018年6月25日閲覧。 
  42. ^ Jacobson, Adam (2018年9月14日). “Gray's Legacy Grows In Nebraska”. Radio & Television Business Report. https://www.rbr.com/grays-legacy-resumes-in-nebraska/ 2018年10月28日閲覧。 
  43. ^ Hufford, Austen (2018年6月25日). “Gray TV to Buy Raycom in $3.65 Billion Deal”. Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/gray-tv-to-buy-raycom-in-3-65-billion-deal-1529932732 2018年6月25日閲覧。 
  44. ^ Hayes, Dade (2018年6月25日). “Gray Acquiring Raycom For $3.65B, Forming No. 3 Local TV Group”. Deadline. https://deadline.com/2018/06/grey-acquiring-raycom-for-3-65-billion-forming-no-3-local-tv-group-1202416667/ 2018年6月25日閲覧。 
  45. ^ a b c Gray To Buy Raycom For $3.6 Billion”. TVNewsCheck.com. 2018年6月26日閲覧。
  46. ^ "Memorandum Opinion and Order", Media Bureau, Federal Communications Commission, 20 December 2018, Retrieved 20 December 2018.
  47. ^ "FCC OK with Gray/Raycom Merger", Broadcasting & Cable, 20 December 2018, Retrieved 20 December 2018.
  48. ^ "FCC Approves Gray-Raycom Merger", TVNewsCheck, 20 December 2018, Retrieved 20 December 2018.
  49. ^ "Gray Receives Regulatory Approvals for Raycom Media and Divestiture Transactions", Gray Television, 20 December 2018, Retrieved 20 December 2018.
  50. ^ "Gray Completes Acquisitions for Raycom Media and Related Transactions", Gray Television, 2 January 2019, Retrieved 2 January 2019.
  51. ^ Jessell, Harry A. (2019年4月24日). “Gray Teams With Grand Ole Opry On TV Network”. TV News Check. オリジナルの2019年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190427124427/https://tvnewscheck.com/article/234281/gray-teams-with-grand-ole-opry-on-tv-network/ 2019年5月21日閲覧。 
  52. ^ Hudak, Joseph (2019年12月11日). “Circle TV Network Lineup Announced: Opry Live, Elizabeth Cook Series - Rolling Stone”. TV News Check. オリジナルの2019年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191211215342/https://www.rollingstone.com/music/music-country/circle-network-tv-lineup-opry-925237/ 2019年12月23日閲覧。 
  53. ^ Goldsmith (2021年2月1日). “Gray Television Acquires Quincy Media For $925 Million In Cash”. Deadline Hollywood. 2021年2月2日閲覧。
  54. ^ "Gray Television Closes Quincy Acquisition", Gray Television, 2 August 2021, Retrieved 2 August 2021.
  55. ^ Green (2021年3月31日). “Gray TV company to remake former GM plant into Georgia's largest 'Studio City'”. Urbanize Atlanta. 2022年3月18日閲覧。
  56. ^ Former GM plant set to transform into massive film production site”. The Atlanta Journal-Constitution (2021年3月31日). 2022年3月18日閲覧。
  57. ^ Gray Television purchases Doraville's Third Rail Studios for $27.5 million”. The Atlanta Journal-Constitution (2021年3月31日). 2022年3月18日閲覧。
  58. ^ Cynthia Littleton (2021年5月3日). “Gray Television to Acquire Meredith TV Stations for $2.7 Billion”. Variety. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  59. ^ Hayes (2021年7月14日). “Allen Media Group Pays $70M To Acquire Gray Television's WJRT, An ABC Affiliate In Michigan” (英語). Deadline. 2021年8月24日閲覧。
  60. ^ "Gray Television Closes On Acquisition of Meredith Corporation’s Local Media Group", Gray Television, 1 December 2021, Retrieved 1 December 2021.
  61. ^ "Gray Sees Young Stations As Possible Buy", from tvnewscheck.com, 3/1/2011
  62. ^ Johnson (2019年4月8日). “Greta Van Susteren to Launch 'Full Court Press' for Gray Television” (英語). Variety. 2019年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]