グレイトバトルサイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレイトバトルサイバー
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 アークシステムワークス
発売元 バンプレスト
プロデューサー 山田俊彦
デザイナー こはたまさと
シナリオ 早川芳樹
プログラマー DARTS'MAN SIOCHI
音楽 小酒井順哉
美術 萱島啓子
荒木雅子
岡本みちと
シリーズ コンパチヒーローシリーズ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本 199212251992年12月25日
その他 型式:BAP-GC
テンプレートを表示

グレイトバトルサイバー』は、バンプレストから1992年12月25日に発売された、ファミリーコンピュータ用サイドビューアクションゲーム。SDにディフォルメされたロボットアニメ特撮作品のキャラクターが戦うクロスオーバー作品コンパチヒーローシリーズ」の1つ[1]

概要[編集]

使用できるプレイヤーキャラクターは、仮面ライダーBLACK RXニューガンダムウルトラマンタロウの三体。体力制を採用している。攻撃方法はパンチやキックなどの近距離攻撃のみであるが、パワーアップアイテムをとることにより、一時的に遠距離攻撃が可能となる。アスレチック的にマップを進んでいき、敵の総大将を倒すことでステージクリアとなる。敵との戦闘については、ステージ道中で一体ずつ遭遇して戦うという形式をとっており、いわゆる「一撃でやられる雑魚」がいないことが特徴。

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:山田俊彦
  • プログラマー:DARTS'MAN SIOCHI
  • オブジェクト・セット:池内晴義
  • マップ・セット:いしいかずひろ
  • デザイン:萱島啓子、荒木雅子、岡本みちと
  • サウンド:小酒井順哉
  • シナリオ:早川芳樹
  • テストプレイ:雪野和哉、わたなべゆうじ、みねこうへい
  • 企画デザイン:こはたまさと

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 16/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 19.9/30点[3]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計16点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.9点(満30点)となっている[3]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.3 3.0 2.7 3.5 3.7 3.7 19.9

関連作品[編集]

攻略本
  • ファミリーコンピュータ必勝法スペシャル グレイトバトルサイバー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンパチヒーローシリーズとは|コンパチヒーローシリーズ ポータル』。2011年11月5日閲覧。
  2. ^ a b グレイトバトルサイバー まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年8月12日閲覧。
  3. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 45頁、 ISBN 雑誌26556-4/15