グルーブドタイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BMW Sauber F1に装着されたグルーブドタイヤ

グルーブドタイヤ (grooved tyre)とは、1998年から2008年までF1で用いられていた、円周方向に4本(1998年は前輪用は3本)の平行な溝を持つタイヤ。grooveとは英語で「溝を掘る」の意味。

この溝は一般の自動車用タイヤのように排水を目的としたものではなく、タイヤの接地面積を減らしグリップ力を低下させてF1マシンの速度を低下させる目的でつけられている。F1の速度上昇に危険を感じたFIAによるスピード抑制策の一環として、1998年からレギュレーションでの規定により使用された。2009年からは再びスリックタイヤに変更されている。

前述のようにグルーブドタイヤの溝は排水を目的としたものではなく、あくまでも晴天用のタイヤ(ドライタイヤ)である。雨で路面が濡れている場合は排水用の溝が入っているウェットタイヤを用いる。さらに雨が強いときには荒天用タイヤ(エクストリームウェザー)を用いる。ウェットタイヤやエクストリームウェザーにも当然溝が入っているが、これらはグルーブドタイヤとは呼ばない。

背景[編集]

路面との接地面積を少なくしてコーナリングスピードを抑制することを目的に、1993年にリヤタイヤの幅を18インチから15インチへ3インチ(約7.6cm)細くするレギュレーション変更が行なわれた。しかし、コーナーリングスピードが低下した代償として、前面投影面積の低下によるストレートスピードの上昇という副作用が発生した。タイヤのナロー化が目的を果たさないため、さらなるコーナリングスピードの抑制策としてFIAが編み出したのが、タイヤの幅を変えずに路面との接地面積を下げるグルーブドタイヤである。

作用[編集]

当初の目的通り、路面との接地面積の低下はコーナーリングスピードの抑制に繋がったが、グルーブドタイヤはスリックタイヤでは経験しなかった特性を示した。1つは溝が入っていることによる、コーナーリング中のゴムの動きである。コーナーリング中のグニャグニャしたハンドリングはドライバーを悩ませることになった。その他にグレイニングという事象が発生することである。グレイニングとは溝の端の部分のゴムが、消しゴムを擦った時と同じように削れてトレッド面に残ることにより、新品タイヤでありながら、そのゴムが綺麗に磨耗するまでの数周はグリップレベルが上がらないという問題である。これらの問題を解決するためにサスペンションジオメトリー変更やセッティング方法の変更、ドライビングスタイルの変更など、エンジニア、ドライバーに大きな影響を与えることになった。

関連項目[編集]