グルーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グルーコード: Glue code)とは、コンピュータプログラミングにおいてプログラムの要求仕様の実現には一切寄与しないが、もともと互換性がない部分同士を結合するためだけに働くコードである。グルー(glue)とはにかわなどの接着剤の意味。 グルーコードは既存のライブラリやプログラムの相互運用のために、例えばJava Native Interfaceなどの外部関数インターフェイスの形態で、あるいはオブジェクト関係マッピングを用いてオブジェクトデータベースを対応付ける場合や、商用オフザシェルフプログラムを統合するような場合に現れる。

グルーコードの例[編集]

  • C++で書かれた既存コードをLua(あるいは他の言語)で使用するためのLua側のコード
  • C++で書かれた既存コードをC++で利用するが、仕様的に互換性がない部分を解決するためのラッパーとしてのC++コード

参考文献[編集]

University of Ottawa: Object Oriented Software Engineering, Glue Code Def. http://projects.camlcity.org/projects/dl/findlib-1.2.1/doc/guide-html/x341.html

関連項目[編集]