グルジャ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

グルジャ事件(グルジャ虐殺とも [1]) )(中国語:伊寧二五事件、“伊寧事件”、“二五、二六事件”)は、1997年のグルジャ抗議運動の頂点であり、同年2月5日ラマダーン春節の三日前)に新疆イリ・カザフ自治州グルジャ市(伊寧市)で発生した抗議デモおよび引き続き発生した一連の暴力事件である。

概要[編集]

中国政府によるウイグル伝統文化復興の試みへの弾圧が続き、メシュラプ(en:meshrep)という伝統的集会が1994年に一度許可されたきりその後禁止されていた[2]。また地域のウイグル人共同体の長たちがサッカー・リーグを設立したが、当局によって禁止され競技場が破壊された[3]。こうしたことを背景に、この抗議運動は、ウイグル独立の活動家30名の処刑のニュース[4]、およびイスラム教の神聖な行事であるラマダーンの最中であった前日に、数百名の若いイスラム教徒が自宅で祈りを捧げているときに逮捕・監禁されたことへの釈放の要求[3] として始まった。1997年2月5日、2日間に及ぶ抗議の中、抗議者が「アッラーは偉大なり」「新疆に独立を」と叫びながら行進し[5]、報道によれば棍棒や催涙ガスや高圧放水銃を用いて四散させられた[6]。その後、人民解放軍がデモ隊に向かって発砲し多数の死傷者が生じてデモは鎮圧された[6]

同日午前9時ごろ、100人余りの人が手に横断幕を持って、シュプレヒコールを叫びながらグルジャ市の主要な街道をデモし、最後にデモが暴力事件へと発展した。12時ほどになると、デモ隊は千人余りに増えた。その後、手に棍棒やレンガや刀を持った暴徒が暴力活動を行った[参 1]。その後の一連の鎮圧行動等によりさらに200名以上の死者が生じ、約4,000名のウイグル人が逮捕され、その多くは現在も行方不明のままであるとされる[3]

中華人政府の公式見解では死傷者は9人とされる[7]が、反体制側の報告によれば100人以上が[4]さらには167人[6]が殺されたと見積もっている。少なくとも92名のウイグル人が死亡し、漢族の死亡人数は不明であるという[参 2]。中華人民共和国政府は現地に40,000名の武装警察を配置し、現地からのあらゆる情報を遮断した[3]。中国政府はこの騒乱事件は“東トルキスタンイスラム運動”などの東トルキスタンテロ組織が計画したものとしている[参 3]

余波[編集]

反体制派の主張によれば、1600人[4]が制圧のあと、祖国分裂を企み犯罪行為と過激な宗教行為と反革命行為を扇動したとして逮捕された[6]アムネスティ・インターナショナルの報告書は、190人の処刑が新疆での事件の後執行され、そのほとんどがウイグル人だったと記録している[8]

その後[編集]

事件を目撃した一人だったラビア・カーディルは、後に世界ウイグル会議のリーダーになった。日本では2009年にイリハム・マハムティなどの在日ウイグル人により、犠牲者追悼と中国政府への抗議のためのデモ行進が東京都内でおこなわれた[9]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ /200907090162.asp “天山之痛——新疆恐怖事件回眸” (简体中文). 南方周末. (2009年7月9日). http://www.nanfangdaily.com.cn/nfzm /200907090162.asp 2009年9月8日閲覧。 
  2. ^ 马利德 (2009年7月8日). “中国指责热比娅为新疆骚乱背后推手” (简体中文). 金融时报. http://www.ftchinese.com/story.php?storyid=001027456 2009年9月8日閲覧。 
  3. ^ /20050928/648805_1.shtml “新疆建区50周年高调预警 “东突”威胁升级” (简体中文). 凤凰周刊. (2005年9月28日). http://news.ifeng.com/phoenixtv/83881742083031040 /20050928/648805_1.shtml 2009年9月8日閲覧。