グルジア国家警備隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国家警備隊旗

グルジア国家警備隊(グルジアこっかけいびたい、グルジア語:საქართველოს ეროვნული გვარდია)は、ジョージア(グルジア)における武装部隊。グルジア軍の一部である。人員は約500名。

概要[編集]

旧ソ連時代末期の1990年12月20日に、ソ連中央に対抗する武装部隊として設立された。設立時の人員は、民間からの志願兵によって構成された。グルジア独立直後は、国内治安維持にあたり、アセチアアブハジア民族紛争にも投入された。このほか、1990年代前半にはテンギス・キトバニに率いられ、私兵としても用いられ、ムヘドリオーニ(en:Mkhedrioni)とは対抗関係にあり、国内の混乱に拍車をかけている[1]。1994年にエドゥアルド・シェワルナゼのイニシャティブにより、国防省傘下に入り再編成され、国軍の一部となった。グルジア軍はグルジア初の武装組織としての国家警備隊を前身の組織と見ている。2007年時点では4個旅団(基幹部隊)編制[2]

2008年時点では、一線兵力としてではなく、国家防衛、騒乱鎮圧や災害救援、予備役の訓練・動員を目的としている[3]

注釈[編集]

外部リンク[編集]