グルコスルホンナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルコスルホンナトリウム
IUPAC命名法による物質名
2,3,4,5,6-ペンタヒドロキシ-1-[4-[4-[(2,3,4,5,6-ペンタヒドロキシ-1-スルホヘキシル)アミノ]フェニル]スルホニルアミノ]ヘキサン-1-スルホン酸
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制  ?
識別
ATCコード  ?
PubChem CID 3481
化学的データ
化学式 C24H36N2O18S3 
分子量 736.7402 g/mol

グルコスルホンナトリウム (glucosulfone sodium)、商品名プロミン (promin) はスルホン系の医薬品であり、マラリア[1]結核[2]ハンセン病[3]の治療のため開発された。体内でダプソン英語版(4,4'-ジアミノジフェニルスルホン)へと分解して作用する[4]

歴史[編集]

プロミンを最初に合成したのはパーク・デイビス英語版社のエドワード・ティリットソン (Edward Tillitson) とB・F・テュラー (B. F. Tuller) で、1937年8月のことだとされている[5][6]。しかし、パーク・デイビスがこの化合物を合成したことは事実であるものの、実際にはこれが最初ではなかった。すなわち、1908年にJ・ウィットマン (J. Wittman) とエミール・フロム (Emil Fromm) が種々のスルホン化合物を合成し、その中にはプロミンなどダプソンの誘導体も含まれていた。フロムとウィットマンは化学的性質などにしか興味を持たなかったため、医薬品としての効果を調べる者は数十年後まで現れなかった[6]。スルホン系の化合物が医薬として注目を浴びたのは、サルファ剤(スルホンアミド)が細菌による感染症の治療に著しい効果を持つことが知られるようになってからである。調査は当初思わしい結果を出さなかったが、じきにプロミンやダプソンがマイコバクテリア感染症に有効なことが明らかになった。これらの薬剤は、マイコバクテリア感染症に対する初めての確実な治療薬であった[7]

プロミンはダプソンよりも安全性の点で優れているとみられたため、メイヨー・クリニックにおいて、モルモットを使った結核治療についてさらなる研究が行われた[8]。また、ハンセン病と結核はともにマイコバクテリウム属の細菌(それぞれらい菌結核菌)によって引き起こされることがすでに知られていたことから、ルイジアナ州カーヴィルにあった国立ハンセン病療養所のガイ・ヘンリー・ファジェットは、パーク・デイビスにプロミンの情報を求めた。彼らはこれに答えて、ワシントン大学医学部のエドマンド・カウドリー (Edmund Cowdry) による、ラットでのハンセン病の研究結果をファジェットに知らせた。カウドリーが1941年に発表したこの結果は成功裏に終わるものであったため、ファジェットはプロミンとアボット・ラボラトリーズ社による類似の薬・スルホキソンナトリウムについて、ヒトでの治験開始を決意した。最初の試験は6人の志願者に対して行われ、のち、場所と被験者を増やして繰り返された。副作用が強かったため最初の試験は一時的に停止されたが、プロミンは治療に有効であることが示された[8][9]。この結果は画期的なものとして世界中に知らされ、ハンセン病につきまとっていた汚辱的な印象(スティグマ)を緩和し、その時代「収容者」として公共の場所から遠ざけられていた患者の扱いを向上させた[10]

薬理[編集]

プロミンは水溶性であり、熱に強いため加熱殺菌が可能である[11]。静脈注射により投与することができ[11]アンプルの形で供給される[12]

のちに、構造がより単純で錠剤の形で投与できるダプソンと比べ、溶解性以外の利点が実質的にないことが明らかにされた。ダプソンに耐性が生じた場合、これはスルホン剤に共通するものであるため、プロミンなど類似の薬剤で代替することはできない[13]

こんにちでは、ハンセン病の治療に使われるのは主に、ダプソンのほかリファンピシンクロファジミン英語版である[14]

出典[編集]

  1. ^ Slater, Leo B. (2009). War and Disease: Biomedical Research on Malaria in the Twentieth Century. New Brunswick, NJ: Rutgers University Press. p. 102. ISBN 0-8135-4438-6. 
  2. ^ Lilienfeld, David; Schneider, Dona (2011). Public Health: The Development of a Discipline, Volume 2, Twentieth-Century Challenges, vol. 2. New Brunswick, NJ: Rutgers University Press. p. 351. ISBN 0-8135-5009-2. 
  3. ^ Faget, G. H.; Pogge, R. C.; Johansen, F. A.; Dinan, J. F.; Prejean, B. M.; Eccles, C. G. (1943). “The Promin Treatment of Leprosy”. Public Health Reports 58: 1729–1741. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2017027/.  Reprint (1966) International Journal of Leprosy 34(3): 298–310.
  4. ^ McDougall, A. C. (1979). “Dapsone”. Clinical and Experimental Dermatology 4 (2): 139–142. PMID 498567. 
  5. ^ Johansen, E. A. (1947). “Current Data on Promin Therapy”. The Star. http://www.fortyandeight.org/storage/The%20Star%20Oct_Dec_2003.pdf.  Reprinted in The Star October-December 2003.
  6. ^ a b Wozel, Gottfried (1989). “The Story of Sulfones in Tropical Medicine and Dermatology”. International Journal of Dermatology 28 (1): 17–21. doi:10.1111/j.1365-4362.1989.tb01301.x. PMID 2645226. 
  7. ^ Desikan, K. V. (2003). “Multi-drug Regimen in Leprosy and its impact on Prevalence of the Disease”. Medical Journal Armed Forces India 59: 2–4. doi:10.1016/S0377-1237(03)80092-8. 
  8. ^ a b Sneader, Walter (2005). Drug Discovery: a History. New York: Wiley. pp. 389–390. ISBN 0-471-89979-8. http://books.google.co.jp/books?id=Cb6BOkj9fK4C&pg=PA389. 
  9. ^ Tayman, John (2006). The Colony: The Harrowing True Story of the Exiles of Molokai. New York: Simon and Schuster. p. 252. ISBN 9780743233002. http://books.google.co.jp/books?id=7SXEMMraz0kC&pg=PA252. 
  10. ^ “Hope for Lepers”. Time. (1946年12月30日). http://www.time.com/time/printout/0,8816,934821,00.html 2011年7月22日閲覧。 
  11. ^ a b Singh, Rajbir (2002). Synthetic Drugs. New Delhi: Mittal Publications. p. 291. ISBN 978-81-7099-831-0. 
  12. ^ Sehgal, Virendra N. (2004). Clinical Leprosy (4th ed.). New Delhi: Jaypee Brothers Medical Publishers. p. 186. ISBN 81-8061-283-X. 
  13. ^ Seth, N. D.; Seth, Vimlesh (2008). Textbook of Pharmacology (3rd ed.). Noida, UP, India: Reed Elsevier India. pp. X-87. ISBN 978-81-312-1158-8. http://books.google.co.jp/books?id=51ozlZRBvQwC. 
  14. ^ Raviña, Enrique (2011). The Evolution of Drug Discovery: From Traditional Medicines to Modern Drugs. Weiheim: Wiley-VCH. p. 80. ISBN 978-3-527-32669-3. http://books.google.co.uk/books?id=iDNy0XxGqT8C&pg=PA80.