グリール・マーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Greil Marcus
Greil Marcus 10.jpg
生誕 (1945-06-19) 1945年6月19日(73歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ
職業 音楽評論家

グリール・マーカス(Greil Marcus、1945年6月19日 - )は、アメリカ合衆国音楽評論家エルヴィス・プレスリーボブ・ディランについての文章で知られている[1]

経歴[編集]

1945年6月19日、カリフォルニア州サンフランシスコに生まれる[2]。1960年代後半より、雑誌『ローリング・ストーン』にて批評を執筆する[3]。著書に『デッド・エルヴィス』などがある[4]

翻訳された著書[編集]

  • ロックの「新しい波」 パンクからネオ・ダダまで(三井徹訳、1984年、晶文社
  • ミステリー・トレイン ロック音楽にみるアメリカ像(三井徹訳、1989年、第三文明社
  • デッド・エルヴィス(三井徹訳、1996年、キネマ旬報社
  • ライク・ア・ローリング・ストーン─Bob Dylan at crossroad(菅野ヘッケル訳、2006年、白夜書房

脚注[編集]

  1. ^ Lee, Christopher J. (2011年12月6日). “When the Music’s Over: Greil Marcus on the Doors”. PopMatters. 2015年11月2日閲覧。
  2. ^ Meo, Dino Di (2013年11月12日). “Greil Marcus: Bob vissé sur le crâne”. Libération. 2015年11月2日閲覧。
  3. ^ Wilson, Carl (2014年9月10日). “Secret Chords: The brilliance—and the blind spots—of one of the world’s great rock critics.”. Slate. 2015年11月2日閲覧。
  4. ^ Tucker, Ken (1991年11月15日). “Dead Elvis”. Entertainment Weekly. 2015年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]