グリーゼ832

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリーゼ832
Gliese 832
星座 つる座
視等級 (V) 8.672(Vバンド)[1]
分類 赤色矮星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 21h 33m 33.97533s[1]
赤緯 (Dec, δ) -49° 00′ 32.4192″[1]
赤方偏移 0.000014±0.000006[1]
視線速度 (Rv) 4.30±1.80 Km/s[1]
固有運動 (μ) RA:-46.05 mas/yr[1]
DEC:-817.63 mas/yr[1]
年周視差 (π) 201.87±1.01mas[1]
距離 16.137±0.098 ly
(4.95±0.03 pc[2])
物理的性質
半径 0.48 R[3]
質量 0.45 ± 0.05 M[4]
表面重力 4.7 log g[2]
自転周期 45.7 ± 9.3 [5]
スペクトル分類 M1.5[1][2]
光度 0.026 L[2]
表面温度 3472 K[2]
金属量[Fe/H] -3.1±0.2[4]
別名称
別名称
HD 204961, HIP 106440, LHS 3865, CD-49°13515, CC1290, LCC 0420.
■Project ■Template

グリーゼ832 (Gliese 832, Gl 832, GJ 832) は、つる座に存在するスペクトル型M1.5Vの赤色矮星である。太陽系からの距離は16.1光年で、質量・半径ともに太陽の半分程度の恒星だと考えられている。約5万2920年前は、地球から15.71光年と、現在より少し地球に近い位置にあったと考えられている[6]

大きさの比較
太陽 グリーゼ832
太陽 Exoplanet

惑星系[編集]

2008年9月、グリーゼ832から離れた位置を木星に似た太陽系外惑星が真円に近い軌道で公転していると報告された。この惑星は、摂動により恒星の位置を0.95ミリ秒ほど揺れ動かすと考えられるため、アストロメトリ法による検出も期待されている。また、主星と惑星との角距離は発見当時としてはエリダヌス座ε星とその惑星bに次いで大きいものだったが、恒星と惑星のコントラストの都合で直接撮影による検出は難しいと予想されている[4]

2014年にはさらにもう1つ、惑星cが見つかった。この惑星は、ハビタブルゾーン内に存在するスーパーアースと考えられている[7]

第3の惑星[編集]

2016年4月には、グリーゼ832系にbとcに加えて3番目の惑星が存在する可能性が示された[8]テキサス大学アーリントン校のSuman Satyalらの研究チームがグリーゼ832系のデータを元にシミュレーションを行った結果、グリーゼ832系に3番目の惑星が存在する可能性があるという結果を得た。この惑星はグリーゼ832からの距離は0.25AUから2AU、質量は地球と同じ程度から15倍と見積もられている[8]

グリーゼ832の惑星[2][4][8]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
c ≥5.4±0.95 M 0.163±0.06 35.68±0.03 0.18±0.13 0 - 90°
第3の惑星 (未確認) 1 - 15 M 0.25 - 2.0
b ≥0.64±0.06 MJ 3.56±0.28 3416±131 0.08+0.02
−0.06
0 - 90°

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i HD 204961 -- High proper-motion star”. SIMBAD. 2015年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Robert A. Wittenmyer,Mikko Tuomi et al. (2014年). “GJ 832c: A super-earth in the habitable zone”. arXiv:1406.5587v1 [astro-ph.EP]. 
  3. ^ Johnson, H. M.; Wright, C. D. (1983). “Predicted infrared brightness of stars within 25 parsecs of the sun”. Astrophysical Journal Supplement Series 53: 643-771. http://cdsads.u-strasbg.fr//full/1983ApJS...53..643J/0000699.000.html. 
  4. ^ a b c d Bailey, Jeremy et al. (2008年). “A Jupiter-like Planet Orbiting the Nearby M Dwarf GJ832”. arXiv:0809.0172 [astro-ph]. 
  5. ^ Suárez Mascareño, A. (September 2015). “Rotation periods of late-type dwarf stars from time series high-resolution spectroscopy of chromospheric indicators”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 452 (3): 2745−2756. arXiv:1506.08039. Bibcode 2015MNRAS.452.2745S. doi:10.1093/mnras/stv1441. 
  6. ^ Bailer-Jones, C. A. L. (March 2015). “Close encounters of the stellar kind”. Astronomy & Astrophysics 575: 13. arXiv:1412.3648. Bibcode 2015A&A...575A..35B. doi:10.1051/0004-6361/201425221. A35. 
  7. ^ “Is this the most Earth-like planet ever found? Alien exoplanet just a 'stone's throw' from Earth and even has similar seasons”. Mail online. (2014年6月26日). http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2670085/The-alien-planet-support-life-just-stones-throw-Earth.html 2014年6月28日閲覧。 
  8. ^ a b c S. Satyal, J. Griffith, Z. E. Musielak (2016年4月15日). “An Earth-Like Planet in GJ 832 System”. arXiv:1604.04544v1 [astro-ph.EP]. 

関連項目[編集]