グリフィス・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリフィス・ジョーンズ

グリフィス・ジョーンズ、(Griffith Jones1684年-1761年4月8日)は、ウェールズの巡回学校を組織したことで有名なイングランド国教会教職者。彼の名はカーマーゼンシャーと結び付けられる。

ジョーンズは1683年から1984年に生まれ、1684年の5月1日幼児洗礼カーマーゼンのグラマー・スクールで教育を受けた。1708年聖職者按手を受けて1716年Llanddowrorの牧師に任命され、生涯をそこで過ごした。

彼は1731年、人々に読むことを教えるためにカーマーゼンシャーで巡回学校を始めた。学校は約3ヶ月周期だった。この学校ではウェールズ語が使われた。1761年に彼が天に召されたときにはウェールズ中の2万人がここで学んだと推測される。

ジョーンズは人が救われるために読むことを教えた。カリキュラムは聖書と教理問答だった。そうして深く聖書を知り、読み書きの出来る国と民を作った。彼はウェールズの民がメソジストを受け入れる道備えをした、ウェールズのメソジストの先駆者だったと考えられる。また、彼は力強い説教者でもあった。後のメソジストの指導者たちも彼と同じように野外説教をした。彼はウェールズ・メソジスト・リバイバルを強く支持し、この働きの初期の指導者と働いた。事実、ダニエル・ローランドは彼の説教によって、回心した。

Bridget Bevanが彼の働きを支援し、彼の召天後に学校の運営を続けた。