グランマ (新聞)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Granma
Logo Diario Granma.png
グランマの英語版のロゴ
種類 日刊紙

事業者 キューバ政府
創刊 1965年10月4日
言語 スペイン語英語
ウェブサイト granma.cu
本社所在地  キューバ ハバナ
テンプレートを表示
ハバナで『グランマ』を読む男

グランマ』(スペイン語: Granma)は、キューバ共産党中央委員会機関紙である。

新聞の名前は1956年のキューバ革命時にフィデル・カストロがほかの81人の反政府勢力とともに、キューバへ再上陸するために使用したヨットグランマ号』に由来する[1]

概要[編集]

1965年に複数の新聞を合併して創刊[1]。グランマのおもな目的は広報革命とその原則のプロパガンダで、キューバ共産党の方針に忠実である。

キューバでもっとも広く読まれている新聞である。1997年には、新聞の発行部数は約675,000と推定された。

アルゼンチンブラジルカナダでも出版され、現在は60か国以上に達している。英語スペイン語フランス語ドイツ語イタリア語トルコ語ポルトガル語の週刊国際版は海外でも発行されている。

1996年8月にインターネット上のキューバの第一号の新聞となった。

通常版は日曜日以外の週6日発行され、基本的に8ページ(たまにプラス数ページ)。

グランマの定期的な記事:

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Granma Cuban newspaper” (英語). Encyclopædia Britannica. 2015年12月11日閲覧。