グランド・セフト・オート・アドバンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グランド・セフト・オート・アドバンス
Grand Theft Auto:Advance
ジャンル クライムアクション
オープンワールド
アクションアドベンチャーゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 Digital Eclipse
運営元 Rockstar Games
販売元 テイクツー・インタラクティブ
プロデューサー ジェームス・スタンレー
ウィリアム・S・シュミット
ディレクター マイケル・ミカ・シニア
プログラマー キャスリン・マタガ
ボイド・ブルググレイ
音楽 ジェームススタンレー
ダニエル・シャロック
美術 Rookstar Games
シリーズ グランド・セフト・オートシリーズ
人数 ストーリーモード:1人
メディア GBAカートリッジ:1枚組
ディスクレス起動 なし
アクチベーション なし
運営開始日 アメリカ合衆国の旗2004年10月26日
欧州連合の旗2004年10月26日
最新版 なし
使用ブロック数 多数
利用料金 有料
対象年齢 ESRBM(17歳以上)
OFLC:+18
PEGI16
コンテンツ
アイコン
存在しない
ダウンロード
コンテンツ
存在しない
必要環境 不必要
解像度 720p
サウンド なし
売上本数 世界の旗24万本[1]
その他 公式から一切サポートはされていない。
テンプレートを表示

『グランド・セフト・オート・アドバンス』(英名:Grand Theft Auto:Advance)は、米国Rockstar Games社から発売されたゲームソフトで、GTAシリーズ初にして唯一のゲームボーイアドバンス版された、オープンワールドクライムアクションゲームである。グランド・セフト・オートシリーズの第6作目。2004年10月26日に北米版及び欧州版がリリースされた。本国アメリカでは何度か発売延期になったあと発売された。※なお日本では、日本語版、北米版共に店等には発売されていない。今後も日本では発売されるかは不明。略称はGTA:AD

グランド・セフト・オート・アドハンスのロゴ

メインストーリー[編集]

マイクがリバティーシティで悪事をこなしていく。

概要[編集]

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』同年同日、アメリカヨーロッパ向けに2004年10月26日に発売された日本は未発売のオフライン専用ゲームソフト。

ストーリー全編に渡ってメインストーリーや新しいコンタクトミッションが展開され、GTAシリーズお馴染みのオープンワールド式クライムアクションゲームのプレイを、「リバティーシティ」のストリートを体験できる唯一の作品。

また建物は3Dで制作されている為、ストーリーなど『GTAIII』とは、そこまで関わりが無い。

また、足音などは『GTAIII』と同じ物を使用している。

リバティーシティ内の時間(ゲーム内)の時間は1分は1秒と設定されている。

体力表示はゲージでは無く、『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』と違いじ、旧作の『グランド・セフト・オートバイスシティ』『グランド・セフト・オートIII』などと、同じ数字表示になっている。

体力表示、時間表示、丸いマップ表示、所持金は従来のGTAシリーズと同じ右上に表示されている。

手配度は星1~6まであり、グラフィック音質などは他のGTAシリーズと比べると多少劣化している部分がある。

舞台[編集]

今作の舞台は『グランド・セフト・オートIII』シリーズの旧で、ニューヨークがモデルのアメリカ史上最悪の街と呼ばれている、「リバティーシティ」。

グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ』のその後である事から、『GTAIII』に似ているところがある。

※グランド・セフト・オートIVシリーズ(GTA新シリーズ)の世界観では無いので、新シリーズとは全く関わりはない。

乗り物[編集]

乗用車

緊急車両

戦車

使用可能の登場武器一覧表[編集]

接近系

素手

ナイフ

バット

重火器系

ハンドガン

ショットガン

サブマシンガン

マシンガン

火炎放射器

ミニガン

爆発系

手榴弾

火炎瓶

ロケットランチャー

時系列やその他について[編集]

時系列は過去作の『GTAIII』(2001年が舞台)の一年前、『GTA:LCS』(1998年が舞台)の二年後、2000年が舞台となる。

なお、GTAIV~GTAVシリーズとは無関係である。

グランド・セフト・オート』(1997年)

グランド・セフト・オート2』(1999年)

グランド・セフト・オート・チャイナタウンウォーズ』(2009年)

と同じ見下ろし型となっている。

登場人物[編集]

主人公
マイク Mike
今作の主人公。イタリア系。
関連するその他の登場人物
ヴィニー Vinnie
マイクの兄貴分。
エイトボール 8-Ball
GTAIII』と『GTA:LCS』にも登場している爆弾のプロフェッショナル。マイクに仕事を依頼する一人として登場。
キング・コートニー King Courtney
『GTAIII』にも登場するジャマイカ系ギャング「ヤーディーズ」のリーダー。『GTAIII』では電話の会話のみで姿は見えなかったが、今作では姿がきちんと見える。
シスコ Cisco
コロンビアン・カルテルの2000年時点のボス。マイクに仕事を依頼するなどするが、後にヴィニーによって暗殺されている。その後釜として『GTAIII』ではミゲールがリーダーを務めている。
アスカ・カセン Asuka Kasen
『GTAIII』にも登場するリバティーシティのヤクザの女リーダーで、兄にケンジ・カセンがいる。
ユカ・カセン Yuka Kasen
アスカの姪。ひとつのミッションに登場。
ミスティ Misty
『GTAIII』にも登場するキャラクター。あるミッションで登場。

関連項目[編集]

残酷ゲーム

成人向けゲーム

注釈[編集]

[ヘルプ]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]