グランドホテル (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グランドホテル(原題:Grand Hotel)は、ヴィッキー・バウムの小説・戯曲 "Menschen im Hotel " を原作としたミュージカル作品。脚本はルーサー・デイヴィス英語版、作詞・作曲はロバート・ライト英語版ジョージ・フォレスト英語版、追加作詞・作曲をモーリー・イェストン英語版が担当。

1989年にトミー・チューン英語版の演出・振付によってブロードウェイにて初演され、同年のトニー賞では12部門にノミネート、演出賞、振付賞ほか5部門で最優賞を獲得[1]

日本語版初演は1993年。(ただし、1991年にインターナショナルツアーカンパニーが来日公演をしている。)

作品成立の背景[編集]

Menschen im Hotel
1929年、ヴィッキー・バウムが小説"Menschen im Hotel "(邦題『グランドホテル』) を発表。同年、ベルリンでの舞台のために作者自らの手で戯曲化。1930年ニューヨークで翻訳版が上演される。1932年MGMがオールスターキャストにより映画化。第5回アカデミー賞最優秀作品賞受賞。グランドホテル形式という言葉が一般的になる。
At the Grand
1958年、ルーサー・デイヴィス、ロバート・ライト、ジョージ・フォレストによるミュージカル版が発表される。ロサンゼルス・サンフランシスコとトライアウトの旅に出るが、設定を1928年ベルリンから同時代のローマに、バレリーナをオペラ歌手に等の変更があまり受け入れられず、主役の病気降板もあり、ブロードウエイ公演はキャンセルされてしまった。
Grand Hotel
30年後、デイヴィス、ライト、フォレストは時代設定を1928年ベルリンに戻し、新しいショーとして提供することとした。演出・振付のトミー・チューンは2時間ノンストップの作品とすることとし、追加の作詞・作曲をモーリー・イェストンが担当。ボストンでのトライアウトののち、ブロードウエイで興行。

主な登場人物[編集]

オットー・クリンゲライン
重い病を患っている会計士。
フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵
多額の借金を抱えている男爵。
エリザベータ・グルシンツカヤ
ロシア人のバレリーナ。引退興行のためにベルリンにやってきた。
ヘルマン・プライジング
アメリカ人実業家。織物工場の娘婿で社長。
フリーダ・フラムシェン
タイピスト。ハリウッドスターを夢見ている。
ラファエラ
グルシンツカヤの付き人。
エリック
ホテルのフロント係。
オッテルンシュラーグ
義足の医師。

日本での上演[編集]

1991年(来日公演)
テレビ朝日が招聘。新橋演舞場南座名鉄ホールにて上演。演出はトミー・チューンが担当。
ブロードウェイのインターナショナルツアーカンパニーが来日した。男爵はブロードウェイのオリジナルキャストであるブレント・バレットが演じている。
1993年(初演)
宝塚歌劇団月組公演として上演。主人公をオットーにしている。
詳細は「グランドホテル (宝塚歌劇)」を参照。
2006年
東京国際フォーラムホールCにて上演。演出はグレン・ウォルフォードが担当[2]
主演はグルシンツカヤの前田美波里で、オットーの小堺一機は準主役として配された。
発表当初は、プライシング役に岡田真澄がキャスティングされていたが、体調不良により降板[3]
2016年
赤坂ACTシアター梅田芸術劇場メインホールにて上演。演出はトム・サザーランドが担当。
GREENチームとREDチームに分けて上演[1]。主演はオットー役の中川晃教(GREENチーム)と成河(REDチーム)[4]
2016年2月1日、GREENチームのラファエラ役だった春野寿美礼が降板となり、樹里咲穂にキャスト変更が発表された[5]
今作では同じ脚本、同じ音楽でありながら、演出がGREENチームとREDチームで異なるようにつけられた[6]
2017年
宝塚歌劇団月組公演として上演。珠城りょうのトップお披露目公演。演出は岡田敬二生田大和が担当[7]
併演は『カルーセル輪舞曲(ロンド)』(作・演出は稲葉太地[7]
フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵が主役、エリザベータ・グルシンツカヤがヒロインとなる。
詳細は「グランドホテル (宝塚歌劇)」を参照。

キャスト(日本での公演)[編集]

青背景が主演、ピンク背景がヒロインを示す。

主なキャスト
  1991年
来日公演
1993年
月組
2006年 2016年 2017年
月組
GREEN RED
オットー・クリンゲライン マーク・ベイカー 涼風真世 小堺一機 中川晃教 成河 美弥るりか
フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵 ブレント・バレット英語版 久世星佳 岡幸二郎
大澄賢也
宮原浩暢
LE VELVETS
伊礼彼方 珠城りょう
エリザベータ・グルシンツカヤ デビー・デ・クードロー 羽根知里 前田美波里 安寿ミラ 草刈民代 愛希れいか
ヘルマン・プライジング 箙かおる
専科
田中健 戸井勝海 吉原光夫 華形ひかる

(専科)

フリーダ・フラムシェン デリー・ライヴリー 麻乃佳世 紫吹淳 昆夏美 真野恵里菜 早乙女わかば
海乃美月[# 1]
ラファエラ 天海祐希 諏訪マリー 樹里咲穂[5] 土居裕子 暁千星
朝美絢[# 1][# 2]
エリック 汐風幸 パク・トンハ 藤岡正明 朝美絢
暁千星[# 1]
オッテルンシュラーグ ジャック・エドルマン 汝鳥伶 藤木孝 光枝明彦 佐山陽規 夏美よう

(専科)

  1. ^ a b c 役替わり。
  2. ^ 役名は「ラファエラ・オッタニオ」。

受賞歴[編集]

ブロードウェイ(初演)[編集]

カテゴリー 対象 結果
1990 トニー賞 ミュージカル作品賞 ノミネート
ミュージカル脚本賞 ルーサー・ディヴィス ノミネート
オリジナル楽曲賞 ロバート・ライト
ジョージ・フォレスト
モーリー・イェストン
ノミネート
ミュージカル主演男優賞 デイビッド・キャロル英語版 ノミネート
ミュージカル主演女優賞 リリアン・モンテベッチ英語版 ノミネート
ミュージカル助演男優賞 マイケル・ジェッター 受賞
ミュージカル助演女優賞 ジェーン・クラコウスキー ノミネート
ミュージカル演出賞 トミー・チューン 受賞
振付賞 受賞
ミュージカル装置デザイン賞 トニー・ウォルトン ノミネート
ミュージカル衣装デザイン賞 サント・ロカルノ 受賞
ミュージカル照明デザイン賞 ジュールズ・フィッシャー 受賞
Drama Desk Award 優秀ミュージカル賞 ノミネート
ミュージカル部門 優秀主演男優賞 デイビッド・キャロル ノミネート
ミュージカル部門 優秀助演男優賞 マイケル・ジェッター 受賞
ミュージカル部門 優秀助演女優賞 ジェーン・クラコウスキー ノミネート
ミュージカル部門 優秀演出家賞 トミー・チューン 受賞
優秀振付家賞 受賞
優秀オーケストラ賞 ペーター・マッツ ノミネート
優秀作詞賞 ロバート・ライト
ジョージ・フォレスト
モーリー・イェストン
ノミネート
優秀作曲賞 ノミネート
優秀装置デザイン賞 トニー・ウォルトン ノミネート
優秀衣装デザイン賞 サント・ロカルノ 受賞
優秀照明デザイン賞 ジュールズ・フィッシャー 受賞

ロンドン公演(初演)[編集]

カテゴリ 対象 結果
1993 ローレンス・オリヴィエ賞 最優秀新作ミュージカル賞 ノミネート
最優秀振付家賞 トミー・チューン ノミネート

ロンドン公演(再演)[編集]

カテゴリ 対象 結果
2005 ローレンス・オリヴィエ賞 最優秀リバイバルミュージカル賞 受賞

ロンドン公演(トム・サザーランド版)[編集]

カテゴリ 対象 結果
2016 オフ・ウエストエンド・シアター・アワード 最優秀ミュージカル作品賞 受賞
最優秀振付賞 リー・プラウド 受賞

楽曲[編集]

    • The Grand Parade (Yeston) / Some Have, Some Have Not (Wright/Forrest) / As It Should Be (Wright/Forrest)
    • At the Grand Hotel (Yeston) / Table With a View (Wright/Forrest)
    • Maybe My Baby Loves Me (Wright/Forrest)
    • Fire and Ice (Wright/Forrest)
    • Twenty Two Years (Yeston)/Villa On a Hill (Wright/Forrest)
    • I Want To Go To Hollywood (Yeston)
    • Everybody's Doing It (Yeston)
    • The Crooked Path (Wright/Forrest) / Some Have, Some Have not / As It Should Be
    • Who Couldn't Dance With You? (Wright/Forrest)
    • Merger Is On 
    • Love Can't Happen (Yeston)
    • What You Need (Wright/Forrest)
    • Bonjour Amour (Yeston)
    • H-A-P-P-Y (Wright/Forrest) / We'll Take A Glass Together (Wright/Forrest)
    • I Waltz Alone (Wright/Forrest)
    • H-A-P-P-Y
    • Roses at the Station (Yeston)
    • Bolero (What You Need)
    • How Can I Tell Her? (Wright/Forrest)
    • As It Should Be / At The Grand Hotel / The Grand Parade / Some Have, Some Have Not
    • The Grand Waltz (Wright/Forrest)

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 中川晃教&成河らが出演 ミュージカル『グランドホテル』が16年春に上演”. シアターガイド (2015年11月16日). 2015年11月17日閲覧。
  2. ^ ミュージカル『グランドホテル』製作発表”. シアターガイド (2006年9月6日). 2015年11月17日閲覧。
  3. ^ 「グランドホテル」岡田真澄が降板”. シアターリーグ (2005年9月30日). 2015年11月17日閲覧。
  4. ^ 成河、4月にミュージカル「グランドホテル」主演”. 報知スポーツ (2015年11月14日). 2015年11月17日閲覧。
  5. ^ a b 春野寿美礼、出演予定のミュージカルを降板…代役は樹里咲穂”. スポーツ報知 (2016年2月1日). 2016年2月1日閲覧。
  6. ^ 中川晃教が「グランドホテル」公開稽古で動揺「そんな結末の違いが」”. ステージナタリー (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  7. ^ a b “宝塚月組次期トップ・珠城りょうの大劇場お披露目は「グランドホテル」”. スポーツ報知. (2016年4月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160425-OHT1T50162.html 2016年4月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]