グランドオペラ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グランドオペラ
欧字表記 Grand Opera
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1984年2月11日
死没 2005年10月(21歳没)
Nijinsky
Glorious Song
母の父 Halo
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州
生産 ヒルンデイルファーム
競走成績
生涯成績 1戦0勝
獲得賞金 0ポンド
テンプレートを表示

グランドオペラ (Grand Opera) はアメリカ生まれの競走馬および種牡馬1980年のカナダ・ソヴリン賞年度代表馬グローリアスソングを母に持ち、半弟に種牡馬のラーイシングスピール、伯父に種牡馬のデヴィルズバッグインペリアルファルコンセイントバラードらがいる良血馬である。産駒は日本地方競馬を中心に走り、アマゾンオペラやメイセイオペラを輩出して成功を収め、メイセイオペラは後継種牡馬となっている。

経歴[編集]

競走馬としてはイギリスで1戦したのみだったが、種牡馬として日本に輸出され、1988年より供用開始となった。まず青森県の五戸畜産農業協同組合で2年間供用され[1]、1990年より北海道日高軽種馬農協門別種馬場で供用された[1]。産駒の成績不振にともない1993年に種付け頭数が急減し、翌1994年から青森県の諏訪牧場に移った[1]が、メイセイオペラの活躍を受け門別種馬場に復帰した1999年は152頭の繁殖牝馬を集めた[1]

晩年はまた青森に戻り、山内牧場に繋養され[2]種牡馬を続けていたが、2005年10月に心臓麻痺により死亡。同年11月付で供用停止となった[3]

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

グランドオペラ (Grand Opera)血統ニジンスキー系 / Almahmoud 4×4=12.50%、Mahmoud 5×5・5=9.38%、Pharamond 5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

Nijinsky
1967 鹿毛
父の父
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Flaming Page
1959 鹿毛
Bull Page Bull Lea
Our Page
Flaring Top Menow
Flaming Top

Glorious Song
1976 鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
母の母
Ballade
1972 黒鹿毛
Herbager Vandale
Flagette
Miss Swapsco Cohoes
Soaring F-No.12-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 高井克敏「[スペシャル・レポート]今一度、晴れの舞台へ……。種牡馬、生き残りへの闘い」、『優駿』、日本中央競馬会、1999年10月、 24-25頁。
  2. ^ 3億円馬カーム、青森で種牡馬入り” (日本語). Japan Horse Navigation System (2006年2月3日). 2011年8月14日閲覧。
  3. ^ 2005年供用停止種雄馬一覧 (PDF)” (日本語). ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. p. 1. 2013年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]