グランツーリスモSPORT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グランツーリスモシリーズ > グランツーリスモSPORT
グランツーリスモSPORT
ジャンル ドライビングシミュレーター
対応機種 PlayStation 4
開発元 ポリフォニー・デジタル
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
シリーズ グランツーリスモシリーズ
人数 オフライン時1-2人
オンライン時1-24人 [1]
メディア BD-ROM
ダウンロード
発売日 2017年10月19日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)[1]
ダウンロード
コンテンツ
あり
デバイス インターネットへの接続が必須
PlayStation VR対応
その他 オフラインではデータのセーブができない。
テンプレートを表示

グランツーリスモSPORT』(グランツーリスモスポーツ)は、ポリフォニー・デジタルが開発し、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより2017年10月19日に発売されたPlayStation 4用ゲームソフト。略称は『GT SPORT』。

概要[編集]

グランツーリスモ6』から約4年ぶりに発売されるグランツーリスモシリーズの作品で、初のPS4用作品。PlayStation VRにも対応する。また、シリーズ作として初めてオンライン"専用"となり、カーセントラルでの車両の購入やスポーツモードをプレイするにはPS4をインターネットへ接続する必要がある。

通常版の他に各種ダウンロードコンテンツやブックレットを同梱した限定版も同時発売される。また、PlayStation Storeでのダウンロード版も配信。

2015年10月に行われたPlayStation Media Previewにて公開された[2]

2016年8月30日にポリフォニーデジタル及びPlayStation公式より、発売予定が当初の2016年11月15日から2017年に延期されたことが発表された[3]。11月にはグランツーリスモシリーズの新時代のビジュアルについても発表されており、4K解像度や60fps、HDR、ワイドカラーなどに対応する事が明かされた。

2017年3月8日、ジュネーブ・モーターショーにて時計メーカーのタグ・ホイヤーとパートナーシップを提携し、オフィシャルタイムキーパーとなることを発表している[4]

2017年3月17日に実質的な体験版となるクローズドベータテストがアメリカを皮切りに世界中で順次開始され、4月にはヨーロッパ、日本を含むアジア地域では5月19日にクローズドテストプレイヤーの募集が開始された。なお、クローズドベータテストのセーブデータは製品版に引き継がれない。

2017年10月9日から10月14日にかけて、全世界でオープンベータテストが行われた。こちらでは参加特典として、ゲーム内クレジット、マイレージポイント、獲得したガレージカーのデータを製品版に引き継がれる。

2017年10月12日にはF1レーサーのルイス・ハミルトンが本作のマエストロとして登場することを発表[5]

新要素[編集]

[6]

4K、ワイドカラープロセスに対応
シリーズで初めて4K、ワイドカラープロセスに対応。また前作からのHDR、60fpsといった要素も継承している。
アシスト機能
ブレーキやステアリング操作をアシストするオートドライブアシストを実装。プレイヤーの好みに合わせてON/OFFの切替が可能。
リバリーエディター
ボディーのカラーリングやステッカーの貼付によって、車両デザインの編集ができる機能。プレイヤーが自由に図形やイラストを配置できるため、シリーズとしては初めて痛車が作成できるようになった。(2018年7月末のアップデートにおいて、レーシングスーツにもステッカーの貼付が可能になる)
「デカールアップローダー」機能を有している。プレイヤーが外部で作成したSVGファイル(サイズは15KBまで)を公式サイトのコミュニティ機能から取り込み、車両に貼り付ける事ができる。
作成したリバリーはユーザー間で自由に共有できる。

モード[編集]

[7]

スポーツモード
本作より登場のE-Sports向けモードで、今作でのメインモードでもある。前作『グランツーリスモ6』のクイックマッチを進化させたもので、日替わりで3種が同時に開催される「デイリーレース」と、FIA公認の大会「ネイションズカップ」(国別対抗)及び「マニュファクチャラーシリーズ」(メーカー対抗)が開催される。
プレイヤーはドライビングスキル(戦績)とレースマナーをそれぞれドライバーレーティング(DR)スポーツマンシップレーティング(SR)で格付けされ、レースの際にはDR・SRが近い者同士がランダムでマッチングされる。
参戦マシンにはいずれもBoP(Balance of Performance,性能調整)システムが適用され、各車の性能が平準化するよう調整がなされている。
オンライン専用。
アーケードモード
AI車両とのレース、単独でのタイムトライアル及びドリフトトライアルが楽しめるモード。
今作ではペナルティや消耗など、細かなルール設定が可能な「カスタムレース」が追加された。オフライン可。
オープンロビー
プレイヤーがルームを作成し、全世界のプレイヤーとレースを楽しめるモード。オンライン専用。
キャンペーン
従来シリーズの「ライセンス試験」にあたる[8]ドライビングスクール」、様々なシチュエーションで出される課題を攻略する「ミッションチャレンジ」、各コースの攻略法を学ぶ「サーキット エクスペリエンス」、2017年12月のアップデートで追加された「GTリーグ」の4モードを楽しむことができる。
このうち「サーキット エクスペリエンス」は、新コースが追加されると1ヶ月後を目安にその新コースが課題として追加される[9]。他、「GTリーグ」のイベントもアップデートで順次追加されている。オフライン可。
スケープス
従来作の「フォトモード」を進化させたもので、世界中で撮影された写真内に車を合成し、好みの構図で撮影することが出来る。
写真は空間情報と光情報を持っており、斜面であれば車は傾き、光源があればボディ表面が光を反射するため、実車さながらの撮影が可能である。オフライン可。

収録車種[編集]

収録される車モデルは今作で全て作り直された。「自動車メーカーが製造に使用するCADデータを除けば、世界でもっとも高品質、高精度なモデリング」[10]としている。ゲーム内ではブランドセントラルと呼ばれるディーラーでクルマを購入することになる。従来のカーディーラーとは少し異なり、ブランド誕生~現在に至るまでの歴史を振り返ったり、ブランドゆかりの地での写真撮影や、各種ムービーの観覧などを楽しむことができる。2017年4月12日に海外のPlayStationやグランツーリスモ公式Facebookアカウントで、シリーズ史上初となるポルシェも収録されることが発表された[11]。更に2018年2月28日のアップデートでは、シリーズ史上初となるデ・トマソ社からパンテーラが収録された。2017年11月から2018年3月までのアップデートを通じて、発売当初から計50台ほどの車が追加された。

詳細は「『グランツーリスモSPORT』公式収録車種一覧」を参照。

収録コース[編集]

[13]発売当初の収録コースは18ロケーション、28レイアウト。本作では天候・時間変化は削除され、固定となっている。アーケードモードではドライバーレベルを上げることでコースが解放され、レベル20以上で全てのコースが解放される。コース・コースレイアウトはアップデートで順次追加されている。

リアルサーキット[編集]

シティコース[編集]

オリジナルコース[編集]

  • アルザス・ビレッジ(フランス)
  • 京都ドライビングパーク(日本)
  • サン=クロワ・サーキット(フランス)
  • ドラゴントレイル・インターナショナルスピードウェイ(クロアチア
  • ノーザンアイル・スピードウェイ(アメリカ)
  • ブルームーンベイ・スピードウェイ(アメリカ)
  • ブロードビーンレースウェイ(日本)
  • レイク・マジョーレ・サーキット(イタリア)

ダートコース[編集]

  • コロラドスプリングス・レイク(アメリカ)
  • サルディーニャ・ウィンドミルズ(イタリア)
  • フィッシャーマンズ・ランチ(アメリカ)

販売情報・予約特典[編集]

初回限定版 グランツーリスモSPORTリミテッドエディション[14]

早期購入特典「ボーナスカーパック」(3台)

  • マツダ LM55ビジョングランツーリスモ
  • 日産 GT-Rニスモ GT3 N24 シュルツモータースポーツ
  • 三菱 ランサーエボリューションX FINAL EDITION Gr.B ラリーカー
リミテッドエディション内容物
  • スペシャルブックレット
スターターパック(8台)
  • シボレー コルベットC7 Gr.3
  • ダッジ SRT トマホーク ビジョングランツーリスモ(Gr.1)
  • アウディ R18 TDI (Audi Sport Team Joest)
  • フォード フォーカス Gr.B ラリーカー
  • メルセデス・ベンツ AMG GT セーフティーカー
  • TOYOTA FT-1 ビジョングランツーリスモ (Gr.3)
  • プジョー 908 HDi FAP- Team Peugeot Total
  • スバル WRX Gr.3

初回限定版 グランツーリスモSPORT デジタルリミテッドエディション 

早期購入特典「ボーナスカーパック」(3台)

  • マツダ LM55ビジョングランツーリスモ
  • 日産 GT-Rニスモ GT3 N24 シュルツモータースポーツ
  • 三菱 ランサーエボリューションX FINAL EDITION Gr.B ラリーカー

デジタルリミテッドエディション限定特典

  • 一億クレジット(ゲーム内通貨)
  • ヘルメット(ゲーム内コンテンツ)

ダウンロード版リミテッドエディション内容物 スターターパック(8台)

  • シボレー コルベットC7 Gr.3
  • ダッジ SRT トマホーク ビジョングランツーリスモ(Gr.1)
  • アウディ R18 TDI (Audi Sport Team Joest)
  • フォード フォーカス Gr.B ラリーカー
  • メルセデス・ベンツ AMG GT セーフティーカー
  • TOYOTA FT-1 ビジョングランツーリスモ (Gr.3)
  • プジョー 908 HDi FAP- Team Peugeot Total
  • スバル WRX Gr.3

 リバリーステッカーパック

 Play Station 4 アバター

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b グランツーリスモSPORT”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2017年11月10日閲覧。
  2. ^ 【リリース追記】『グランツーリスモ』新作『GT Sport』がPS4で発売決定! 2016年の早い段階でβテストを実施予定【PGW2015】 ファミ通.com 2015年10月28日
  3. ^ PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』発売延期のご案内”. 『グランツーリスモ』公式サイト (2016年8月30日). 2016年8月30日閲覧。
  4. ^ タグ・ホイヤーと『グランツーリスモSPORT』がジュネーブショーでパートナーシップを発表”. 『グランツーリスモ』公式サイト (2017年3月8日). 2017年3月8日閲覧。
  5. ^ ルイス・ハミルトンが「グランツーリスモSPORT」のマエストロとして登場”. 『グランツーリスモ』公式サイト (2017年10月12日). 2017年10月12日閲覧。
  6. ^ http://www.gran-turismo.com/jp/products/gtsport/
  7. ^ http://www.gran-turismo.com/jp/products/gtsport/
  8. ^ 従来シリーズと異なりライセンスが必要なレース等は存在しないため、ゲームの進行において必須となるものではない。
  9. ^ この際、達成度が減少する(0%の場合は影響なし)。
  10. ^ グランツーリスモSPORT 公式サイト
  11. ^ 『グランツーリスモSPORT』にポルシェが登場 グランツーリスモ・ドットコム 2017年4月27日
  12. ^ ブランドセントラルでは日本として表記されている
  13. ^ http://www.gran-turismo.com/jp/products/gtsport/
  14. ^ http://www.gran-turismo.com/jp/products/gtsport/order/

外部リンク[編集]