グラハム (ノースカロライナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラハム
City of Graham, North Carolina
ノースカロライナ州におけるグラハム市の位置
ノースカロライナ州におけるグラハム市の位置
北緯36度3分52秒 西経79度23分53秒 / 北緯36.06444度 西経79.39806度 / 36.06444; -79.39806座標: 北緯36度3分52秒 西経79度23分53秒 / 北緯36.06444度 西経79.39806度 / 36.06444; -79.39806
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州の旗 ノースカロライナ州
アラマンス郡
面積
 • 合計 9.7mi2 (25.1km2)
 • 陸地 9.6mi2 (24.9km2)
 • 水面 0.08mi2 (0.2km2)
標高
653ft (199m)
人口
 • 合計 14,133人
 • 密度 1,472/mi2 (568.2/km2)
等時帯 UTC-5 (東部標準時)
 • 夏時間 UTC-4 (東部夏時間)
郵便番号
27253
市外局番 336
FIPS code 37-27280[1]
GNIS feature ID 1024758[2]
ウェブサイト www.cityofgraham.com

グラハム(またはグレアム: Graham)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の中央部アラマンス郡の都市であり、同郡の郡庁所在地でもある[3]2010年国勢調査での人口は14,153 人だった[4]バーリントン大都市圏に属している。

歴史[編集]

グラハムは1849年、新設されたアラマンス郡の郡庁所在地として設立され、1851年には町として法人化された。1961年、市になった。ノースカロライナ州選出アメリカ合衆国上院議員(在任1840年-1843年)およびノースカロライナ州知事(在任1845年-1849年)を務めたウィリアム・アレクサンダー・グラハムにちなんで市名が付けられた。

グラハム市にあるアメリカ合衆国国家歴史登録財としては、次のものがある[5][6]。アラマンス郡庁舎、シーダロック公園歴史地区、グラハム歴史地区、ウィリアム・P・モロー邸、北メインストリート歴史地区、オナイダ・コットンミルズとスコット・メベイン製造会社複合施設。

地理[編集]

グラハム市は北緯36度3分52秒 西経79度23分53秒 / 北緯36.06444度 西経79.39806度 / 36.06444; -79.39806 (36.064486, -79.397941)に位置している[7]。北と西はバーリントン市、北東はホーリバー町と接している。ホー川がグラハム市の東縁を流れ、市は南のアラマンス・クリークまで伸びている。州間高速道路85号線が市内を通り、東はダーラム、西はグリーンズボロとを繋いでいる。

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は9.7平方マイル (25.1 km2)であり、このうち陸地9.6平方マイル (24.9 km2)、水域は0.077平方マイル (0.2 km2)で水域率は0.67%である[4]

気候[編集]

グラハム市地域の気候は比較的高温と、年間を通じて均等にある降水とが特徴である。ケッペンの気候区分では温暖湿潤気候であり、略号は"Cfa"である[8]

教育[編集]

グラハム市の公共教育はアラマンス・バーリントン教育体系と呼ばれ、1996年にアラマンス郡教育体系とバーリントン市教育体系の合併で創設された。

公立学校は以下のものがある

  • グラハム高校[9]
  • サザン・アラマンス高校[10]
  • グラハム中学校[11]
  • サザン中学校[12]
  • アレクサンダー・ウィルソン小学校[13]
  • B・エバレット・ジョーダン小学校[14]
  • ノースグラハム小学校[15]
  • サウスグラハム小学校[16]

私立学校には以下のものがある。

  • アラマンス・クリスチャン学校[17]

グラハム市内には2年制の工科カレッジであるアラマンス・コミュニティカレッジがある。

人口動態[編集]

人口推移
人口
1870502
1880379−24.5%
1890991161.5%
19002,052107.1%
19102,50422.0%
19202,366−5.5%
19302,97225.6%
19404,33946.0%
19505,02615.8%
19607,72353.7%
19708,1725.8%
19808,6746.1%
199010,42620.2%
200012,83323.1%
201014,15310.3%
2014(推計)14,479[18]2.3%
U.S. Decennial Census[19]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[1]

基礎データ

  • 人口: 12,833 人
  • 世帯数: 5,241 世帯
  • 家族数: 3,385 家族
  • 人口密度: 609.5人/km2(1,579.3 人/mi2
  • 住居数: 5,685 軒
  • 住居密度: 270.0軒/km2(699.6 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.0%
  • 18-24歳: 9.9%
  • 25-44歳: 31.8%
  • 45-64歳: 20.1%
  • 65歳以上: 14.1%
  • 年齢の中央値: 34歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 90.1
    • 18歳以上: 86.4

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 29.9%
  • 結婚・同居している夫婦: 44.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 16.2%
  • 非家族世帯: 35.4%
  • 単身世帯: 30.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.37人
    • 家族: 2.91人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 35,706米ドル
    • 家族: 40,769米ドル
    • 性別
      • 男性: 27,844米ドル
      • 女性: 22,163米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,865米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 14.9%
    • 対家族数: 11.9%
    • 18歳未満: 19.8%
    • 65歳以上: 14.9%

脚注[編集]

  1. ^ a b American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  2. ^ US Board on Geographic Names”. United States Geological Survey (2007年10月25日). 2008年1月31日閲覧。
  3. ^ Find a County”. National Association of Counties. 2011年6月7日閲覧。
  4. ^ a b Geographic Identifiers: 2010 Demographic Profile Data (G001): Graham city, North Carolina”. U.S. Census Bureau, American Factfinder. 2013年6月28日閲覧。
  5. ^ National Park Service (2010-07-09). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service.
  6. ^ National Register of Historic Places Listings”. Weekly List of Actions Taken on Properties: 6/09/14 through 6/13/14. National Park Service. 2014年6月20日閲覧。
  7. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990”. United States Census Bureau (2011年2月12日). 2011年4月23日閲覧。
  8. ^ Climate Summary for Graham, North Carolina
  9. ^ Graham High School
  10. ^ Southern Alamance High School
  11. ^ Graham Middle School
  12. ^ Southern Middle School
  13. ^ Alexander Wilson Elementary School
  14. ^ B. Everett Jordan Elementary School
  15. ^ North Graham Elementary School
  16. ^ South Graham Elementary School
  17. ^ Alamance Christian School
  18. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places: April 1, 2010 to July 1, 2014”. 2015年6月4日閲覧。
  19. ^ Census of Population and Housing”. Census.gov. 2015年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]