グライツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グライツ
グライツ, テューリンゲン州
グライツ, テューリンゲン州
Coat of arms of グライツ
グライツの位置(ドイツ内)
グライツ
グライツ
座標 北緯50度39分 東経12度12分 / 北緯50.650度 東経12.200度 / 50.650; 12.200座標: 北緯50度39分 東経12度12分 / 北緯50.650度 東経12.200度 / 50.650; 12.200
行政
ドイツ
テューリンゲン州
グライツ郡
町区分 16
市長 Gerd Grüner (ドイツ社民党)
基礎統計
面積 76.30 km2 (29.46 sq mi)
標高 265 m  (869 ft)
人口 21,042 (2014年12月31日)[1]
 - 人口密度 276 /km2 (714 /sq mi)
その他
標準時 CET/CEST (UTC+1/+2)
ナンバープレート GRZ
郵便番号 07961–07973
電話番号 03661
ウェブサイト www.greiz.de

グライツドイツ語: Greiz)はドイツテューリンゲン州グライツ郡の都市。ゲーラの南南東約25キロメートル、エルツ山地の北麓、ヴァイセ・エルスター川沿いに位置する。

歴史[編集]

グライツにあるロイス家の城館、Oberes Schloss(左奥)とUnteres Schloss(右手前)

13世紀以来、ロイス家が当地を治めた。市内には2つの城、Oberes SchlossUnteres Schlossがある。

ロイス家は16世紀に「兄系ロイス家」と「弟系ロイス家」に大きく分かれ、その後も分割相続を繰り返して多くの家門が出た。グライツは、兄系ロイス家の中心地のひとつであった。1768年、ロイス=オーバーグライツ伯家のハインリヒ11世 (de:Heinrich XI. (Reuß-Greiz)は、断絶した同系のロイス=ウンターグライツ伯家を統合してロイス=グライツ伯家を創設。1778年、ロイス=グライツ伯家が諸侯の地位を得てロイス=グライツ侯国(兄系ロイス侯国)が成立し、グライツはその首都となった。

1918年、ドイツ革命が起き、ドイツ帝国が崩壊すると、君主制が廃止されて侯国は消滅した。兄系・弟系の両ロイス侯国の領域にはロイス共和国 (de:Volksstaat Reuß(首都:ゲーラ)が成立したが、1920年にはテューリンゲン州 (de:Land Thüringen (1920–1952)に統合された。

出典[編集]

外部リンク[編集]