グッリエルモ・フェッレーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

グッリエルモ・フェッレーロGuglielmo Ferrero1871年7月21日1942年8月3日)はイタリアの歴史学者、記者・編集者、小説家。「ローマの偉大さと凋落(5巻組、1907年から1909年にかけて、英訳された後に出版された)」の著者。フェッレーロは自分の著作を古典的自由主義に捧げ、あらゆる種類の独裁制もしくは大きな政府(国民の生活を支配する政府)に反対した。

経歴[編集]

ナポリの近く、ポルティチに生まれる。ピサボローニャトリノで法律を学ぶ。その後ほどなくしてジーナ・ロンブローゾと結婚する[1]。妻の父親は犯罪学者であり精神科医でもあったチェーザレ・ロンブローゾである。後にフェッレーロはチェーザレと共に、「女子犯罪者」、「売春婦」、「正常な女性」といった著作を著すことになる。1891年から1894年にかけて、フェッレーロはくまなくヨーロッパを旅して、1897年に「若きヨーロッパ」を著した。この著作はジェイムズ・ジョイスに大きな影響を与えた[2][3]

ローマ帝国の歴史を研究した後、フェッレーロは政治に関する小論文や小説に取り掛かり、1913年には「二つの世界の間に」、1925年には「耳が聞こえぬ者への演説」、1933年から1939年にかけて「二つの真実」を著している。1925年に、黒シャツ隊というファシストの統治下で自由主義的知識人がイタリアを追われた際には、フェッレーロは出国を拒否したため、自宅に軟禁されている。1929年、フェッレーロはジュネーヴの国際研究大学院で教授職に就く。フェッレーロの最後の著作群(「賭け-イタリアのボナパルト一家」、「ヨーロッパの再建」、「権力論」、「二つのフランス革命」)は、フランス革命ナポレオンに捧げられている。1935年には、娘のニーナ・フェッレーロがユーゴスラヴィア外交官ボグダン・ラディッツアと結婚している。

1908年には、フェッレーロは、アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズヴェルトからホワイトハウスに招かれている。その後、アメリカ国内の東北部で講義を行い、その内容が収集されて1909年に「ローマの歴史の特徴と出来事」と題して出版されている。なお、セオドア・ルーズヴェルトは「ローマの偉大さと凋落」を読了したということである。

1942年スイスヴヴェイの近くのモン・ペルランで死去。

脚注[編集]

  1. ^ They had a son, Leo Ferrero (1903-1933), who was a playwright.
  2. ^ Humphreys, Susan L. (1979). "James Joyce's Debt to Guglielmo Ferrero," James Joyce Quarterly, Vol. 16, No. 3, pp. 239–251.
  3. ^ Pappalardo, Salvatore (2011). "Waking Europe: Joyce, Ferrero and the Metamorphosis of Irish History", Journal of Modern Literature, Vol. 34, No. 2, pp. 154–177.

参考文献[編集]

  • Cook, Thomas I. (1952). "Guglielmo Ferrero (1871-1942) and the Bi-Polar World," The Western Political Quarterly, Vol. 5, No. 1, pp. 20–30.

外部リンク[編集]