グッド・ガール・ゴーン・バッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グッド・ガール・ゴーン・バッド
(Good Girl Gone Bad)
リアーナスタジオアルバム
リリース
録音 2006年10月 – 2007年4月
ウエストレイク・レコーディング・スタジオ
(カリフォルニア州ロサンゼルス)
ジャンル R&B ポップ・ミュージック
時間
レーベル デフ・ジャム
プロデュース Evan Rogers, Carl Sturken, Christopher "Tricky" Stewart, Stargate, Timbaland, J. R. Rotem, Neo Da Matrix, Ne-Yo, Shea Taylor, Hannon Lane
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示
グッド・ガール・ゴーン・バッド+3
(Good Girl Gone Bad:Reloaded)
リアーナスタジオアルバム
リリース
録音 2006-2008年
ジャンル R&B ポップ
時間
レーベル デフ・ジャム
プロデュース Evan Rogers, Carl Sturken, Christopher "Tricky" Stewart, Stargate, Timbaland, J. R. Rotem, Neo Da Matrix, Ne-Yo, Shea Taylor, Hannon Lane
テンプレートを表示

『グッド・ガール・ゴーン・バッド』(原題:Good Girl Gone Bad)は、リアーナの通算3枚目のアルバム。

アルバム概要[編集]

前作からほぼ1年という短いサイクルでリリースされた作品。 本国アメリカでのリリースに先駆けて、日本で先行発売された。 アルバムからの先行シングル「アンブレラ」が、全米シングルチャートで、7週連続1位と、自身最大のヒットとなる。 その後、アルバムからのシングルが次々とヒットし、後述の再発盤を含め、3曲の全米1位を獲得する大ヒットアルバムとなった。

グッド・ガール・ゴーン・バッド+3[編集]

『グッド・ガール・ゴーン・バッド』からほぼ1年後にリリースされた、再発盤。 『グッド・ガール・ゴーン・バッド』に新たに3曲(「テイク・ア・バウ」・「ディスタービア」・「イフ・アイ・ネヴァー・シー・ユア・フェイス・アゲイン」)が追加されている。 イギリス・アメリカでのバージョンには、「アンフェイスフル」、「ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー」など4曲のライブ映像付きのDVDが特典として付いている。

チャートパフォーマンス[編集]

  • 日本 

オリコンアルバムチャートでは、初登場7位を記録。 後にRIAJでは、ゴールドディスクに認定された。 再発盤である、『グッド・ガール・ゴーン・バッド+3』は、最高位95位と低調な売り上げに留まっている。

  • アメリカ

全米アルバムチャートでは、初動で16万枚を超える売り上げを記録したものの、ティー・ペインにわずかな差で敗れ初登場2位と、自身初のアルバムチャート1位はお預けとなった。 再発盤のリリース後には、124位から7位への大ジャンプアップを記録。 RIAAでは、ダブルプラチナに認定された。

  • イギリス

全英アルバムチャートでは、初動で5万枚を超える売り上げで初登場1位を記録。リアーナにとって初の全英アルバムチャート1位となった。 その後も好調な売り上げを記録し、2007年の年間アルバムチャートで10位に食い込んだ。 再発盤をリリース後も勢いは衰えず、2008年の年間チャートでは6位という高位置にランクインした。

世界的にみると、700万枚を超える売り上げを記録し、10ヶ国以上で1位を獲得。 2007年の売り上げは世界13位、2008年では7位と世界的ヒットとなった。

シングル[編集]

アルバムの売り上げ以上に、このアルバムからのシングルは大成功を収めている。 再発盤を含め、8曲のシングルがカットされ、内3曲が全米シングルチャート1位を獲得。 また、8曲中7曲が全米シングルチャートのトップ20にランクインするなど、破格のヒットを記録している。

アルバムからの先行シングル。全米シングルチャート7週連続の1位・全英シングルチャートでは10週連続1位を獲得する大ヒットシングルとなった。 27ヶ国以上で1位を獲得し、現在までに660万枚以上の売り上げを記録(デジタルセールスを含む。)

アルバムからの2ndシングル。アルバムリリースに伴ってシングルカットされ、全米15位を記録。

アルバムからの3rdシングル。(ヨーロッパでは4thシングル。)ニーヨが作曲&客演として参加し、全米7位を記録。

アルバムからの4thシングル。(ヨーロッパでは3rdシングル。)全米最高位3位ながらも、10ヶ国以上で1位を獲得し、世界的ヒットシングルとなった。

アルバムからの5thシングル(再発盤からの先行シングル。)全米&全英1位を獲得。 自身3曲目の全米1位獲得となった。

アルバムからの6thシングル。(再発盤からの2ndシングル。)リアーナ本人がファンだというマルーン5とのコラボ曲であり、マルーン5のアルバム曲のリミックス版である。 全米では、最高位51位と、アルバムからのシングルで唯一トップ40入りを逃した曲である。

アルバムからの7thシングル。(再発盤からの3rdシングル。)恋人と噂されるクリス・ブラウンが作曲&バックコーラスに参加し、PVと共に話題を集めた。 自身4曲目の全米1位を獲得。

アルバムからの8thシングル。アルバム発売から2年以上経った後でのリリースだったが、ジャスティン・ティンバーレイクが出演したPVが話題となり、全米トップ20入りを果たす。

アルバムトラック[編集]

グッド・ガール・ゴーン・バッド

  1. アンブレラ - Umbrella feat. Jay-Z
  2. プッシュ・アップ・オン・ミー - Push Up On Me
  3. ドント・ストップ・ザ・ミュージック - Don't Stop the Music
  4. ブレイキン・ディッシズ - "Breakin' Dishes"
  5. シャット・アップ・アンド・ドライブ - Shut Up and Drive
  6. ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー - Hate That I Love You feat. Ne-Yo
  7. セイ・イット - "Say It"
  8. セル・ミー・キャンディ - "Sell Me Candy"
  9. レミー・ゲット・ザット - "Lemme Get That"
  10. リハブ - Rehab
  11. クエスチョン・イグジスティング - "Question Existing"
  12. グッド・ガール・ゴーン・バッド - "Good Girl Gone Bad"

日本盤ボーナストラック

  1. クライ - "Cry"
  2. ホーンテッド - "Haunted"

グッド・ガール・ゴーン・バッド+3

  1. アンブレラ - Umbrella feat. Jay-Z
  2. プッシュ・アップ・オン・ミー - Push Up On Me
  3. ドント・ストップ・ザ・ミュージック - Don't Stop the Music
  4. ブレイキン・ディッシズ - "Breakin' Dishes"
  5. シャット・アップ・アンド・ドライブ - Shut Up and Drive
  6. ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー - Hate That I Love You feat. Ne-Yo
  7. セイ・イット - "Say It"
  8. セル・ミー・キャンディ - "Sell Me Candy"
  9. レミー・ゲット・ザット - "Lemme Get That"
  10. リハブ - Rehab
  11. クエスチョン・イグジスティング - "Question Existing"
  12. グッド・ガール・ゴーン・バッド - "Good Girl Gone Bad"
  13. クライ - "Cry" 日本盤ボーナストラック
  14. ホーンテッド - "Haunted" 日本盤ボーナストラック
  15. ディスタービア - Disturbia
  16. テイク・ア・バウ - Take A Bow
  17. イフ・アイ・ネヴァー・シー・ユア・フェイス・アゲイン - If I Never See Your Face Again feat. Maroon5