グスタフ3世飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グスタフ3世飛行場
グスタフ3世飛行場
IATA: SBH - ICAO: TFFJ
概要
国・地域 フランスの旗 フランス
所在地 サン・バルテルミー島
種類 公共
標高 15 m (48 ft)
座標 北緯17度54分15秒 西経62度50分37秒 / 北緯17.90417度 西経62.84361度 / 17.90417; -62.84361座標: 北緯17度54分15秒 西経62度50分37秒 / 北緯17.90417度 西経62.84361度 / 17.90417; -62.84361
地図
空港の位置(サン・バルテルミー島)
空港の位置(サン・バルテルミー島)
SBH/TFFJ
空港の位置(サン・バルテルミー島)
滑走路
方向 長さ (m) 表面
10/28 650 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
滑走路

グスタフ3世飛行場: Gustaf III Airport)は、カリブ海フランスサン・バルテルミー島にある飛行場。

短い滑走路や、ビーチや道路上を通過する進入路が特徴的であり、ヒストリーチャンネルにおいて「世界で最も危険な空港」第3位に選ばれている[1]

名称[ソースを編集]

サン・バルテルミー飛行場Saint Barthélemy Airport)やセント・バーツ空港St. Barts Airport)、サン・ジャン飛行場Aérodrome de St Jean)とも呼ばれる。

概要[ソースを編集]

主都のグスタビアと同様、島をかつて領有したスウェーデン1784年から1877年まで)のグスタフ3世に因んで名付けられた。

約20人乗りの小型機で、ほかのカリブの島々との間に民間航空機や空港のチャーター機が発着する。小高い丘が多い小さな島の中でようやく滑走路を設定することのできる狭い平地に立地するため、滑走路が650mしかない。道路の真上を横切り、カリブ海のビーチを通って飛行機が着陸する状況は、規模こそ異なるがシント・マールテン島オランダ領)のプリンセス・ジュリアナ国際空港と似ている。

エアー・カリビアングアドループ及びサン・マルタン線、セント・バーツ・コミューター及びウィンドワード・アイランズ航空のシント・マールテン線、トレードウィンズ航空サンフアン線などがある。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ ヒストリーチャンネル「MOST EXTREME AIRPORTS」

外部リンク[ソースを編集]