グスタフ・マハティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グスタフ・マハティ
Gustav Machatý
生年月日 (1901-05-09) 1901年5月9日
没年月日 (1963-12-13) 1963年12月13日(62歳没)
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国プラハ
死没地 西ドイツの旗 西ドイツミュンヘン
職業 映画監督脚本家俳優
主な作品
春の調べ』(1933年)
テンプレートを表示

グスタフ・マハティ(Gustav Machatý、1901年5月9日 - 1963年12月13日)は、チェコスロバキア映画監督脚本家俳優。主な作品は、1933年の映画『春の調べ』など。第二次世界大戦後、西ドイツへ移住して映画学校で教鞭をとった。

フィルモグラフィ[編集]

  • Teddy by kouřil (1919年、監督)
  • Kreutzerova sonáta (1927年、監督・脚本)
  • Švejk v civilu (1927年、監督)
  • Schwejk in Zivil (1928年、監督)
  • Erotikon (1929年、監督・脚本)
  • Ze soboty na neděli (1931年、監督・脚本)
  • Načeradec král kibiců (1931年、監督・脚本)
  • 春の調べ』 - Extase (1933年、監督・脚本)
  • 『春の流れ』 - Nocturno (1933年、監督・脚本・出演)
  • 『春愁』 - Ballerine (1936年、監督・脚本)
  • The Wrong way out (1938年、監督)
  • Within the law (1939年、監督)
  • Jealousy (1945年、監督・脚本)
  • Hledané dítě 312 (1955年、監督・脚本)
  • 『ヒトラー暗殺』 - Es geschah am 20. Juli (1955年、脚本)

出典[編集]