グスタフ・ピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピックの記念銘板。辻馬車が描かれている
ウィーン中央墓地のピックの墓

グスタフ・ピックドイツ語: Gustav Pick1832年12月10日 - 1921年4月29日)は、オーストリア作曲家

ハンガリーからのユダヤ人移民で、銀行員として働いていた[1]。彼が1885年に作曲した『ウィーンの辻馬車の歌』は、当時の人気コメディアンが歌い、爆発的な人気を博した[1]ウィーン中央墓地にその墓がある。

出典[編集]

  1. ^ a b 岡田(2012) p.182

参考文献[編集]

  • 岡田暁生『楽都ウィーンの光と陰:比類なきオーケストラのたどった道』小学館、2012年2月5日。ISBN 978-4-09-388237-8

外部リンク[編集]