グザンブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Xambes
Xambes mairie.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) シャラント県
Blason département fr Charente.svg
(arrondissement) アングレーム郡
小郡 (canton) サンタマン=ド=ボワ小郡
INSEEコード 16423
郵便番号 16330
市長任期 ジャン=ルイ・スタジアク
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de la Boixe
人口動態
人口 292人
2011年
人口密度 56人/km2
地理
座標 北緯45度49分38秒 東経0度06分20秒 / 北緯45.8272度 東経0.1056度 / 45.8272; 0.1056座標: 北緯45度49分38秒 東経0度06分20秒 / 北緯45.8272度 東経0.1056度 / 45.8272; 0.1056
標高 平均:m
最低:67 m
最高:131 m
面積 5.25km2
Xambesの位置(フランス内)
Xambes
Xambes
テンプレートを表示

グザンブXambes)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏シャラント県コミューン

地理[編集]

グザンブは、アングレームの北約20km、サンタマン=ド=ボワの北西約4kmに位置する小さな町である。シャラント川谷とボワの森の間にある。

町の地盤は、ジュラ紀からの石灰岩からなるカルストである。

町を横切る水路はない。しかしながらコミューンの南端にセプ・フォンという名の水源があり、小さな小川となって南へ流れシャラント川に合流する。町のふもとには泉がある[1]

最寄の鉄道駅は、TERポワトゥー=シャラント路線が通じるリュクセ駅である。2017年にはLGV南ヨーロッパ大西洋線の線路がコミューンを通過する予定である[2]

歴史[編集]

グザンブは、アングレームのバソー港から伸びる道の途上にある[3]

11世紀初頭のグザンブは、巡礼でにぎわう地であった。

1793年にコミューンとなったときのつづりはXambre、1801年にXambeとなり、その後現在のXambesとなった。

史跡[編集]

  • ノートルダム教会 - 11世紀。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
289 300 284 297 320 320 312 292

参照元:1999年までEHESS[4]、2004年以降INSEE[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Distances orthodromiques prises sous ACME Mapper
  2. ^ La future ligne TGV Sud Europe Atlantique en Charente
  3. ^ André Debord, La société laïque dans les pays de la Charente Xe-XIIe s., Picard, 1984, 585 p. (ISBN 2-7084-0112-2, présentation en ligne [archive]), p. 356
  4. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=41355
  5. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  6. ^ http://www.insee.fr