クー嶺街少年殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「牯嶺街少年殺人事件」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
牯嶺街少年殺人事件
タイトル表記
繁体字 牯嶺街少年殺人事件
ピン音 Gǔ lǐng jiē shàonián shārén shìjiàn
英題 A Brighter Summer Day
各種情報
監督 エドワード・ヤン
脚本 ヤン・ホンカー
ヤン・シュンチン
ライ・ミンタン
製作 ユー・ウェイイン
製作総指揮 チャン・ホンチー
出演者 チャン・チェン
リサ・ヤン
撮影 チャン・ホイゴン
配給 ヒーロー・コミュニケーションズ
公開 台湾の旗 台湾1991年7月27日
日本の旗 日本1992年4月25日
上映時間 188分(1992年4月)
237分(1992年6月)
236分(2017年3月)
製作国 台湾の旗 台湾
言語 中国語、台湾語、上海語
テンプレートを表示

牯嶺街少年殺人事件』(クーリンチェしょうねんさつじんじけん、原題:牯嶺街少年殺人事件、英題:A Brighter Summer Day)は1991年台湾映画

概要[編集]

1961年6月に台湾で起こり、当時思春期だったエドワード・ヤン監督に衝撃を与えた、中学生男子による同級生女子殺傷事件をモチーフにした青春映画1950年代末期から1960年にかけてが時代背景であり、エルビス・プレスリーに憧れる少年やごく普通の少年たちの風景や心情、そして事件に至ってしまった少年の心の機微まで描いている。

第28回金馬奨で最優秀作品賞を受賞。第4回東京国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門審査員特別賞、国際批評家連盟賞受賞。1995年には、イギリスのBBCによる「21世紀に残したい映画100本」に選出。2015年には釜山国際映画祭のアジア映画ベスト100の第8位に選出された。

日本では188分バージョンが最初に劇場公開され、1992年6月から237分バージョンが劇場公開。監督は188分版を決定版としていた[1][2]。ビデオリリースは4時間版のみで、1998年のリバイバル上映では188分版が上映された。

高い評価を受けながらも、日本での興行は惨敗した[3]。その上、配給とソフト発売元となったヒーロー・コミュニケーションズの1995年の倒産により[4]、一時は上映や再ソフト化が困難と言われていた[5]。本作に衝撃を受けたという台湾の映画監督トム・リンは2008年公開の自作『九月に降る風』で映像を引用したかったが、権利が台湾と日本で複数の会社に複雑に分散しているために諦めざるを得なかったという[6]シネマヴェーラ渋谷の館主である内藤篤によれば、ヒーロー・コミュニケーションズ倒産後の日本国内の権利者を把握して素材が存在するのも確認しているが、特殊な会社が所有していると語っていた[7]

だが、エドワード・ヤンの生誕70年、没後10年となる2017年3月に、日本では約25年ぶりに3時間56分のデジタルリマスター版が公開された。それに先立って2016年10月25日から開催された第29回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門でプレミア上映された[8]

ストーリー[編集]

中学生のスゥ(チャン・チェン)は移民の子で、学校では不良グループのメンバーと仲良くなったり、同級生にはプレスリーに憧れたりと多感な時期を過ごしていた。兄貴も頭は良いがゴロツキと仲良くなっていく。そんな中不良グループのボスの彼女だというミンという女の子に淡い恋心を抱くようになる。

キャスト[編集]

  • 張震(チャン・チェン)- 主人公の少年
  • 楊静恰(リサ・ヤン)
  • 張國柱(チャン・クォチュー)- 少年の父(実際にも張震の父親である)
  • 金燕玲(エイレン・チン)
  • 張翰(チャン・ハン)- 少年の兄(実際にも張震の兄である)
  • 美秀瓊(チェン・シャンチー)
  • 頼梵耘
  • 王啓讃(ワン・チーザン)
  • 柯宇綸(クー・ユールン)
  • 林鴻銘(リン・ホンミン)
  • 譚至剛(タン・チーガン)

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 江戸木純『地獄のシネバトル 世紀末映画読本』洋泉社、1993年、p.132
  2. ^ 森卓也「キネマ当方見聞録 (14)植民地支配、そしてその後」『キネマ旬報』2010年1月上旬号、p.107
  3. ^ 大高宏雄『興行価値』鹿砦社、1996年、p.187
  4. ^ 大高(1996)、p.366
  5. ^ 別冊映画秘宝編集部編『別冊映画秘宝 凶悪の世界映画事件史』洋泉社、2013年、p.174
  6. ^ 「LONG INTERVIEWトム・リン監督」『キネマ旬報』2009年9月上旬号、p.69
  7. ^ 内藤篤岡田秀則藤井仁子「映画観客の意識を求めて」『映画芸術』第421号2007年秋号、p.41
  8. ^ エドワード・ヤン監督『牯嶺街少年殺人事件』が25年ぶり劇場公開 CINRA.NET 2016/09/21

外部リンク[編集]