クー・フーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クランの猛犬を倒す少年時代のクー・フーリン, Stephen Reid,1904

クー・フーリンアイルランド語: Cú Chulainn)は、ケルト神話の半神半人の英雄。クー・フランクー・フリンク・ホリンクー・ハランクークリンクー・クランキュクレインとも。

父は太陽神ルーもしくはスアルタム英語版[注釈 1]、母はコノア王の妹デヒテラ英語版Deichtine)。 幼名はセタンタ(Sétanta[注釈 2]

灰色のマハ(Macha)と黒色のセングレン(Sainglain)の二頭の馬が引くチャリオットに乗る。髪は百本の宝石の糸で飾られ、胸には百個の金のブローチを付けた美しい容貌だが、いざ戦いが始まると激しく痙攣し、額からは光線を発してあごが頭くらいの大きさになる。両目の間には七つの瞳が生じ、片方の目は頭の内側に入り、もう片方は外側へ飛び出す。手足の指は七本に増え、両頬には黄・緑・赤・青の筋が浮かぶ。電流のように逆立った髪は根本では黒いものの先端に向かうほど赤く変色し、そこから血が滴るほどの恐ろしい形相に変貌するという。

説話[編集]

少年時代[編集]

コノア王が鍛冶屋のクランフランス語版(Culann クーリン)の館に招かれた際、セタンタにも声を掛けるが、セタンタはハーリングの最中であったので終わってから行くと答えた。しかし、王がそれを伝え忘れた為に、館にはクランの番犬が放たれてしまう。そうと知らずに館に一人でやって来たセタンタは、この番犬に襲われるがたった一人で番犬を絞め殺してしまう。猛犬として名高い自慢の番犬を失い嘆くクランに、セタンタは自分がこの犬の仔を育て、更にその仔が育つまで番犬としてクランの家を守ると申し出た(また、この時の事をきっかけに「決して犬の肉は食べない」と言うゲッシュ(禁忌)を立てた)。この事件をきっかけに、セタンタはクー・フーリン(クランの猛犬)と呼ばれるようになる[注釈 3]

青年時代[編集]

ある日のこと、クー・フーリンはドルイドカスバド英語版が、今日騎士になるものはエリンに長く伝えられる英雄となるが、その生涯は短いものとなるという予言をしたのを聞き、騎士となるべく王の元へと向かった。騎士になるにはまだ早いと渋る王に対して、クー・フーリンはをへし折り、をへし曲げ、チャリオットを踏み壊して自身の力を見せつける。観念した王はクー・フーリンが騎士になるのを許し、彼の力にも耐えられる武器とチャリオットを与えた。

"チャリオットに乗り戦いに挑むクー・フーリン", J. C. Leyendecker in T. W. Rolleston's ケルト人の神話と伝説, 1911年

クー・フーリンは、フォルガル英語版の娘エメル英語版に求婚するが断られたため、影の国を訪れ女王スカアハの下で修行を行う。この時共に修行を行った仲間に、コノートフェルディアがおり、彼とクー・フーリンは親友となる。修行中、影の国ではスカアハと対立するオイフェ(一説には双子の姉妹)との間に戦争が起こった。スカアハはクー・フーリンが戦場に出ることのないように睡眠薬を与えるが、クー・フーリンには効き目が薄く彼を止めることができなかった。戦いは膠着し、オイフェは一騎討ちで決着を付けようとするがスカアハは負傷していたため、代わりにクー・フーリンがオイフェと一騎討ちを行い、屈服させて生け捕りにした(これによってオイフェはクー・フーリンの妻にされ、後に息子であるコンラを授かるが、クー・フーリンはこれを知らなかった)。スカアハの下には彼以外にも修行を行う仲間がいたが、その中でただ一人ゲイボルグを授かる。その後、帰国したクー・フーリンだが、フォルガルはエメルとの結婚を許さなかったので、フォルガルを打倒してエメルを娶った。

クーリーの牛争いに端を発するコノートの女王メイヴとの戦いで、止むを得なかったとはいえ、修業時代の親友フェルディアをゲイボルグで殺してしまい、後に彼を訪ねてきた息子コンラもやはりゲイボルグで殺してしまう(これはコンラの存在を知らなかった為)。ゲッシュを破ったために(一説ではオイフェらの策略によって次々と破らされたとも)半身が痺れたところを敵に奪われたゲイボルグに刺し貫かれて命を落とすが、その際、こぼれ落ちた内臓を水で洗って腹におさめ、石柱に己の体を縛りつけ、最後まで倒れることがなかったという。

持物[編集]

[編集]

スカータハに、あるいは説話によってはアイフェに授かったとされる超自然的な槍。

[編集]

クーリーの牛争い』ではフェルグス・マク・ロイヒカラドボルグで丘の頂を3回薙ぎ払った後、クー・フーリンが同様に丘の頂を3回薙ぎ払う場面がある。写本によってはこの時クー・フーリンが使った剣をクルージーンであるとするものがある。

[編集]

法文章を中心に編纂された ダブリン大学トリニティカレッジ図書館写本 1336 に所収された説話『クー・フーリンの盾』 ("Sciath Con Culainn") には、彼が Duban という名の盾を手に入れた顛末が記されている。 クー・フーリンに盾の制作を依頼された職人は、とある事情がありこれを拒否せざるをえなかった。 クー・フーリンは「盾を制作しなければお前の命は無い物と思え」と職人を脅迫したが、職人は自身がコンホヴァル王の庇護下にあると主張し、態度を変えなかった。 しかしクー・フーリンは聞く耳を持たず「コンホヴァル王に保護を求めようがそれでも職人を殺す」との言葉を残し、去っていった。 職人は頭を抱えてしまった。盾には所有者固有の彫刻を施す法律がアルスターには定められており、彼はこれ以上の図像のアイデアが浮かばなかったのである。ところがそこに、職人に同情的な Dubdetba という超自然的人物が現れ、図像の案を提供した。彼の助力を得てクーフーリンの盾 Duban はめでたく完成した。[注釈 4]

"Scéla Conchobair英語版"はクーフーリンの盾の名を Fuban であるとするが、ストークスによればこれは Duban の筆写ミスの可能性もある。

政治的利用[編集]

アイルランド民族主義からの利用例、「死に瀕したクー・フーリン」像。
連合主義からの利用例。クー・フーリンが描かれたミューラル英語版

イギリスからの独立を主張するアイルランド民族主義英語版とイギリスとの連合を主張する連合主義英語版、対立する両主義は共に政治的シンボルとしてクー・フーリンを掲げている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スアルタムもクー・フーリン同様にマハの呪いを受けていなかった(リース 2001, p. 640)。
  2. ^ 稿本によってはセタンタという名の名付け親はケト・マク・マーガハ英語版であるとされる(マイヤー 2001, p. 91)。
  3. ^ ケルトの戦士の名前に「犬」が使われるのは珍しいことではない。コノア王(コンホヴァル)も、後にクー・フーリンと戦うことになるクー・ロイ英語版もその名に犬が含まれている(マルカル 2001, p. 20)。
  4. ^ 写本や伝承を編集し翻訳したグレゴリー夫人の『ムルテウネのクーフーリン英語版』にはこの説話に相当する箇所がある。

出典[編集]

  1. ^ 佐藤, p. 56.

参考文献[編集]

関連項目[編集]