クー・フーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クランの猛犬を倒す少年時代のクー・フーリン, Stephen Reid,1904

クー・フーリンアイルランド語: Cú Chulainn)は、ケルト神話の半神半人の英雄。クー・フランクー・フリンク・ホリンクー・ハランクークリンクー・クランキュクレインとも。

父は太陽神ルーもしくはスアルタム英語版[注釈 1][注釈 2]、母はコノア王の妹デヒテラ英語版Deichtine)。 幼名はセタンタ(Sétanta[注釈 3][注釈 4]

灰色のマハ(Macha)と黒色のセングレン(Sainglain)の二頭の馬が引くチャリオットに乗る。髪は百本の宝石の糸で飾られ、胸には百個の金のブローチを付けた美しい容貌だが、いざ戦いが始まると激しく痙攣し、額からは光線を発してあごが頭くらいの大きさになる。両目の間には七つの瞳が生じ[注釈 5]、片方の目は頭の内側に入り、もう片方は外側へ飛び出す。手足の指は七本に増え、両頬には黄・緑・赤・青の筋が浮かぶ。電流のように逆立った髪は根本では黒いものの先端に向かうほど赤く変色し、そこから血が滴るほどの恐ろしい形相に変貌するという。

説話[編集]

少年時代[編集]

コノア王が鍛冶屋のクランフランス語版(Culann クーリン)の館に招かれた際、セタンタにも声を掛けるが、セタンタはハーリングの最中であったので終わってから行くと答えた。しかし、王がそれを伝え忘れた為に、館にはクランの番犬が放たれてしまう。そうと知らずに館に一人でやって来たセタンタは、この番犬に襲われるがたった一人で番犬を絞め殺してしまう。猛犬として名高い自慢の番犬を失い嘆くクランに、セタンタは自分がこの犬の仔を育て、更にその仔が育つまで番犬としてクランの家を守ると申し出た(また、この時の事をきっかけに「決して犬の肉は食べない」と言うゲッシュ(禁忌)を立てた)。この事件をきっかけに、セタンタはクー・フーリン(クランの猛犬)と呼ばれるようになる[注釈 6]

青年時代[編集]

ある日のこと、クー・フーリンはドルイドカスバド英語版が、今日騎士になるものはエリンに長く伝えられる英雄となるが、その生涯は短いものとなるという予言をしたのを聞き、騎士となるべく王の元へと向かった。騎士になるにはまだ早いと渋る王に対して、クー・フーリンはをへし折り、をへし曲げ、チャリオットを踏み壊して自身の力を見せつける。観念した王はクー・フーリンが騎士になるのを許し、彼の力にも耐えられる武器とチャリオットを与えた。

"チャリオットに乗り戦いに挑むクー・フーリン", J. C. Leyendecker in T. W. Rolleston's ケルト人の神話と伝説, 1911年

クー・フーリンは、フォルガル英語版の娘エメルに求婚するが断られたため、影の国を訪れ女武芸者スカアハの下で修行を行う。この時共に修行を行った仲間に、コノートフェルディアがおり、彼とクー・フーリンは親友となる。修行中、影の国ではスカアハと対立するオイフェ(一説には双子の姉妹)との間に戦争が起こった。スカアハはクー・フーリンが戦場に出ることのないように睡眠薬を与えるが、クー・フーリンには効き目が薄く彼を止めることができなかった。戦いは膠着し、オイフェは一騎討ちで決着を付けようとするがスカアハは負傷していたため、代わりにクー・フーリンがオイフェと一騎討ちを行い、屈服させて生け捕りにした(これによってオイフェはクー・フーリンの妻にされ、後に息子であるコンラを授かるが、クー・フーリンはこれを知らなかった)。スカアハの下には彼以外にも修行を行う仲間がいたが、その中でただ一人ゲイボルグを授かる。その後、帰国したクー・フーリンだが、フォルガルはエメルとの結婚を許さなかったので、フォルガルを打倒してエメルを娶った。

クーリーの牛争いに端を発するコノートの女王メイヴとの戦いで、止むを得なかったとはいえ、修業時代の親友フェルディアをゲイボルグで殺してしまい、後に彼を訪ねてきた息子コンラもやはりゲイボルグで殺してしまう(これはコンラの存在を知らなかった為)。ゲッシュを破ったために(一説ではオイフェらの策略によって次々と破らされたとも)半身が痺れたところを敵に奪われたゲイボルグに刺し貫かれて命を落とすが、その際、こぼれ落ちた内臓を水で洗って腹におさめ、石柱に己の体を縛りつけ、最後まで倒れることがなかったという。

クー・フーリンはその短い生涯において幾多の武勲を建てたものの、そのほとんどで自ら戦いを望まなかった。人々を窮地から救うため、あるいは友や自分たちの名誉を守るため、義侠心からやむにやまれぬ戦いに挑んだ。武人としての名誉と節度を重んじ、女を手に掛けることがなかった[1]

外見[編集]

クー・フーリンの外見は諸説あるものの、『レンスターの書』などの古い写本では「背が小さく、ヒゲも生えていないくらい若い」と表現されている。髪色は黒髪、または金髪と表現されることが多い。また大変美しい容貌であり、クーリーの牛争いでは、戦闘での悪鬼のごとき姿を忘れさせるため、コノートの人々に自らの美しさを見せつけるエピソードが収録されている。

生き残った軍勢の目の前にあらわれた、スアルダウの息子クー・フーリンの勇姿はまことに華麗であった。頭髪の色は三層に染め分けられていた。頭皮に近い根元は黒く、中程は血赤、毛先は黄色で、金の王冠さながらの形に結い上げた髪は襟足で三つ編みにまとめられ、たくみに櫛を入れた幾筋かの細長い巻き毛や、金色に輝く何本かの房毛とともに肩まで垂れていた。うなじには紫金の巻き毛が百筋ほど輝いていた。琥珀のビーズをちりばめた百本の飾り紐が、頭髪全体に彩りを添えていた。左右の頬には各々四つずつえくぼができた――黄色、緑、青、紫のえくぼだった。王者の威厳を放つ左右の目には、各々七つの宝玉がまばゆく光っていた。左右の足先には指が七本ずつ、両手にも指が七本あり、各々の先端から生えた爪――あるいはかぎ爪――には、鷹や鷲獅子に匹敵する強い握力があった。

—キアラン・カーソン, 『トーイン クアルンゲの牛捕り』, P153~154

持物[編集]

[編集]

スカータハに、あるいは説話によってはアイフェに授かったとされる超自然的な槍。

[編集]

クーリーの牛争い』ではフェルグス・マク・ロイヒカラドボルグで丘の頂を3回薙ぎ払った後、クー・フーリンが同様に丘の頂を3回薙ぎ払う場面がある。写本によってはこの時クー・フーリンが使った剣をクルージーンであるとするものがある。

[編集]

法文章を中心に編纂された ダブリン大学トリニティカレッジ図書館写本 1336 に所収された説話『クー・フーリンの盾』 ("Sciath Con Culainn") には、彼が Duban という名の盾を手に入れた顛末が記されている。 クー・フーリンに盾の制作を依頼された職人は、とある事情がありこれを拒否せざるをえなかった。 クー・フーリンは「盾を制作しなければお前の命は無い物と思え」と職人を脅迫したが、職人は自身がコンホヴァル王の庇護下にあると主張し、態度を変えなかった。 しかしクー・フーリンは聞く耳を持たず「コンホヴァル王に保護を求めようがそれでも職人を殺す」との言葉を残し、去っていった。 職人は頭を抱えてしまった。盾には所有者固有の彫刻を施す法律がアルスターには定められており、彼はこれ以上の図像のアイデアが浮かばなかったのである。ところがそこに、職人に同情的な Dubdetba という超自然的人物が現れ、図像の案を提供した。彼の助力を得てクーフーリンの盾 Duban はめでたく完成した。[注釈 7]

"Scéla Conchobair英語版"はクーフーリンの盾の名を Fuban であるとするが、ストークスによればこれは Duban の筆写ミスの可能性もある。

その他の持物[編集]

「空幻魔杖 デル・フリス」
妙技を見せる投げ矢、または早業の杖を意味する[2]

「隠れ蓑」
ティール・タリンギレ(約束の土地)産の生地でこしらえたマント。養父からの贈り物[3]

この他にもクー・フーリンは「喋る剣」を所持していたとの説もあり、彼が多彩な武器を操って戦う戦士であったことが分かる[4]

キリスト教とクー・フーリン[編集]

クー・フーリンは、キリスト教の時代に入ってもしばしばその姿を現す。

アイルランド語による初期の散文に「クー・フーリンの幽霊戦車(シアヴルハルバド・コン・クリン)」という話がある[5]聖パトリックによって蘇ったクー・フーリンが、タラの上王ライガレ・マク・クリウサンをキリスト教に改宗させようとする話である。あらすじは以下の通り。

上王はパトリックに、戦車に乗ったクー・フーリンを復活させてくれたら改宗してやろう、と難題をもちかける。パトリックは言われたとおりにしてみせる。クー・フーリンがあらわれ、異教徒である自分が閉じ込められている地獄について語り、それを聞いた上王は、ただちに洗礼を授けてくれるようパトリックに願い出る。かくして、上王ライガレ・マク・クリウサンの力添えにより、クー・フーリンと彼の戦車と馬達は天国に迎え入れられる。

—キアラン・カーソン, 『トーイン クアルンゲの牛捕り』, P309

クー・フーリンが上王にどのような言葉をかけたのかは、『世界神話伝説大系〈41〉アイルランドの神話伝説』に詳しく記されている。

戦車の中のクフーリンは、やがてラーリに向って言った。彼は、しきりと何かをラーリに説いているようであった。耳を傾けて聞くと、それは次のようなことを言っているのであった。

「神をお信じなさい。聖なるパトリックをお信じなさい。あなたの前に現れたこの幻は、決して悪魔ではありません。スアルタムの息子のクフーリンです」

「お、ラーリよ、海にそして陸に、私はいろいろな艱難を経験しました。しかし、現在嘗めているたった一夜の苦労ほどには、辛くありませんでした。悪魔が怒り狂う夜の苦労ほどには、辛くありませんでした。私が生きている時は、すばらしく勇敢でありました。私は生きている時は、すばらしい手練を知っていました。しかしああ今では、たった一本の指で、悪魔は私を真っ赤に燃えた炭火の中へおし潰してしまうのです」

クフーリンはそう言ったまま、しばらくだまっていた。

—八住利雄, 『世界神話伝説大系〈41〉アイルランドの神話伝説』, P295

またクー・フーリンの享年について、西暦2年27歳にて死亡という説[6]のほかに、イエス・キリストと同じ33歳に死んだとする説もある。キアラン・カーソンは「クー・フーリンの英雄的な生と死は、殺戮を繰り返すにもかかわらず、完璧なキリスト者の生涯として読むことも可能である」と著書にて綴っている[7]

政治的利用[編集]

アイルランド民族主義からの利用例、「死に瀕したクー・フーリン」像。
連合主義からの利用例。クー・フーリンが描かれたミューラル英語版

イギリスからの独立を主張するアイルランド民族主義英語版とイギリスとの連合を主張する連合主義英語版、対立する両主義は共に政治的シンボルとしてクー・フーリンを掲げている[8]

イースター蜂起の指導者の一人、パトリック・ピアースはクー・フーリンを敬愛していたことでも知られている。彼は18歳のころ、クー・フーリンについて以下のように語っている。

もしクーフーリンの物語がヨーロッパのものになっていたならば、ヨーロッパ文学はどんなに豊かなものになっていたことだろう。クーフーリンの物語は世界最高の叙事詩だと思う。完成度においては最高とはいえないが、それでも繰り返していおう、最高の叙事詩だ。ギリシャの物語よりも優れている。ギリシャ悲劇よりも哀れを誘い、しかも同時に精神を昂揚させる。それはクーフーリンの物語が罪なき神による人間の贖罪を象徴しているからだ。原罪の呪いがひとつの民族にかけられる。一人の罪が民族の玄関に運命をもたらす。母の血はその民族につながるが、父は神なる若者はみずからは呪いにかけられていない。若者は勇気によって民族を贖うが、そのために彼は死なねばならぬ。キリスト磔刑の再話のようだ。それとも予言か?[9]

—小辻梅子, 『ケルト的ケルト考』, P85~P86

また、彼が29歳の時に設立した聖エンダ校(St. Enda’s School)の校内には、「もしわたしの名声と行動が後世に生き残るならば、わたしは一昼夜しか生きなくてもかまわない」という幼きクー・フーリンの言葉を刻んだフレスコ画が飾られていたという。なお、聖エンダ校は現在ピアースの記念館となっている。ピアースはこのほかにも、クー・フーリンなどをテーマにした2つの歴史野外劇も執筆しており、彼の人生においてクー・フーリンが与えた影響は計り知れない [10][11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スアルタムもクー・フーリン同様にマハの呪いを受けていなかった(リース 2001, p. 640)
  2. ^ 父親はさまざまであり、デヒトラの兄のコンホヴォル(近親相姦による誕生はしばしば神性の印であった)が父親とする説もある(ミランダ・J・グリーン 2006, p. 99)。
  3. ^ 稿本によってはセタンタという名の名付け親はケト・マク・マーガハ英語版であるとされる(マイヤー 2001, p. 91)。
  4. ^ プトレマイオスの記述によれば、この名前は、今日のイングランドのランカシャーにあたる地域に住んでいた、ケルト系部族のシェダンティ族とおそらく関係がある(キアラン・カーソン 2011, p. 330)。
  5. ^ 正確に訳すと「瞳が七色に光る」となる。カーソン及び栩木は「左右の目の強い瞳の中で、七つの宝石が戯れている」と表現している(キアラン・カーソン 2011, p. 22)。
  6. ^ ケルトの戦士の名前に「犬」が使われるのは珍しいことではない。コノア王(コンホヴァル)も、後にクー・フーリンと戦うことになるクー・ロイ英語版もその名に犬が含まれている(マルカル 2001, p. 20)。また、ブルターニュではアイルランドの戦士は「犬戦士」と呼ばれていた(篠田 2008, p. 314)
  7. ^ 写本や伝承を編集し翻訳したグレゴリー夫人の『ムルテウネのクーフーリン英語版』にはこの説話に相当する箇所がある。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]