クールマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クールマ。

クールマ: कुर्म; Kūrma)は、インド神話に登場するで、ヒンドゥー教の主神ヴィシュヌの第2の化身(アヴァターラ)とされる。

乳海攪拌の際、攪拌棒に用いられたマンダラ山英語版を海底で支えた。

もともと『マハーバーラタ』ではマンダラ山を支えたのは長寿で知られる亀王アクーパーラで、ヴィシュヌ信仰とは関係がなかったが、『ラーマーヤナ』以降、ヴィシュヌ神の化身である亀とされるようになった。