クン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クン語/!Kung
Ju
北コイサン語
話される国 ナミビア, アンゴラ, ボツワナ, 南アフリカ共和国
民族 en:!Kung people
話者数 16,000 ± 2,000 (2011)[1]
言語系統
Kx'a
  • クン語/!Kung
方言
Western (North-Central)
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 各種:
knw — en:Ekoka !Kung
vaj — en:Sekela language
ktz — ジューホアン方言
テンプレートを表示

クン語英語: !Kung [ˈkʊŋ]Western !Xuun: !Xuun [!͡χũː˦˥]))またはジュー語(Ju)はナミビアボツワナアンゴラクン人(!Kung People)に話される方言連続体を成す言語である。 ǂHoan languageとともに Kx'a語族を形成することが提案されている。「コイサン語族」の下位言語と考えられてきたため「北コイサン語」と呼ばれてきた。吸着音をもち、その言語名に「!」をもつ珍しい言語である。

脚注[編集]

  1. ^ Brenzinger, Matthias (2011) "The twelve modern Khoisan languages." In Witzlack-Makarevich & Ernszt (eds.), Khoisan languages and linguistics: proceedings of the 3rd International Symposium, Riezlern / Kleinwalsertal (Research in Khoisan Studies 29). Cologne: Rüdiger Köppe Verlag.