クンワル・インドラジット・シンハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クンワル・インドラジット・シンハ英語: Kunwar Inderjit Singhネパール語: कुवंर इन्द्रजीत सिंह1906年 - 1982年10月4日)は、ネパール政治家首相1957年7月26日から11月15日まで、ネパールの首相を務めている。[1]

生涯[編集]

1957年7月タンカ・プラサード・アーチャリヤが首相を辞任したため、国王から組閣を命じられた[2]

アーチャリヤは会議派、国王と対立し、特に国王側近を含めて多くの官僚を罷免しようとしたうえ、軍にも改革を加えようとした。そのため、首相は国王から疑心を買った[3]

11月15日、国王により罷免され、内閣は解散された[4]。その後、1959年の総選挙まで首相は不在となった。

脚注[編集]

  1. ^ “Kunwar Inderjit Singh, Former Nepal Premier” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1982年10月6日). http://www.nytimes.com/1982/10/06/obituaries/kunwar-inderjit-singh-former-nepal-premier.html 2009年4月8日閲覧。 
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.638
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.638
  4. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.639

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]