クントゥヴディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クントゥヴディロシア語: Кунтувдей、12世紀後半)はトルク族の軍司令官である[1]

1183年、ノヴゴロド・セヴェルスキー公イーゴリによるポロヴェツ族への遠征に、チョールヌィ・クロブキ隊を率いて参加した[2][1]。1185年には、ホロール川の戦い(ru)で敗走したポロヴェツ族のコンチャークを追撃するが、捕縛は成せなかった[3]

1190年、讒言により、スヴャトスラフに捕縛された[2][4]リューリクの仲裁により解放されたが、クントゥヴディはポロヴェツ族のトグリイの元へ奔った。その後、ポロヴェツ族と共にスヴャトスラフへの報復攻撃を行ったが、リューリクの子ロスチスラフに撃退された[5]。また、同年冬にはトヴァロフ(ru)でスヴャトスラフの子グレプに敗れ、逃走した[6]

出典[編集]

  1. ^ a b 中沢、2018年。p190
  2. ^ a b Кун-тугды или Кунтувдей // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона : в 86 т. (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.
  3. ^ 中沢、2018年。p204
  4. ^ 中沢、2018年。p247
  5. ^ 中沢、2018年。p251
  6. ^ 中沢、2018年。p253

参考文献[編集]

  • 中沢敦夫ら「『イパーチイ年代記』翻訳と注釈(8) ―『キエフ年代記集成』(1181~1195年)」富山大学人文学部紀要第68号、2018年。