クロー・パトリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロー・パトリック
Croagh Patrick
クロッグ・パトリック
クルーハ・フォーリク Cruach Phádraig
リーク The Reek
(Saint) Patrick's Mountain
Croagh Patrick, the saddle on the western flanks - geograph.org.uk - 605872.jpg
最高地点
標高 764 m (2,507 ft)
プロミネンス 640 m (2,100 ft)
座標 北緯53度45分34.2秒 西経9度39分30.24秒 / 北緯53.759500度 西経9.6584000度 / 53.759500; -9.6584000座標: 北緯53度45分34.2秒 西経9度39分30.24秒 / 北緯53.759500度 西経9.6584000度 / 53.759500; -9.6584000
地形
クロー・パトリックの位置(アイルランド内)
クロー・パトリック
クロー・パトリック
アイルランド メイヨー州
州/地方 IE
OSI/OSNI grid L906802
地形図 OSi Discovery 30, 31, 37 or 38
Project.svg プロジェクト 山

クロー・パトリック (: Croagh Patrickアイルランド語: Cruach Phádraig聖パトリックの積みわら」の意)、[1]は、アイルランド共和国メイヨー州にある山である。標高764メートル (2,507 ft) 。巡礼の対象。ウェストポートから8キロメートル (5 mi)、近くの村マリスク(en:Murrisk)とレッカンヴィー(en:Lecanvey)との間に位置する。メイヨー州の中では、ミューリア山(en:Mweelrea)とネフィン山(en:Nephin)に次いで3番目に高い山である。毎年7月最終日曜日のリーク・サンデー(en:Reek Sunday)には巡礼者が登る。

クロー・パトリックは氷河期の終わりにクルー・ベイ(en:Clew Bay)に流れ込んだ氷河によって作り出されたU字谷の南の一部を形成する。また、クロー・パトリックは東西に長く延びる尾根の一部である。その尾根の西端峰はベン・ゴルム(en:Ben Gorm)と呼ばれる。

名前[編集]

クロー・パトリック(Croagh Patrick)の名は、ゲール語で聖パトリックの山を意味するクルーハ・フォーリク(Cruach Phádraig)に由来する。地元ではアイルランド英語で積みわらやがれきの山を意味する言葉"リーク"(the Reek)の名で知られる。[2][3] キリスト教伝来前はクルーハーン・エグレ(Cruachán Aigle)の名で知られており、マグ・トゥレド(モイトゥラ)の戦いen:Cath Maige Tuired[4]シブネの熱狂の狂気en:Buile Shuibhne[5]各地の伝承en:Dindsenchas[6]、そしてアルスター年代記en:Annals of Ulster1113年の記事[7]といった文書にてその名が確認される。

クルーハーン(Cruachán)は積みわらを意味するcruachの単なる縮小辞であるが、エグレ(Aigle)の意味は確定されていない。鷲を意味するラテン語aquilaからの借用語"eagle"か人名のどちらか一方である。[6][8] 文字の意味に加えて、ドルイド教の名前に含まれるcruachケルト神話の神クロウ・クルワッハ(Crom Cruach)と関係があるかもしれない。

ウェストポートハウスに邸宅を持っていたスライゴー侯爵(en:Marquess of Sligo)はイーグル山男爵(Baron Mount Eagle)やアルタモント伯爵(Earl of Altamont)の称号を持っていたが、このどちらの称号もクロー・パトリックの別名 (クルーハーン・エグレ (Cruachán Aigle); high mount) に由来するものである[9]

巡礼[編集]

紀元前3千年前より、特に夏至の際、クロー・パトリックはドルイド教の聖地だった[10]。今日では、5世紀に山頂で40日間断食したと伝えられる聖パトリックとひも付けられてキリスト教巡礼の聖地となっている[11]。何千もの人々が毎年、7月最終日曜日のリーク・サンデー(en:Reek Sunday)に登る。この登山は毎年チュアム大主教en:Roman Catholic Archdiocese of Tuam)が主催している。

山頂の教会[編集]

聖パトリックの時代から、"Teampall Phadraig"と呼ばれた山頂に小さな教会があった[12]。1994年の考古学調査で、その基礎の跡が山頂で発見されている。824年には、アーマー大主教(en: Archbishop of Armagh)とチュアム大主教(en: Archdiocese of Tuam (Church of Ireland))の間でその教会の管轄が争われている[13]

20世紀初頭に小さな教会が山頂に建てられ、1905年7月20日に開所した。2005年7月31日の巡礼にて、100周年碑がチュアム大主教マイケル・ニアリー(en:Michael Neary (archbishop))によって除幕された。

2005年に、夏の間は休日だけでなく毎日教会を開けることが決められた。教会はガイドの手によって開けられている。リーク・サンデーと8月15日には教会でミサが行われる。

金の発見[編集]

1980年代に山の中で金の薄層が発見された。少なくとも12の石英の鉱脈で1トンあたり金14gが含まれており、金70万トン、あるいは金30万トロイオンス以上(3億6千ユーロ以上の価値)を生産する可能性がある。しかしながら、パデイ・ホプキンス(Paddy Hopkins)を指導者とする地元メイヨー州の環境保護団体の抗議活動を受けて、メイヨー州議会(en:Mayo County Council)は採掘を許可しないことを決定した[14]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Croagh Patrick Placenames Database of Ireland. Retrieved: 2013-07-31.
  2. ^ Croagh Patrick, Taifid chartlainne (archival records) Placenames Database of Ireland. Retrieved: 2013-07-31.
  3. ^ New Shorter Oxford English Dictionary, CD edition 1997, Oxford University Press, Oxford 1973, 1993, 1996.
  4. ^ CELT: The Second Battle of Moytura (translation) - Irish
  5. ^ CELT: Buile Shuibhne (translation) - Irish (Cruachán Oighle)
  6. ^ a b CELT: The Metrical Dindshenchas, 88 Cruachán Aigle (translation) - Irish
  7. ^ CELT: Annals of Ulster 1113 (translation) - Irish
  8. ^ Old-Irish-L: Cruachan Aigle 31 Jul 2002
  9. ^ en:George Edward Cokayne ed. Vicary Gibbs, en:The Complete Peerage, volume I (1910) p. 113.
  10. ^ Historical Interest Teach na Miasa. Retrieved: 2013-07-31.
  11. ^ "In imitation of the great Jewish legislator on Sinai, he spent forty days on its summit in fasting and prayer, and other penitential exercises." Catholic Encyclopedia
  12. ^ McDonald, Michael. "Croagh Patrick." The Catholic Encyclopedia. Vol. 4. New York: Robert Appleton Company, 1908. 21 Feb. 2014
  13. ^ Haggerty, Bridget. "He Came To Mock - But Stayed to Pray", Irish Culture and Customs
  14. ^ “Obituary Paddy Hopkins”. The Mayo News. (2013年7月30日). http://www.mayonews.ie/index.php?option=com_content&view=article&id=18282:paddy-hopkins-slaugar-westport&catid=38:obituaries&Itemid=100061 2013年9月10日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Leo Morahan (2001). Croagh Patrick, Co. Mayo: archaeology, landscape and people. Westport: Croagh Patrick Archaeological Committee. ISBN 0-9536086-3-8. 

外部リンク[編集]