クロートヴィヒ・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロートヴィヒ・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルスト
Chlodwig zu Hohenlohe-Schillingsfürst
Chlodwig zu Hohenlohe-Schillingsfürst.png
生年月日 1819年3月31日
出生地 Flagge Großherzogtum Hessen ohne Wappen.svg ヘッセン大公国
ローテンブルク・アン・デア・フルダ英語版
没年月日 1901年7月6日(82歳)
死没地 スイスの旗 スイス
Flag of Canton of Sankt Gallen.svg ザンクト・ガレン州 バート・ラガツ英語版
所属政党 無所属
サイン Unterschrift Chlodwig zu Hohenlohe-Schillingsfürst.svg

内閣 ホーエンローエ=シリングスフュルスト内閣
在任期間 1894年10月29日 - 1900年10月17日
皇帝 ヴィルヘルム2世

在任期間 1894年10月29日 - 1900年10月17日
国王 ヴィルヘルム2世

在任期間 1866年12月31日 - 1870年3月8日
国王 ルートヴィヒ2世
テンプレートを表示

クロートヴィヒ・カール・ヴィクトール・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルスト侯爵Chlodwig Karl Victor Fürst zu Hohenlohe-Schillingsfürst, 1819年3月31日1901年7月6日)は、ドイツ政治家1894年から1900年まで皇帝ヴィルヘルム2世の下でドイツ帝国第3代帝国宰相を務めた。日清戦争後、ロシア、ドイツ、フランスによる三国干渉の時の帝国宰相である。

バイエルン王国の首相を経て、75歳の高齢にもかかわらず帝国宰相に就任することになった。1900年10月17日帝国宰相を辞任した。翌1901年7月6日スイスのバート・ラガーツで死去した。

関連項目[編集]

参考[編集]

  • Hohenlohe-Schillingsfürst, Prince Chlodwig zu. Memoirs of Prince Chlowig of Hohenlohe-Schillingsfuerst. London: W. Heinemann, 1906. Chlodwig's own memoirs.
  • Hohenlohe-Schillingsfürst, Prince Alexander zu. Denkwürdigkeiten. Stuttgart, 1907. An outspoken biography by Chlodwig's youngest son.
  • Hedemann, Alexandrine von. My Friendship with Prince Hohenlohe. London: E. Nash,, 1912.
  • Fraley, Jonathan David, Jr. The Domestic Policy of Prince Hohenlohe as Chancellor of Germany, 1894-1900. 1971. A Ph.D. dissertation at Duke University.
  • Zachau, Olav. Die Kanzlerschaft des Fürsten Hohenlohe 1894-1900. Politik unter dem "Stempel der Beruhigung" im Zeitalter der Nervosität. Hamburg 2007. (Studien zur Geschichtsforschung der Neuzeit, Vol. 48)

外部リンク[編集]

先代:
ルートヴィヒ・フォン・デア・プフォルテン
バイエルン王国首相
1866年-1870年
次代:
オットー・フォン・ブライ=シュタインベルク
先代:
レオ・フォン・カプリヴィ
ドイツ帝国宰相
1894年-1900年
次代:
ベルンハルト・フォン・ビューロー
先代:
ボート・ツー・オイレンブルク
プロイセン王国首相
1894年-1900年
次代:
ベルンハルト・フォン・ビューロー