クロロ酢酸ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロロ酢酸ナトリウム
IUPAC名 クロロエタン酸ナトリウム
別名 モノクロロ酢酸ナトリウム
分子式 C2H2ClO2Na
分子量 116.48
CAS登録番号 [3926-62-3]
形状 無色結晶または白色粉末
融点 200 °C(分解)
出典 ICSC

クロロ酢酸ナトリウム(クロロさくさんナトリウム)は クロロ酢酸ナトリウム塩。示性式 ClCH2CO2Na で表される。別名は「モノクロロ酢酸ナトリウム」「モノクロル酢酸ソーダ塩」など。

性質[編集]

可燃性であり、劇物に指定されている。これを燃やすと、塩素等の有毒で腐食性のヒュームを発生する。水によく溶け、20 ℃ における溶解度は 85 g/100 mL[1]

触れると皮膚が炎症を起こす。また、目、鼻、喉等の粘膜にも炎症を引き起こす[1]

合成法[編集]

クロロ酢酸ナトリウムはクロロ酢酸水酸化ナトリウム中和反応により得られる。

ClCH2CO2H + NaOH → ClCH2CO2Na + H2O

脚注[編集]

  1. ^ a b Merck Index 14th ed., 2112.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]