クロルテトラサイクリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロルテトラサイクリン
Chlortetracycline.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
投与方法 経口, 点滴静脈注射, 局所
薬物動態データ
生物学的利用能 30%
血漿タンパク結合 50 - 55%
代謝 肝臓 (75%)
半減期 5.6 - 9 時間
排泄 腎臓及び胆管
識別
CAS番号
57-62-5 チェック
ATCコード A01AB21 (WHO) D06AA02 (WHO) J01AA03 (WHO) S01AA02 (WHO) QG51AA08 (WHO) QJ51AA03 (WHO)
ChemSpider 10469370 チェック
UNII WCK1KIQ23Q チェック
KEGG D07689  チェック
ChEMBL CHEMBL456066 ×
化学的データ
化学式 C22H23ClN2O8
分子量 478.88 g/mol

クロルテトラサイクリン(Chlortetracycline)は、テトラサイクリン系抗生物質の一つ。テトラサイクリンの水素の一つを塩素に置換した構造である。レダリー・ラボラトリーの持つ商標名は、オーレオマイシン(Aureomycin)である。同定された最初のテトラサイクリンであり、1945年、Yellapragada Subbarowの指導の下、レダリー・ラボラトリーのベンジャミン・ダッガーが発見した。ダッガーは、ミズーリ大学サンボーン・フィールドで採取したサンプル中の放線菌がこの物質を生産することを明らかにした[1]。この菌はStreptomyces aureofaciensと名付けられ、単離された物質はその金色からオーレオマイシンと名付けられた。

獣医学の領域で、クロルテトラサイクリンはネコ結膜炎の治療に用いられる[2]

日本では、クロルテトラサイクリン塩酸塩が、牛、豚及び鶏を対象に、クロルテトラサイクリン塩酸塩とスルファジミジンの配合剤が豚を対象に承認されている。

出典[編集]

  1. ^ Jukes, Thomas H. Some historical notes on chlortetracycline. Reviews of Infectious Diseases 7(5):702-707 (1985).
  2. ^ Merck Veterinary Manual. http://merckvetmanual.com/mvm/index.jsp?cfile=htm/bc/30200.htm.