クロランベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロランベン
識別情報
CAS登録番号 133-90-4 チェック
PubChem 8630
ChemSpider 8309 ×
EC番号 205-123-5
KEGG C19056 チェック
特性
化学式 C7H5Cl2NO2
モル質量 206.03 g mol−1
外観 無色の結晶性固体[1]
融点

194-197 °C (dec.)[2]
200-201 °C[1]

への溶解度 700 mg/L[1]
危険性
Rフレーズ R45 R36/37/38[2]
Sフレーズ S53 S22 S26 S36/37/39 S45[2]
半数致死量 LD50 3500 mg/kg (rat)[1]
3725 mg/kg (mouse)[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロランベン (chloramben) は、広葉雑草および一年草に使われている選択的除草剤である。主に大豆に使われるが、乾燥豆落花生ヒマワリ唐辛子綿サツマイモカボチャ堅木低木および数種の針葉樹にも使われる[1]。クロランベンはほぼ無毒であると考えられている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Chloramben Pesticide Information Profile, Extension Toxicology Network, Oregon State University
  2. ^ a b c 3-Amino-2,5-dichlorobenzoic acid at Sigma-Aldrich