クロメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロメ
分類
ドメ
イン
: 真核生物Eukaryota
階級なし : ディアフォレティケス Diaphoretickes
階級なし : SARスーパーグループ Sar
階級なし : ストラメノパイル Stramenopiles
: 不等毛植物門 Heterokontophyta
: 褐藻綱 Phaeophyceae
: コンブ目 Laminariales
: Lessoniaceae[1]
: カジメ属 Ecklonia
: クロメ E. kurome
学名
Ecklonia kurome Okamura[1]
和名
クロメ

クロメ(黒布、学名Ecklonia kurome)は、Lessoniaceaeカジメ属褐藻の1種[1]で、潮下帯付近の岩に付着して生育する海藻である[2]

特徴[編集]

藻体の大きさは普通40 - 50cm[3]、時に1mにもなる[4]。冬場の藻体は食用になる[5]

形態は同属のカジメに似ているが、葉状の部分にしわが生じること、全体的に小型であることなどから区別できる[3]。また、アラメとは異なり、茎部が二分岐しない[6]

下位分類に、E. kurome f. contorta Okamura、E. kurome f. plana Okamura、E. kurome f. latissima Okamura の3品種がある[7]

分布[編集]

日本近海では本州太平洋岸の中南部から九州にかけて[7]、および瀬戸内海日本海側は新潟県までに分布する[8]。また、韓国の済州島及び珍島にも分布する[8]

用途[編集]

主に食用として用いられる。

大分県では、大分市の漁港佐賀関等で採れたクロメを細く刻んで味噌汁の具にしたり、または、細く刻んだクロメにみりん醤油をかけておかずにしたり、ご飯にかけたりして食べる[9][10]。加工品の製造も盛んで、細切りを乾燥した乾物やそれを利用したふりかけとお茶漬け、クロメを甘辛煮にした瓶詰め[11]たこ焼きに細切りクロメ入りのソースをかけたクロメたこ焼き[12]、クロメを漬け込んだクロメ醤油[13]、成分を利用した洗髪剤などがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 吉田忠生・吉永一男 (2010) 日本産海藻目録(2010年改訂版), 藻類 Jpn.J.Phycol. (Sorui) 58:69-122, 2010
  2. ^ クロメ京都府海洋センター、2013年5月16日閲覧。
  3. ^ a b 日本の海藻 p.65
  4. ^ クロメ Ecklonia kurome Okamura 三重大学生物資源学部藻類学研究室「海藻・海草写真」2013年5月16日閲覧。
  5. ^ 島根県 : 磯の味覚(海岸動物・食用海藻) - 島根県
  6. ^ 寺脇利信、新井章吾「9 アラメ・カジメ類」『有用海藻誌』 大野正夫 編、内田老鶴圃、2004年、初版、ISBN 4-7536-4048-5、p.133
  7. ^ a b 吉田忠生 『新日本海藻誌:日本産海藻類総覧』 内田老鶴圃、1998年、初版、ISBN 4753640493、p.343
  8. ^ a b 大野正夫「Ecklonia kurome Okamura (クロメ)」『藻類の生活史集成 第2巻 (褐藻・紅藻類)』 堀輝三 編、内田老鶴圃、1993年、初版、ISBN 4-7536-4058-2、pp.130-131.
  9. ^ 冬の味覚『クロメ』の食べ方 大分市
  10. ^ 食:大分市佐賀関(さがのせき) - 佐賀関の磯の香り「クロメ」 大分の情報サイト | SHOKU~しょく~
  11. ^ 佐賀関町ホームーページ(特産品ガイド) 大分市
  12. ^ クロメたこ焼き 物産おおいた(大分県商工労働部)
  13. ^ 関くろめ醤油(100ml) 物産おおいた(大分県商工労働部)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]