クロムモリブデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クロムモリブデンは、主宰・青木秀樹が率いる日本の劇団。1989年設立。アルファベット表記は cromemolybdan である。通称はクロム、crome等。

結成時は関西を本拠としていたが2006年に東京にオフィスを移転。現在は首都圏・関西圏で活動中[1]

一部の例外を除き再演を行わず、すべて青木秀樹の書き下ろしによる新作である[2][3]

個性的なスタッフワークと、青木秀樹のブラックユーモア溢れる脚本による、時代への揶揄を感じさせながらも娯楽色の強いパワフルな舞台を上演していたが、2018年6月をもって無期限活動休止となった。

経歴[編集]

  • 1989年大阪芸術大学映像学科出身の青木秀樹が、OBや在学生とともに旗揚げ。以降、関西を拠点として活動。当初は、映像作品制作の下地となるべく企画した劇団だった。
  • 1999年カラビニラダ—雪22市街戦ナウ」より、東京・関西の2都市公演を行っている(例外あり)。
  • 2006年4月、事務所を東京へ移転し、活動拠点を東京とするも、引き続き関西での公演も継続している。
  • 2009年、旗揚げ20周年を迎えた。

メンバー[編集]

役者[編集]

森下亮
Lynch・Lynch・Lynch』より参加。
奥田ワレタ
ソドムの中(2003年版)』『なかよしshow』『ユカイ号』『ボウリング犬エクレアアイスコーヒー』に客演として出演。『猿の惑星は地球』より参加。
久保貫太郎
2006年のメンバー公募に応募し、『猿の惑星は地球』より参加。
木村美月
2006年のメンバー公募に応募し、『猿の惑星は地球』より参加。
渡邉とかげ
2006年のメンバー公募に応募し、『猿の惑星は地球』より参加。
小林義典
血が出て幸せ 』より演出部として参加。『不躾なQ友 』より役者として参加。
武子太郎
2009年のメンバー公募に応募し、『不躾なQ友 』より参加。
花戸祐介
2009年のメンバー公募に応募し、『不躾なQ友 』より参加。
葛木英
スチュワーデスデス』に客演。2012年より入団。
吉田電話
『こわくないこわくない』に客演。2014年より入団。
池村匡紀
『七人のふたり』に客演。2015年より入団。
岡野優介
『七人のふたり』に客演。2015年より入団。
戸村健太郎
『七人のふたり』に客演。2015年より入団。
土井玲奈
『七人のふたり』に客演。2015年より入団。

スタッフ[編集]

青木秀樹
主宰・作・演出
床田光世
照明
笠木健司
音響
安井和恵
制作
野崎恵
制作
重晶子
制作
小林義典
演出部/役者

上演作品[編集]

_ タイトル 上演時期 会場 備考
vol.1 ナックル 1989年12月 eggplant(大阪・北加賀屋)
vol.2 キエテナクナレ 1990年6月 スペース・ゼロ(大阪・堂島)
vol.3 奇城の孤独 1990年12月 大阪市立中央センター
vol.4 脳天気 1991年5月 大阪造形センター・カラビンカ(大阪・梅田)
vol.5 BEE・ANTS 1991年12月 オレンジルーム(大阪・梅田)
vol.6 アンダルシアの犬に憧れて 1992年5月 スペース・ゼロ(大阪・堂島)
vol.7 DOPE LAND 1993年3月 ウイングフィールド
vol.8 ReReReNEWAL 1993年10月 扇町ミュージアムスクエア(大阪・扇町)
vol.9 インピーの咆哮 1994年5月 スペース・ゼロ(大阪・堂島) OMS戯曲賞最終候補
vol.10 ニンゲンノヒミツ 1995年5月 スペース・ゼロ(大阪・堂島)
vol.11 ヒョーイくん 1995年11月 扇町ミュージアムスクエア(大阪・扇町) OMS戯曲賞最終候補
vol.12 ブレーメンのノイジシャン 1996年4月 AI・HALL(兵庫・伊丹)
vol.13 サーフィンLSD 1996年9月 神戸アートビレッジセンター(兵庫・神戸)
vol.14 Lynch・Lynch・Lynch 1997年5月 スペース・ゼロ(大阪・堂島)
vol.15 LAB CHAN 〜ラボちゃん〜 1997年11月 扇町ミュージアムスクエア(大阪・扇町)
vol.16 ソドムの中 1998年5月 AI・HALL(兵庫・伊丹)
vol.17 ZONE 1998年10月 スペース・ゼロ(大阪・堂島)
vol.18 SOLARIS 1998年11月 神戸アートビレッジセンター(兵庫・神戸)
vol.19 ベジタブル・キングダム 1999年6月 扇町ミュージアムスクエア(大阪・扇町) 作・演出は酒井宏人。本公演唯一、青木秀樹以外の人物が作・演出を手がけた。OMS戯曲賞佳作受賞
vol.20 カラビニラダー雪22市街戦ナウ 1999年11月 - 2000年1月 神楽坂 die pratze(東京・新宿)
AI・HALL(兵庫・伊丹)
二都市公演開始
vol.21 キレレレのイエロー 2000年9月 AI・HALL(兵庫・伊丹)
神楽坂 die pratze(東京・新宿)
vol.22 エスエフ 2001年4月 AI・HALL(兵庫・伊丹)
番外公演 おやっさん 2001年 プラネットホール(大阪・森ノ宮) 森下亮企画。クロムモリブデンではなく「クロムモリシタン」名義。
vol.23 去勢クラブ 2001年12月 - 2002年2月 扇町ミュージアムスクエア
麻布 die pratze(東京・麻布)
番外公演 惑星ボヨヨンの憂鬱 2002年6月 よしもとrise-1シアター(大阪・梅田)
vol.24 〜maruo〜 マルオ 2002年8月 - 2002年9月 一心寺シアター倶楽(大阪・天王寺)
ザムザ阿佐ヶ谷(東京・阿佐ヶ谷)
番外公演 ぐるぐるスト→キン 2002年12月 第七藝術劇場(大阪・十三) 『クロムモリブデン×208+』の名義で上演。映像ユニット。映画館で上演された異色作
vol.25 直接KISS 2003年4月 よしもとrise-1シアター
下北沢駅前劇場(東京・下北沢)
番外公演 ソドムの中 2003年8月 - 9月 AI・HALL(兵庫・伊丹) 黄金企画×クロムモリブデンとしての公演。黄金企画の主宰であり、当時の所属俳優であった夏が脚色・演出を手がけている。
vol.26 なかよしshow 2004年1月 - 2月 AI・HALL(兵庫・伊丹)
東京芸術劇場(東京・池袋)
東京国際芸術祭2004参加作品
vol.27 ユカイ号 2004年6月 - 7月 大阪市立芸術創造館(大阪・千林)
王子小劇場(東京・王子)
番外公演 ドレスを着た家畜が 2004年9月 HEP HALL(大阪・梅田) ユニット名『東京』名義で、クロムモリブデン・デス電所・WI'REの3劇団がコラボレーション。
vol.28 ボウリング犬エクレアアイスコーヒー 2004年12月 - 2005年1月 王子小劇場(東京・王子)
in→dependent theatre 2nd(大阪・日本橋)
佐藤佐吉演劇祭参加作品、同祭の最優秀音響賞、優秀作品賞、優秀演出賞を受賞
vol.29 ボーグを脱げ! 2005年8月 - 9月 劇場MOMO(東京・中野)
HEP HALL(大阪・梅田)
vol.30 猿の惑星は地球 2006年9月 - 10月 ザ・ポケット(東京・中野)
HEP HALL(大阪・梅田)
東京移転後の初作品
vol.31 マトリョーシカ地獄 2007年4月 - 5月 サンモールスタジオ(東京・新宿)
in→dependent theatre 2nd(大阪・日本橋)
vol.32 スチュワーデスデス 2007年12月 - 2008年1月 in→dependent theatre 2nd(大阪・日本橋)
下北沢駅前劇場(東京・下北沢)
vol.33 血が出て幸せ 2008年7月 - 8月 HEP HALL(大阪・梅田)
THEATER/TOPS(東京・新宿)
vol.34 テキサス芝刈機 2008年11月 青山円形劇場(東京・青山)
AI・HALL(兵庫・伊丹)
演劇村フェスティバル参加作品
vol.35 空耳タワー 2009年6月 HEP HALL(大阪・梅田)
赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
vol.36 不躾なQ友 2009年12月 - 2010年1月 赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
vol.37 恋する剥製 2010年6月 - 7月 赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
HEP HALL(大阪・梅田)
vol.38 裸の女を持つ男 2011年4月 シアタートラム(東京・三軒茶屋)
vol.39 節電 ボーダー トルネード 2011年12月 赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
HEP HALL(大阪・梅田)
vol.40 進化とみなしていいでしょう 2012年7月 - 8月 赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
vol.41 連続おともだち事件 2013年3月 赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
HEP HALL(大阪・梅田)
vol.42 曲がるカーブ 2013年12月 - 2014年1月 HEP HALL(大阪・梅田)
赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
vol.43 こわくないこわくない 2014年8月 - 9月 赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
HEP HALL(大阪・梅田)
vol.44 七人のふたり 2015年5月 - 6月 赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
HEP HALL(大阪・梅田)
vol.45 翼とクチバシもください 2016年5月 - 6月 赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
HEP HALL(大阪・梅田)
vol.46 空と雲とバラバラの奥さま 2017年4月 - 5月 吉祥寺シアター(東京・赤坂)
HEP HALL(大阪・梅田)
vol.47 たまには海が泳げ! 2018年3月 - 4月 花まる学習会王子小劇場(東京・王子)

客演・外部スタッフ・過去に所属していたメンバー[編集]

板倉チヒロ
去勢クラブ』より参加。2017年9月退団。
ゆにば
『進化とみなしていいでしょう』に客演。2012年より入団。2017年8月退団。
金沢涼恵
キレレレレのイエロー』より『七人のふたり』まで参加。2015年9月、退団。
幸田尚子
エスエフ』に出演。その後『猿の惑星は地球』に高嶋ひとみ名義で客演。2008年8月より入団。2014年12月、退団。
大沢秋生
クロムモリブデン在阪時代に、演出助手を担当。『ボウリング犬エクレアアイスコーヒー』ではピエール大沢の名で客演した。自身も「ニュートラル」という演劇ユニットを主宰している。
ステファニー
近年の舞台美術を担当している。
小林タクシー
役者として『恋する剥製』に客演。また近年のWEBデザイン、小冊子のデザインを担当している。自らは演劇ユニット『ZOKKY』を主宰。
熊崎さくら
元メンバー。近年は小道具や舞台美術、制作などを担当している。
安藤青太
写真家。主に東京公演の舞台撮影を担当している。
やすすきい
音楽家。音響機材面での協力や客入れ時の生演奏を行っている。
倉田大輔
役者。『ボーグを脱げ!』『猿の惑星は地球』に客演。制作スタッフである遠山浩司の主宰するユニット「国民デパリ」のメンバーでもある。
冨永茜
役者。『なかよしshow!』『ユカイ号』に客演。
藤永純一郎
過去のフライヤーデザイン、小冊子の制作を担当。脱退時期は不明。
シカタコウキ
過去にフライヤーデザイン、スチル、Webサイト制作を担当。脱退時期は不明。
金澤裕
ボーグを脱げ!より制作として参加。脱退時期は不明。
重実百合
直接KISS』より参加。2008年4月より、休団。2009年4月、正式に退団を発表。
板橋薔薇之介
ボーグを脱げ!』に客演として出演。『猿の惑星は地球』より参加。2009年4月、退団。

脚注[編集]

  1. ^ “クロムモリブデン”. CoRich舞台芸術!. (2010年1月5日). http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=59 2015年6月1日閲覧。 
  2. ^ “インターネット動画にまつわる事件を劇場化!?”. Walkerplus. (2015年5月31日). http://news.walkerplus.com/article/59093/ 2015年6月1日閲覧。 
  3. ^ 青木秀樹クロム☆コラム:ママママママ」 - 2007年4月29日

外部リンク[編集]