クロベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロベ
Thuja standishii.jpg
球果と葉。左は表、右は裏。
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: ヒノキ科 Cupressaceae
: クロベ属 Thuja
: クロベ T. standishii
学名
Thuja standishii (Gordon) Carrière
和名
クロベ、ネズコ
英名
Japanese Thuja

クロベ(黒檜、学名Thuja standishii)は、日本特産のヒノキ科常緑高木。別名はネズコ。ゴロウヒバ、クロベスギ、クロビとも呼ばれることがある。木曽五木の1つ。

本州中部から四国の山地に自生する。樹皮は赤褐色で艶があり、葉は鱗状葉。5月頃、藍色の花(雌雄異花)をつける。球果は黄褐色。材は耐腐朽性が高く、建築・器具材に利用する。

同属に北米産のベイスギ(アメリカネズコ、ベイネズコ)がある。スギの名が付いているが、スギに近縁ではない。

脚注[編集]

関連項目[編集]