クロハラハムスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロハラハムスター
Chomik europejski.jpg
クロハラハムスター
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
上科 : ネズミ上科 Myomorpha
: キヌゲネズミ科 Cricetidae
亜科 : キヌゲネズミ亜科 Cricetinae
: クロハラハムスター属 Cricetus
学名
Cricetus cricetus
和名
クロハラハムスター
英名
European Hamster/Black-bellied Hamster

クロハラハムスター(Black-bellied Hamster)は、クロハラハムスター属の一種である。 原産は、ベルギーからヨーロッパ中部、シベリア西部、ルーマニア南部。ヨーロッパハムスター(European Hamster)と呼ばれる事もある。 主に柔らかい肥沃な土や黄土の低い農地、草地、庭、または生垣に生息する。 また、農地病害獣であると広く考えられていて、毛皮を取るためにも捕らえられた。

ゴールデンハムスターよりも大きく、ハムスターの中ではもっとも大きい部類に入る。その大きさはモルモットと同等である。モルモットとの違いは、後ろ足だけで立ち上がれ、前足で物を持てることと、腹部が黒いことである。ペットとしては比較的新しい部類で、日本で普及し始めたのは1997年頃からである。

特徴[編集]

体長は20cm~34cmで体重は250g~600g。妊娠期間は15日~17日で、1度の出産で4匹~12匹が生まれる。他の種類のハムスター同様、出生当初は毛が生え揃っておらず、目も閉じた状態である。

ペットとして普及してからの期間が短い為、野性味があふれ、気性の荒い個体もいる。妊娠中・子育て中のメスは特に気が荒い。

力が強く、ケージを壊して脱走することが多いため、ケージは大きめで丈夫なものが必要。また、1日1度、30分程度はケージの外に出して、密閉した屋内で運動させた方が良い。

ゴールデンハムスターと同様に単独行動を取るため、他の個体といっしょに飼うことはできない。

他のハムスターとは違って8年前後長生きする。