クロトラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TMK 2200
TMK 2300
Crotram 2265.JPG
TMK 2200
TMK 2301 Zagreb.JPG
TMK 2300
基本情報
製造所 クロトラム
製造年 TMK 2200 2005年 -
TMK 2300 2009年 -
製造数 ザグレブ市電
 TMK 2200 140両
 TMK 2300 2両
リエパーヤ市電
 TMK 2300 6両(予定)
投入先 ザグレブ市電リエパーヤ市電(予定)
主要諸元
編成 TMK 2200 5車体連接車
TMK 2300 3車体連接車
軸配置 TMK 2200 Bo'Bo'Bo'
TMK 2300 Bo'Bo'
軌間 1,000 mm
電気方式 直流600 V
架空電車線方式
最高速度 70.0 km/h
編成定員 TMK 2200
202人(着席41人)
TMK 2300
84 - 95人(着席27 - 35人)
(乗客密度4人/m2
全長 TMK 2200 32,000 mm
TMK 2300 21,000 mm
全幅 2,300 mm
全高 3,400 mm
床面高さ 350 mm
300 mm(乗降扉付近)
(低床率100 %)
台車 独立車輪式台車
車輪径 660 mm
固定軸距 2,000 mm
主電動機 三相誘導電動機
主電動機出力 TMK 2200 70 kw
TMK 2300 85 kw
出力 TMK 2200 420 kw
TMK 2300 170 kw
定格出力 TMK 2200 390 kw
制御方式 VVVFインバータ制御IGBT素子)
制動装置 回生ブレーキ油圧式ディスクブレーキ電磁吸着ブレーキ
備考 主要数値は[1][2][3][4][5][6][7][8][9]に基づく。
テンプレートを表示

クロトラム(Crotram)は、電機メーカーであるコンサールクロアチア語版を中心としたクロアチア国内企業によるコンソーシアム。同国の首都・ザグレブ路面電車であるザグレブ市電に向けて超低床電車を製造するために設立された経緯を持つ。この項目では、クロトラムが手掛ける路面電車車両TMK 2200TMK 2300を中心に解説する[1][5][7][8]

設立・導入への経緯[編集]

2001年12月7日ザグレブ市電を運営するザグレブ市の子会社のザグレブ電気軌道クロアチア語版(ZET、Zagrebački električni tramvaj)は、今後の路面電車に関するプロジェクトを総会で承認し、10日後の12月17日にその中の1つであるバリアフリーに適した超低床電車を導入するための国際入札を発表した。シーメンスアンサルドブレーダといった世界各地の企業が参加する中、クロアチア国内では以下の4社が共同でコンソーシアム「クロトラム」を立ち上げ、入札に参加する事が決定した[5]

入札の結果、クロトラムの代表企業であるコンサールが提出した1億1,193万ユーロ分の提案が最適とみなされ、2003年2月24日に70両分の発注がクロトラムとザグレブ市の間に結ばれた。そして2005年4月27日に最初の車両がザグレブ市電に到着し、同年7月13日から営業運転を開始した[5][6]

構造[編集]

クロトラムが開発した路面電車車両は、床上高さが350 mm(乗降扉付近は300 mm)に統一され、車内に段差やスロープが存在しない100 %超低床電車である。構造についてはドイツで開発された超低床電車であるブレーメン形との類似性が指摘されているが、全車体に台車が設置されているブレーメン形とは異なり、クロトラムの路面電車車両は車軸が存在しない独立車輪式台車が1台設置された車体が、台車が存在しないフローティング車体を挟む編成が組まれている[注釈 1][6][11]

全溶接構造を用いた鋼製車体は丸みを帯びた流線形の前面を有しており、両開き式プラグドアを採用した乗降扉の幅は車椅子ベビーカー利用客でも乗降が容易となるよう1,538 mmと広くとられている。車内の座席として通路を挟んで左右1列づつクロスシートが配置され、台車が設置されている車体にはフリースペースも存在する。また、車内には冷暖房双方に対応した空調も完備されている[3][2][11][12]

電気機器はクロアチア国内企業製のものが使用されており、主電動機VVVFインバータ制御に対応した三相誘導電動機が用いられる他、制御装置や補助電源装置などの各種機器は車両制御ユニット(VCU)によって制御や管理や診断が行われる。この制御ユニットは非常時に備えて冗長性が確保されている他、車両に搭載された各種制御モジュール間の通信には双方向ネットワーク「CAN」が用いられる。集電装置はシングルアーム式パンタグラフで、運転台が存在する前方車体に1基搭載されている[1][3][2][11][13]

これらの構造によりクロトラムの超低床電車は従来の車両と比べて運用・維持費が抑えられている事に加え、他社が展開する同様の車両と比べても製造費が安価となっており、次項で述べる各都市への導入が決定した要因の1つとなっている[1][6]

2020年時点で以下の2種類の形式の展開が実施されている他、顧客からの要望に応じて7車体連接車の製造も可能である[1][4][14]

  • TMK 2200 - 片運転台式の5車体連接車[3][4]
  • TMK 2300 - 片運転台式の3車体連接車。TMK 2200-Kという形式名で呼ばれる場合もある[4][8][14]

導入[編集]

ザグレブ[編集]

TMK 2200の編成全景

前述の通り、最初の発注先となったザグレブ市電には2005年4月27日に最初の車両となる5車体連接車TMK 2200が到着し、7月13日から営業運転を開始した。その後、1次車となる70両は2007年5月28日まで2年以上に渡って製造が行われ、6月7日には全車両が到着した事を祝し、ザグレブ市電の一部区間の運行を休止したうえで70両全てを全長2.5 kmの区間に並べると言う記念イベントも実施された。更に同年には70両の追加発注に関する契約がクロトラムとZETの間で結ばれ、その内容に基づき2010年まで増備が行われた。そのため、2018年時点におけるTMK 2200の在籍数は140両となっている[6][5][7]

また、これらとは別に2009年からは3車体連接車TMK 2300も運行を開始しており、2018年の時点で2両が導入されている。当初は更に58両の製造も予定されていたが、TMK 2200も含めて2010年以降ザグレブ市電へのクロトラム製の路面電車車両の導入は行われていない[6][8][14]

リエパーヤ[編集]

ラトビアの都市・リエパーヤ路面電車リエパーヤ市電)を運営するリエパーヤ路面電車会社(Liepājas tramvajs)は、従来の高床式電車(タトラKT4)の置き換えを始めとした近代化の一環として、2018年にコンサールとの間に3車体連接車のTMK 2300を導入する契約を交わした。製造数は6両を予定している他、契約には8両の追加発注が可能なオプションも含んでおり、2020年秋季から営業運転を開始する予定である[6][15][16][17]

未導入都市[編集]

クロトラムが開発した超低床路面電車はクロアチア国外からも高い注目を集め、以下の都市の路面電車では実車を用いた試運転も実施されたが、最終的に全て却下され、セルビアチェコへの導入計画も失敗に終わった。そのため、上記の2箇所以外にクロトラムの路面電車が使用されている都市は2020年の時点で存在しない[6][11][12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ブレーメン形の構造に関する特許は製造メーカーであったアドトランツボンバルディアに買収された後に消失しており、クロトラム以外にもシーメンスコンビーノ・プラスアヴェニオに同様の構造を採用している[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e LOW-FLOOR TRAMWAY”. Končar. 2020年5月16日閲覧。
  2. ^ a b c Three phase asynchronous traction motor for tramway”. Končar. 2020年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c d NISKOPODNI TRAMVAJ TMK 2200”. Končar. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月16日閲覧。
  4. ^ a b c d TMK 2200 LOW-FLOOR TRAMCAR”. Končar. 2014年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Tram in Zagreb” (英語). ZET. 2012年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h Libor Hinčica (2018年11月7日). “CHORVATSKÝ KONČAR MÁ POPRVÉ DODAT TRAMVAJE DO ZAHRANIČÍ”. Československý Dopravák. 2020年5月16日閲覧。
  7. ^ a b c TMK 2200 low-floor tram”. Railway Gazette International (2010年9月23日). 2020年5月16日閲覧。
  8. ^ a b c d Prvi kratki "niskopodac"”. GRAD ZAGREB (2009年12月23日). 2020年5月16日閲覧。
  9. ^ a b TRAMVAJI” (クロアチア語). Končar. 2007年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月16日閲覧。
  10. ^ 服部重敬「特集 新潟トランシス part4 欧州のGT低床車 世界初の全低床車としての登場から現在まで」『路面電車EX 2017 vol.10』、イカロス出版、2017年10月20日、 45頁、 ISBN 978-4802204231
  11. ^ a b c d Ryszard Piech (2018年11月7日). “Končar TMK 2200 na InnoTrans 2008”. Infotram. 2020年5月16日閲覧。
  12. ^ a b コンサール社 - ロックタイトで問題解決”. Loctite. 2020年5月16日閲覧。
  13. ^ KONTRAC Vehicle Control Unit (VCU) for tramway”. Končar. 2020年5月16日閲覧。
  14. ^ a b c R.Piech (2010年1月27日). “Zagrzeb: Pierwszy trzyczłonowy tramwaj TMK 2300”. Infotram. 2020年5月16日閲覧。
  15. ^ Gunter Mackinger (2019年12月31日). “Modernisation of the tramway in Liepaja (Latvia)”. Urban Transport Magazine. 2020年5月16日閲覧。
  16. ^ Izredzes atjaunot visu tramvaju parku”. Liepājas tramvajs (2019年5月28日). 2020年5月16日閲覧。
  17. ^ Liepājā drīzumā sāksies pieturvietu pielāgošana zemās grīdas tramvajiem”. Liepājas tramvajs (2020年2月1日). 2020年5月16日閲覧。