クロチョウガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クロチョウガイ
Pinctada margaritifera MHNT.CON.2002.893.jpg
クロチョウガイ
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
: ウグイスガイ目 Pterioida
: ウグイスガイ科 Pteriidae
: アコヤガイ属 Pinctada
: クロチョウガイ P. margaritifera
学名
Pinctada margaritifera
(Linnaeus1758)
和名
クロチョウガイ
英名
Pacific pearl-oyster[1][2]

black-lip pearl shell[3]

クロチョウガイ(黒蝶貝 Pinctada margaritifera)は、ウグイスガイ目ウグイスガイ科の二枚貝[4]。殻長14センチメートル、殻高14センチメートル、殻幅4センチメートルに達する[5]

インド洋太平洋赤道付近に分布[2][6][7][8]。 黒真珠の養殖に使われる[9][10]

利用用途[編集]

脚注および参考文献[編集]

  1. ^ ITIS
  2. ^ a b Encyclopedia of Life
  3. ^ WoRMS
  4. ^ 水生生物情報データベース
  5. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年3月18日閲覧。
  6. ^ GBIF
  7. ^ Aquamap
  8. ^ FAO in SeaLife Base
  9. ^ 日本における養殖を確認出来るオンライン情報として、“グレートバリアリーフで養殖 琉球真珠、合弁会社設立へ”. 琉球新報. (2010年7月13日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-164895-storytopic-4.html 2011年4月16日閲覧。 
  10. ^ 南太平洋における養殖の歴史と技術をまとめた資料として、Simon Ellis, Maria Haws (December 1999). “Producing Pearls Using the Black-lip Pearl Oyster (Pinctada margaritifera)”. Center for Tropical and Subtropical Aquaculture Publication 141. http://www.ctsa.org/files/publications/CTSA_1416316728557743604281.pdf. 

外部リンク[編集]