クロタミトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロタミトン
Crotamiton Structure V.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com monograph
胎児危険度分類
識別
CAS番号
(MeSH)
483-63-6 チェック
ATCvetコード QP53AX04 (WHO)
PubChem CID: 688020
DrugBank DB00265 チェック
ChemSpider 599515 チェック
UNII D6S4O4XD0H チェック
KEGG D01381  チェック
ChEMBL CHEMBL1200709 ×
化学的データ
化学式 C13H17NO
分子量 203.28 g/mol

クロタミトン(Crotamiton、商品名:オイラックス)は、外用疥癬治療薬並びに鎮痒薬英語版(痒み止め)として用いられる医薬品である。

最初、疥癬治療薬として開発されたが、疥癬に限らず局所的な鎮痒効果が明らかになったため、一般に用いられるようになった。

効能・効果[編集]

湿疹蕁麻疹、皮膚炎、皮膚瘙痒(そうよう)症[2]小児ストロフルス

疥癬治療薬としては、毎日全身の皮膚に塗布し、約24時間後に洗い流すことを数日反復する[3]
日本では疥癬には保険適応はないが、皮膚瘙痒の症状軽減に用いられることが有る。現在は疥癬に対しては、フェノトリンローションやイベルメクチン内服薬が用いられる。海外ではより即効性の高い殺虫剤ペルメトリンの使用が多くなっている。
クロタミトンを虫刺され等に因る瘙痒感の治療に用いる場合には、痒みを感じる部位にのみ塗布し、4〜8時間毎に繰り返す。眼の近くや創傷の有る部位には使用すべきでない。

作用機序[編集]

作用機序は不明であるが、疥癬の病原寄生虫であるヒゼンダニ英語版に対して毒性を示す[4]抗ヒスタミン作用、局所麻酔作用、抗炎症作用とは異なる機序で瘙痒感を抑制していると考えられている。適用時に軽い灼熱感(温感)があり、温覚に対するこの刺激が競合的に瘙痒感を消失させるといわれている。

薬物動態[編集]

局所に塗布した後、クロタミトンは吸収されて全身に回る。血中半減期は30.9時間で、4.8〜8.8%が尿中に排泄される[5]

副作用[編集]

副作用としては熱感、刺激感、接触性皮膚炎等が知られている[6]。過量投与によりメトヘモグロビン血症を起こす虞れがある[6]

脚注[編集]

  1. ^ Crotamiton at alanwood.net
  2. ^ 皮膚瘙痒症 ガイドライン外来診療2009”. 日経メディカル. 2016年5月20日閲覧。
  3. ^ crotamiton (Rx)Eurax”. Medscape. 2016年5月5日閲覧。
  4. ^ Medscape drug information - mechanism of action
  5. ^ Medscape drug information - pharmacokinetics
  6. ^ a b オイラックスクリーム10% 添付文書” (2016年6月). 2016年7月4日閲覧。