クロスビィ郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州クロスビィ郡
Crosbyton01 courthouse.jpg
クロスビィトン市にあるクロスビィ郡庁舎
クロスビィ郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1876年
郡庁所在地 クロスビィトン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,336 km2 (902 mi2)
2,331 km2 (900 mi2)
5 km2 (2 mi2), 0.24%
人口
 - (2010年)
 - 密度

6,059人
3人/km2 (8人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.co.crosby.tx.us

クロスビィ郡: Crosby County)は、アメリカ合衆国テキサス州の北部に位置するである。2010年国勢調査での人口は6,059人であり、2000年の7,072人から14.3%減少した[1]郡庁所在地クロスビィトン市(人口1,741人[2])であり[3]、同郡で人口最大の都市はラルズ市(人口1,944人[2])である。郡名およびクロスビィトンの名前はどちらも、テキサス州土地コミッショナーのスティーブン・クロスビィに因んで名付けられた。クロスビィ郡は州内に30ある禁酒郡(ドライ)の1つである[4]ラボック郡と共にラボック大都市圏を構成している。

広大なマタドール牧場の一部が郡内に入っている[5]

年譜[編集]

  • 紀元前11000、パレオ・インディアンが最初の住人だった。考古学調査で出土した人工物によって、マンモスマストドンサーベルタイガーメガテリウムを狩猟していた狩猟採集型民族が居たことが分かっている。その後はコマンチインディアンなどが入ってきた[6]
  • 1871年、 ラナルド・S・マッケンジーがブランコキャニオンの戦いでクアナ・パーカーなどコマンチ族と戦った。この遠征のときにマッケンジー・トレイルが造られ、1870年代後半にはクロスビィ郡への最初の入植者が利用した[7]
  • 1876年、テキサス州議会がヤング郡ベア郡から分離して、クロスビィ郡を創設した。[6]
  • 1878年、 バイエルン生れのハインリヒ・シュミット、別名ヘンリー・"ハンク"・クレイ・シュミットとその妻エリザベス、その6人の子供達がこの地域では最初の恒久的開拓者になった。ハンクは郡の組織化で活躍した[8][9][10]
  • 1879年、南軍の退役兵パリス・コックスがバッファローの狩猟者達と共にリャノ・エスタカードのキャップロック断崖を始めて訪れた[11]
  • 1886年、エスタカードが郡庁所在地に指定された[12]
  • 1900年、牛肉産業が発展し、郡人口は30,618人を数えた[6]
  • 1908年、バー・N・バー牧場が農夫に土地の販売を始めた[6]
  • 1910年、クロスビィトンが新しく郡庁所在地に指定された[13]
  • 1920年、郡内の土地 45,400エーカー (184 km2) ほどに綿花が育てられていた。リンゴとモモの木が15,000本育っていた[6]
  • 1929年、83,000羽の鶏がおり、395,000ダースの卵を販売していた[6]
  • 1941年、郡名で最初の土壌保護地区が定められた[6]
  • 1955年、郡内で石油が発見された[6]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は902平方マイル (2,336.2 km2)であり、、このうち陸地900平方マイル (2,331.0 km2)、水域は2平方マイル (5.2 km2)で水域率は0.24%である[14]

主要高規格道路[編集]

  • US 62.svg アメリカ国道62号線
  • US 82.svgTexas 114.svg アメリカ国道82号線/テキサス州道114号線
  • Texas 207.svg テキサス州道207号線

隣接する郡[編集]

特徴的な地形[編集]

  • ブランコ・キャニオン
  • ホワイト川、シルバー滝
  • ブランコ山
  • キャップロック断崖

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1880 82
1890 346 322.0%
1900 788 127.7%
1910 1,765 124.0%
1920 6,084 244.7%
1930 11,023 81.2%
1940 10,046 −8.9%
1950 9,582 −4.6%
1960 10,347 8.0%
1970 9,085 −12.2%
1980 8,859 −2.5%
1990 7,304 −17.6%
2000 7,072 −3.2%
2010 6,059 −14.3%
U.S. Decennial Census[15]
Texas Almanac: 1850-2010[16]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 7,072人
  • 世帯数: 2,512 世帯
  • 家族数: 1,866 家族
  • 人口密度: 3人/km2(8人/mi2
  • 住居数: 3,202軒
  • 住居密度: 1軒/km2(4軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 30.7%
  • 18-24歳: 8.5%
  • 25-44歳: 24.0%
  • 45-64歳: 21.1%
  • 65歳以上: 15.6%
  • 年齢の中央値: 34歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 91.1
    • 18歳以上: 87.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 35.6%
  • 結婚・同居している夫婦: 59.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 11.4%
  • 非家族世帯: 25.7%
  • 単身世帯: 23.8%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 13.4%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.78人
    • 家族: 3.30人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 25,769米ドル
    • 家族: 29,891米ドル
    • 性別
      • 男性: 23,775米ドル
      • 女性: 17,229米ドル
  • 人口1人あたり収入: 14,445米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 28.1%
    • 対家族数: 22.6%
    • 18歳未満: 36.6%
    • 65歳以上: 22.7%

都市と町[編集]

その他の町[編集]

  • コーン
  • エスタカード
  • カルガリ

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Crosby County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ a b American FactFinder - Crosbyton, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ http://www.tabc.state.tx.us/local_option_elections/index.asp
  5. ^ Alyssa Dizon, "Cattle raisers honor Matador Ranch with rangeland management award"”. Lubbock Avalanche-Journal, April 4, 2011. 2011年4月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h Leffler, John. “Crosby County, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月16日閲覧。
  7. ^ Gwynne, S. C. (2010). Empire of the Summer Moon: Quanah Parker and the Rise and Fall of the Comanches, the Most Powerful Indian Tribe in American History. Scribner. pp. 10, 11. ISBN 978-1-4165-9105-4. 
  8. ^ Rodenberger, Lou Halsell; Butler, Laura Payne;Kolosoy, Jacqueline (2005). “Elizabeth Boyle (Aunt Hank) Smith”. Writing On The Wind: An Anthology Of West Texas Women Writers. Texas Tech University Press. p. 174. ISBN 978-0-89672-548-5. 
  9. ^ Smith, Henry Clay (1836-1912) - Crosbyton, Crosby County, Texas”. Texas Historical Markers. William Nienke, Sam Morrow. 2010年12月16日閲覧。
  10. ^ Pearce, William M. “Henry Clay Smith”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月16日閲覧。
  11. ^ Lively, Jeanne F. “Paris Cox”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月16日閲覧。
  12. ^ Estacado, Texas”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年12月16日閲覧。
  13. ^ Crosbyton, Texas”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年12月16日閲覧。
  14. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  15. ^ U.S. Decennial Census
  16. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度37分 西経101度18分 / 北緯33.61度 西経101.30度 / 33.61; -101.30