クロキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロキ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnolipphyta
: 双子葉植物綱 Magnokiopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: カキノキ目 Ebenales
: ハイノキ科 Symplocaceae
: ハイノキ属 Symplocos
: クロキ S. kuroki
学名
Symplocos kuroki
Nagamasu (1993)[1]
シノニム

S. lucida Siebold et Zucc., excl. typo S. l. (Thunb.) Siebold et Zucc. f. spathulata (Hayashi) Hayashi ex Ohwi et Kitag.

クロキ(黒木、学名Symplocos kuroki)はハイノキ科ハイノキ属に属する常緑小高木。

概要[編集]

日本固有種で、南関東地方以西の比較的暖かい海岸付近に分布する。和名の由来は「黒木」であるが、樹皮が黒褐色であるよりも白っぽいものが多い。

高さは5-6m。花期は3-4月ごろ。秋ごろに黒い果実が実り、鳥が食料としてついばむ様子を見ることもできる。

沖縄県嘉手納町(1982年8月5日制定)[2]鹿児島県与論町(1983年制定)[3]の町木になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本植物誌DB
  2. ^ 嘉手納町について”. 沖縄県嘉手納町. 2016年12月14日閲覧。
  3. ^ 地勢・シンボル”. 与論町ホームページ. 与論町. 2016年12月14日閲覧。