クロイワゼミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロイワゼミ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
亜綱 : 有翅昆虫亜綱 Pterygota
: カメムシ目(半翅目) Hemiptera
亜目 : 頚吻亜目 Auchenorrhyncha
上科 : セミ上科 Cicadoidea
: セミ科 Cicadidae
亜科 : チッチゼミ亜科 Cicadettina
: クロイワゼミ族 Prasiini
: クロイワゼミ属 Muda
: クロイワゼミ
M. kuroiwae
学名
Muda kuroiwae
(Matsumura,1913)
シノニム

Baeturia kuroiwae

クロイワゼミ Muda kuroiwae は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に分類されるセミの一種。

かつてはについてはBaeturiaに分類されていたこともある[1]

分布[編集]

沖縄本島瀬底島久米島に分布する[1]

形態[編集]

全長23-31mm、体長18-23mm、前翅開張46-55mm。

基本的に体は緑色でとくに斑紋はないが、死ぬと黄色くなる。

生態[編集]

ガジュマルクスノキホルトノキなどのさまざまな樹木にみられる。出現期は5月下旬から7月中旬。「チュチュチュ」と鳴く。交尾はV字型で行われる。

保全状態評価[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 林正美・税所康正 『日本産セミ科図鑑誠文堂新光社2011年2月28日ISBN 978-4-416-81114-6

外部リンク[編集]