クレール・ケーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クレール・ケーム
Claire Keim
Claire Keim
2014年度 カンヌ国際映画祭にて
生年月日 (1975-07-08) 1975年7月8日(42歳)
出身地 フランスの旗 フランス
オワーズ県サンリス
職業 女優歌手
活動期間 1992年 - 現在
配偶者 伴侶
ビセンテ・リザラズ (2006年 - )
主な作品
ガールズ
ゾディアック〜十二宮の殺人

クレール・ケーム(Claire Keim、1975年7月8日 - )は、フランスサンリス出身の女優歌手

映画・テレビ双方に出演する女優で、主にドラマの主演を多く務めている[1]。伴侶は元サッカーフランス代表 ビセンテ・リザラズ

出演作品[編集]

映画[編集]

ほか多数

ドラマ[編集]

主演

  • Je m'appelle Régine (1996年)
  • Juliette : service(s) compris (2000年)
  • ゾディアック〜十二宮の殺人 Zodiaque (2004年)
  • À la poursuite de l'amour (2005年)
  • Un admirateur secret (2008年)
  • Éternelle (2009年)
  • Beauté fatale (2009年)
  • Les Edelweiss (2011年 - 2012年)
  • Jusqu'au bout du monde (2011年)
  • Nom de code : Rose (2013年)
  • L'Inconnu de Brocéliande (2016年)
  • La Soif de vivre (2018年)
ほか多数

ディスコグラフィ[編集]

アルバム

  • Ou il Pleuvra (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ バラ色の頬でいたい  クレール ・ケーム”. Bonjour 50’s (2014年5月15日). 2018年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]